冬のパーカーコーデ【36選】
FASHION

冬のパーカーコーデ【36選】大人カジュアルな着回し術

2019/10/30

シーズンを問わず使い勝手抜群なパーカーは、寒い冬を乗りきるカジュアル派の強い味方。しかし、部屋着やラフなアイテムの代表であるパーカーだからこそ、ボトムスと合わせるだけのシンプルコーデから抜けられない方も多いのでは……? 今回は、だれでも実践できる、着回し力をプラスするアイデアやおすすめコーデを紹介。

冬コーデに使えるパーカーの「色」はコレ!

数多くあるパーカーの中でも、一枚は持っていてほしいおすすめの色を紹介。
ここで紹介する3色は、着回し力が高くどんなコーデにも合わせやすいので、この冬ヘビロテ間違いなし。

黒のパーカーのコーデ画像

基本的にどんなアイテムでも受け入れる黒パーカーは、ボトムス次第でコーデの印象が変わるアイテム。シンプルなコーデにするには、シンプルなボトムスを。逆に、人と差をつけたコーデに挑戦するには、思いきって合わせるボトムスの色やデザインで遊ぶことがマストです。

白のパーカーのコーデ画像

スカートと合わせて、大人かわいいコーデをする人におすすめな白パーカー。暗い色のボトムスと合わせて顔まわりに明るい印象を与えてくれるだけでなく、明るい色のボトムスと合わせてもコーデ全体に爽やかな印象を与えてくれる万能アイテムです。

グレー

グレーのパーカーのコーデ画像

こなれ感のあるコーデをつくりだすグレーパーカー。黒ではシックすぎるけれど、白ではカジュアルすぎる、そんなときは大人っぽくカジュアルな雰囲気になるグレーがベスト。黒と白の要素を持った色だからこそ、コーデに幅を与えてくれる着回し力のあるアイテムです。

普通じゃつまらない!冬のパーカー「重ね着」コーデ

パーカーと違った色のインナーをオンして、あえて見せる

肌見せがしづらく、アレンジの幅が少ないパーカーは、重い印象のコーデになりやすい。しかし、インナーをプラスすることで、パーカーからワンポイントの差し色がチラ見えして、簡単に抜け感をプラスすることができます。

▼プルオーバーパーカー×インナー

プルオーバーパーカー×インナーのコーデ画像

フードで首元が重くなりがちなプルオーバーは、インナーを首元から見せてボーイッシュな印象とこなれ感をプラス。また、インナーを裾から少し見せてボトムスとトップスの間を強調するワンポイントにしても◎。

▼スウェット×ハイネックトップス

スウェット×ハイネックトップスのコーデ画像

ふわっとしたスウェットには、ハイネックトップスを合わせるのがおすすめ。首や裾から見えるインナーがワンポイントになるだけでなく、縦のラインを強調してくれるので、コーデ全体を軽い印象にしてくれる。

シャツとのレイヤードでボーイッシュに

家にあるアイテムを使って、簡単にいつもと違うパーカーコーデをしたい人におすすめなのがシャツとのレイヤードスタイル。シャツの襟が首元からみえるだけで、いつもと違った知的な雰囲気を醸し出すコーデに。

▼プルオーバーパーカー×白シャツ

プルオーバーパーカー×白シャツのコーデ画像

黒のプルオーバーパーカーに白シャツを仕込んで襟をチラ見せ。モノトーンでシックにまとまるだけでなく、カジュアルコーデに爽やかさがプラスされ、普段とは違ったどこか大人っぽいコーデに早変わり。

▼スウェット×白シャツ

スウェット×白シャツのコーデ画像

スウェットにシャツを合わせるときは、襟をラウンドネックに沿って出すと知的な雰囲気に。さらに、キャップやスニーカーなどカジュアルなアイテムと合わせて、スポーツカジュアルなスタイルへアップグレード。

レースシャツとレイヤードでかわいらしさをプラス

レースシャツとレイヤードしたコーデ画像

レディ風にもボーイッシュにも寄せやすく、着回し幅が広いスウェットは、オシャレの幅を広げてくれる優れもの。シンプルなグレーパーカーとガーリーなレースシャツの意外な組み合わせは、ボリューム袖とレース袖があいまって、大人かわいい着こなしに。

ジャンパースカートと合わせてカジュアルダウン

ジャンパースカートと合わせてカジュアルダウンしたコーデ画像

大人っぽさやシックな雰囲気をもつ黒のパーカーで、ジャンパースカートを程よくカジュアルダウンさせ、きれいめにコーデをまとめる。パーカーでボリュームが出ても、足元にヒールをチョイスすることで全体がスタイルアップされるので、シャープに仕上がる。

シャツワンピースと合わせて、普段とは違うコーデに

シャツワンピースと合わせたコーデ画像

夏に活躍するシャツワンピースは、冬のパーカーコーデの着回しに幅を与える重要アイテムです。シャツワンピースは、体型をカバーするだけでなく、パーカーとスキニーというシンプルなコーディネートにインテリ要素をプラスして、スタイルを格上げしてくれる。

「プルオーバーパーカー×アウター」はフードのないものがベスト

ジャケット×プルオーバーパーカー

ジャケット×プルオーバーパーカーのコーデ画像

プルオーバーとデニムにカッチリ感のあるジャケットを肩掛けして、こなれ感のあるボーイッシュスタイルに。黄金カラーリングである「白×デニム」に、ブラウンをプラスすることで大人っぽい印象になり、マンネリ感を払拭。

コート×プルオーバーパーカー

コート×プルオーバーパーカーのコーデ画像

大人コーデへ格上げしてくれるコートとカジュアル代表のプルオーバーは、相性抜群の組み合わせ。顔まわりに目線が集まるフードパーカーにコートのスタイリッシュさを融合させて、スッキリしたシルエットとメンズライクなスタイリングを実現。

ボアジャケット×プルオーバーパーカー

ボアジャケット×プルオーバーパーカーのコーデ画像

冬の人気アイテムのボアジャケットとプルオーバーで、おしゃれに暖かさをキープ。また、トップスにボリュームが出るので、ボトムスに引き締まったアイテムをチョイスしてメリハリのあるカジュアルコーデに仕上げて。

「スウェット×アウター」はボリュームのあるものがおすすめ

ボアブルゾン×スウェット

ボアブルゾン×スウェットのコーデ画像

スウェットには同じ長さのジャケットまたは少し短めのジャケットが、スタイルよく見せたい人にはおすすめ。シンプルなデザインのボアジャケットは、デザインや色に幅があるスウェットに気にせず合わせられて、全体をベーシックなコーデに仕上げてくれる優れものです。

モコモコノーカラーコート×スウェット

モコモコノーカラーコート×スウェットのコーデ画像

カジュアルにもリラクシーにもコーデの表情を変化させるモコモココートは、コーデによって雰囲気が変わるスウェットと相性抜群。立体感のあるカジュアルな素材でウォーム感を演出してくれるので、シンプルなスウェットコーデを冬らしいオシャレ見えスタイリングにしてくれます。

ダウンジャケット×スウェット

ダウンジャケット×スウェットのコーデ画像

ストリートにもスポーツミックスにも着こなせるダウンジャケット。スウェットをボトムスに完全インしたゆるっとシルエットに、抜群の存在感を放つダウンをプラスして、メンズライクな印象を引き立たせて。

プードルコート×スウェット

プードルコート×スウェットのコーデ画像

いつものパーカースタイリングの表情に、リッチさをプラスしてくれるプードルコート。スウェットとボトムスの色にかぶらない色を選ぶことで、コートの存在感が強調され、シンプルだけどおしゃれな印象に。また、コートがお尻をカバーしてくれるので、スウェットをボトムスにインして、ベルトでウエストマークしたら、脚長コーデも実現。

「ジップパーカー×アウター」は前をあけて長めのアウターと重ね着

ジャケット×ジップパーカー

ジャケット×ジップパーカーのコーデ画像

オフィスカジュアルの定番アイテムであるジャケットのお堅い印象を、ジップパーカーとのレイヤードスタイルでカジュアルに着崩すこの組み合わせ。パーカーの色をトップスと合わせることで、フードをワンポイントとして活かすことができ、きちんと感を和らげる着こなしにまとまります。

コート×ジップパーカー

コート×ジップパーカーのコーデ画像

ジップパーカーと同色のTシャツをインして色数を抑え、冬のマストアイテムであるコートを合わせた、スポーティーなスタイリング。ポイントは、重ね着でボリュームの出たトップスを引き締めるスキニーをチョイスしてメリハリのあるコーデに仕上げること。

冬のパーカー「おすすめ大人カジュアル」コーデ

プルオーバーパーカー×カラースカート×黒ジャケット

プルオーバーパーカー×カラースカート×黒ジャケットのコーデ画像

インパクトの大きい黄色のタイトスカートには白のプルオーバーとスニーカーを合わせて、コーデのカラートーンを明るく統一。肩に羽織った黒ジャケットでコーデのトーンを落ち着かせることで、スタイル全体が上手にまとまります。

プルオーバーパーカー×レオパードタイトスカート

プルオーバーパーカー×レオパードタイトスカートのコーデ画像

レオパードスカートを引き立たせるのは、黒で統一されたアイテム。プルオーバーはメリハリをつけて前だけイン、シューズは革靴でシックさをプラスし、大人かわいいスタイリングに。

プルオーバーパーカー×テーパードパンツ

プルオーバーパーカー×テーパードパンツのコーデ画像

ボトムスの影響を受けやすい黒のプルオーバーに、高見えカラーのピンクベージュパンツと黒のヒールパンプスを合わせて、上品なパーカーコーデの完成。パンツ以外の色を統一することで、女性らしい色のコントラストをキープ。

プルオーバーパーカー×フレアスカート

プルオーバーパーカー×フレアスカートのコーデ画像

花柄プリーツスカートに、ブラウンのパーカーとコンバースを合わせたカジュアルかつ上品なスタイリング。白黒グレーでトーンをそろえてまとめるのではなく、あえてブラウンを選び、シックでリラックスした印象のコーデに。

冬のパーカー「おすすめカジュアル」コーデ

プルオーバーパーカー×デニム×チェスターコート

プルオーバーパーカー×デニム×チェスターコートのコーデ画像

寒さを防げて、誰でも挑戦できるプルオーバー×チェスターコート×デニムのトリオは、冬の最強パーカーコーデ。一見、コーデの難しそうな水色のチェスターコートも、白のパーカーやデニムと合わせて冬らしいツートーンコーデの主役に。

プルオーバーパーカー×スキニー×ダウン

プルオーバーパーカー×スキニー×ダウンのコーデ画像

黒ダウンと黒スキニーを組み合わせるとモノトーンコーデになりがちですが、プルオーバーの色を白からグレーに変えるだけでこなれ感のあるルックスに。パーカーとダウンでボリュームの出た上半身を、スキニーとスニーカーでシャープにまとめてメリハリをもたせるのがポイント。

スウェット×デニムスカート

スウェット×デニムスカートのコーデ画像

スウェットをデニムスカートに軽くインして、スニーカーとまとめた大人カジュアルコーデ。グレーパーカーの紫色のレターと、デニムスカートのスリットがアクセントとなって、シンプルなコーディネートを格上げしてくれる。

プルオーバーパーカー×ベイカーパンツ

プルオーバーパーカー×ベイカーパンツのコーデ画像

短めの黒プルオーバーと、カーキのベイカーパンツの間からチラっと見える白のインナーが、暗めなカラーコーデの程よいアクセントに。また、ボーイッシュコーデにブレーキをかけるのは、女性らしさを感じる「白」で統一されたアクセサリー。

ボアプルオーバーパーカー×レオパードスカート

ボアプルオーバーパーカー×レオパードスカートのコーデ画像

ボリュームのあるボアプルオーバーにレオパード柄スカートをオンして、甘辛バランスを調整。ベージュのキャップとスニーカーをチョイスし、スタイリングに統一感をもたせたら、黒のバッグとタイツでコーデを引き締め、カジュアルシックな着こなしを完成させて。

冬のパーカーコーデに「おすすめのシューズ」

スニーカー

▼パンツスタイル

カジュアルなパーカー×パンツコーデには、スニーカーは欠かせないアイテムのひとつです。合わせる際のポイントは、ボトムスの色と同系色にすること。足元が強調されないので、脚長効果が狙えるだけでなく、コーデに統一感をもたらしてくれます。

▼スカートスタイル

きれいめな印象になりやすいコーデをカジュアルダウンさせるには、スニーカーを合わせるのがベター。スカートにスニーカーをチョイスする際のポイントは、パンツとは逆で、コーデのワンポイントになるような色を選ぶのがおすすめ。そして、その色と同系色のアクセサリーをプラスすると、コーデがうまくまとまります。

ヒールパンプス

▼パンツスタイル

ボーイッシュなコーデになりやすいパーカー×パンツコーデ。冬はそこにコートも加わりスタイル全体にボリュームが出やすくなります。そんなときは、足元にヒールパンプスを合わせて、スタイルアップ効果と女性らしさをプラスするのがおすすめ。

▼スカートスタイル

スカートとヒールパンプスは、コーデをレディに仕上げてくれる定番コンビですが、パーカーコーデでは大人カジュアルな雰囲気に仕上げてくれます。とくに、ボリュームが出るロングスカートやフレアスカートの際は、スタイルアップ効果を持つヒールパンプスを合わせて足元を引き締めるのがベター。

パンプス

▼パンツスタイル

ボーイッシュな雰囲気やカジュアルなテイストが強くなりやすいパーカーとパンツのコーデは、足元とのバランスが大切。パンプスをプラスするだけで、大人っぽさが融合されたきれいめカジュアルコーデに仕上がる。

▼スカートスタイル

パーカー×スカートできれいめにキメたいわけではないけれど、それなりにきちんと感を演出したいときには、パンプスがおすすめ。ボトムスと色を合わせてさりげないレディ感をプラスすることはもちろん、肌見せでコーデを軽い印象にしてくれます。

ブーツ

▼パンツスタイル

いつものパーカー×パンツコーデにブーツを合わせるだけでこなれ感が出るので、オシャレにキマります。また、パーカーを前だけインしたり、短めのものを選ぶことで脚長効果にもつながり、クールな印象に仕上がります。

▼スカートスタイル

ブーツは全体のバランスを調整して、程よく大人かわいいコーデに変えてくれる優秀アイテム。大きめパーカー×スカートでかわいさが強くなったコーデに、スタイリングを引き締めてくれるブーツを合わせるだけで、大人でも挑戦しやすい着こなしに。

2019年の冬服トレンドをみる

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW