FASHION

ワンショルダー《初心者向け》大人コーデ17選【5つの方法】で簡単に取り入れてみて

2019/08/01

近頃じわじわと人気が出てきているワンショルダーのアイテム。トライしてみたいけど、「露出が多いから恥ずかしい......」「着こなし方が難しそう......」などの理由で抵抗がある人も多いのではないでしょうか。今回はそんな大人女子のために、ワンショルダーアイテムの簡単取り入れ術と季節別のお手本コーデをご紹介! 肌見せを控えてもオシャレに着こなすことができるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

ワンショルダーアイテムの《簡単取り入れ術》

ワンショルダーのアイテムって正直勇気がいりますよね。しかし、いくつかのポイントやコツを抑えれば、初心者さんでも気兼ねなく取り入れることができるんです! 「トライしてみたいけど、露出は控えめにしたい......」なんて人にもおすすめの着こなし方をご紹介しちゃいます。

まずはインナーとして取り入れてみる

ワンショルトップス初心者さんは、ワンショルダーのタンクトップをインナーとして取り入れるところから初めてみて。上に羽織るものは断然シャツがおすすめ! ワンショル特有のヘルシーな印象を後押ししてくれるうえに、ほどよく露出も抑えられて◎。

袖のあるものならハードル低め&上品に

肌の露出部分が多いタンクトップはやっぱりちょっと抵抗がある......。なんて人は袖のあるものをチョイスしてみるといいかも。やりすぎ感なく上品にキマるので、大人の色気を発揮したいときにはぴったり。

ベーシックカラーを選ぶのがベター

ワンショルダートップスは、どうしても派手なイメージがありますよね。ヘルシーに大人っぽく着こなすなら、白やベージュ、ブラウンなどのベーシックカラーを選ぶのが得策です。ベーシックカラーのものなら、着こなしの幅がグッと広がるのもメリット。

セットになったものなら取り入れやすい

最近は、ワンショルダーのタンクトップと、ニットがセットになったものも続々登場しています。このワンセットで旬な着こなしが気軽に楽しめるので、初心者さんにもおすすめです。

ワンピースorサロペットならやりすぎ感ゼロ!

ワンショルデザインのワンピースやサロペットもじわじわ人気がでてきています。露出せずに着られるのでトライしやすいうえに、個性的なデザインで周りと差がつくオシャレを楽しめます。

【春夏】のワンショルダーコーデ

ヘルシーな肌見せを楽しみたくなる春夏こそ、ワンショルダーコーデにトライしてみて。ワンショルダーアイテムが程よいアクセントになり、マンネリしがちな暑い時期のコーデも生まれ変わるはず!

パンツスタイル

▼ロングシャツで大人っぽさをキープ

アイボリーのワンショルタンクトップに、同じ色のワイドパンツとシャツを合わせたワントーンコーデ。潔く見せたデコルテでヘルシーな色気を手に入れつつも、ラフに羽織ったロングシャツで大人の余裕を存分にアピールして。

▼ミントグリーンが効いた爽やかコーデ

色の違うワンショルタンクトップを2枚重ねて、1枚のトップスのように見せた技ありスタイル。ミントグリーンのストレートパンツを合わせて夏らしい爽やかさを香らせたら、ベージュ系の小物を散りばめてコーデに統一感をだして。

▼大胆トップスは引き算コーデで嫌味なく

衿ぐりの大胆なカットが特徴的なブルーのリブニットを嫌味なく着こなすには、シックなブラウンのテーパードパンツがうってつけ。程よいシルエットのメリハリと、落ち着きのある色合わせで、甘くないのに女っぽいスタイルにまとまります。トレンドのクリアサンダルで爽やかさもプラスして。

スカートスタイル

▼メリハリのあるガーリーコーデ

白のワンショルタンクトップに、花柄ロングスカートを合わせたガーリーなコーデ。ベージュのシャツをラフに重ねることで甘さが抑えられるうえに、肌の露出部分が減るのでやりすぎ感も無くなります。

▼スカートで品のよさを際立たせて

ブルーのワンショルリブニットに、ほんのり光沢感のある白のマーメイドスカートを合わせたきれいめスタイル。全体的にタイトなシルエットにまとめてもいやらしく見えないのは、品のいいスカートをチョイスしたおかげ。小物は全て黒で揃えて、媚びない女らしさを香らせて。

ワンピーススタイル

▼白Tと合わせてリラックスムードを漂わせて

優しげなリネンのワンショルワンピースに、プレーンな白Tをレイヤードしたカジュアルスタイル。ウエストのリボンでほどよくシルエットが引き締まって◎。靴はフラットサンダルをチョイスすれば、リラックスしたい1日にぴったりのコーデが完成。

【秋冬】のワンショルダーコーデ

秋冬はワンショルニットがおすすめ。アウターからチラ見せしたり、辛口なブーツと合わせたりしながら、季節感たっぷりに着こなしてみて。

パンツスタイル

▼トップスで力を抜くのがルール

かっこいい女らしさが香る、ベージュのセットアップコーデ。トップスはシンプルにまとめても素敵ですが、どこかかたい印象になってしまうのも事実......。ワンショルのリブニットをチョイスし程よく崩すことで、親近感&こなれ感がアップ!

▼好感度高めのきれいめスタイル

イエローのワンショルトップスに、ベージュのワイドパンツ、ジャケットを合わせたきれいめスタイル。首元から肩にかけての程よい肌見せが抜け感となり、きちんとコーデも堅苦しくない印象にまとまります。華奢なゴールドアクセサリーとスカーフでコーデの完成度をさらに高めて。

▼ラフなデニムと合わせれば失敗しない

袖の広がりが可愛らしいワンショルのワッフルトップスは、インディゴブルーのストレートデニムと合わせてカジュアルに着こなすのが正解。辛口なショートブーツとレオパード柄のバッグでコーデの鮮度をアップさせて。

スカートスタイル

▼モードなスタイルにも女らしさを香らせて

ハリ感のあるネイビーのベルト付きロングスカートに、ワンショルのニットを合わせたモードなスタイル。ダークトーンのコーデも、肌見せアイテムを取り入れることで重たく見えず◎。シルバーアクセサリーを合わせることで、さらに切れ味のいい着こなしに。

ワンピーススタイル

▼深みカラーでコーデを格上げ

クラシカルな雰囲気漂うジャンパースカートは、インナーに上品なベージュのワンショルニットを合わせることで、より表情が引き立ち美しく着こなせます。深みのある赤のパンプスとブラウンのファーバッグでどこかミステリアスな品の良さをひとさじ。

▼白を効かせた上級スタイル

個性的なワンショルのサロペットスカートも、ベーシックなニットと合わせれば違和感なく着こなせる。足元には潔く真っ白なショートブーツを合わせて、爽やかな抜け感をつくって。

次ページ> インナーはどうすればいい?
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW