LIFE STYLE

「俺の女」と言われたい?彼に愛される魅力的な女性になるには

2019/07/29

俺の女、という言葉には、彼女に対する愛情が込められています。自慢の彼女を周囲にアピールしたい、彼女自身に自分の強い気持ちを伝えたいと思っているのです。男性の心理や「俺の女」と呼ばれるほどに魅力的な女性になるための方法をまとめました。

俺の女と言う男性の心理とは

彼氏が2人きりのときに「お前は俺の女だからな」と言ったり、誰かに紹介してくれる時に「俺の女」という言葉を使ったりしたら…ちょっとくすぐったいような気分になるのではないでしょうか。

男性が彼女を呼ぶときに「俺の女」と言うのには、一体どんな心理が隠されているのか、考えられるものを3つ紹介します。

独占欲の表れ

俺の、とわざわざ所有の意味をこめて彼女を呼ぶのは、独占欲の表れです。彼女は自分のものだということを彼女にも周囲にも伝え、けん制する意味合いがあります。

例えば彼女が他の男性と親しくしているのを見て嫉妬すれば、彼女に対してはくぎを刺す意味で、周囲に対しては宣言するつもりで「俺の女だ」と口にするのです。

周りに自慢をしたい

彼女を誇らしく思っており、周りに自慢をしたい時に「俺の女」と使いがちです。彼女自身を自慢したいという気持ちと同時に、魅力的な彼女をモノにすることができた自分のことも誇りたい時に使うでしょう。

男性は、友人同士で集まって恋人の話をする時、彼女のレベルを評価しあうことがあります。「あんなにきれいな彼女がいるなんて羨ましい」「家庭的な彼女を捕まえて幸せ者だ」などと話題にすることがあるのです。

そのため、仲間内での自分の株を上げたいという思いもあり、わざわざ所有を主張するような「俺の女」という言葉を選ぶのです。

愛情表現

彼女のことを愛おしく思っていて、感情が高ぶると「俺の女」と口にしてしまうことがあります。自分が彼女に愛情を向けていることを表現するため、強調する意味で使っているのです。

男性にとっては、愛する彼女がいることは気持ちの支えになります。仕事やプライベートで大変なことがあったとしても、彼女の存在を思って気持ちを立て直すこともあるのです。

そのため「俺の女」という言葉は、彼女に愛情を注いでいることを自分自身が再認識するという意味も含まれています。

どんな瞬間に俺の女と言いたくなる?

「俺の女」という言葉は確かに男性からの強い愛情を感じます。ただ、男性側の気恥ずかしさもあり、そう頻繁に口にするわけではないでしょう。

男性は、どんな瞬間に「俺の女だ!」と口にしたくなるのでしょうか。よくあるシチュエーションを4つ紹介します。

どの場面も共通して、彼女が普段よりもいっそう魅力的に見える瞬間ばかりです。思わず男性も気分が高揚して、俺の女だと口にしたくなるのでしょう。

周りを気遣ってくれた時

自分にとって大切な人を気遣ってくれた時には、彼女を誇らしく思う男性が多いです。彼女にとってはあまり接点のない男性の家族や友人に対しても気配りができていると、人間としてよくできた素晴らしい女性だと感じてくれます。

とくに、そんな彼女に対して周囲が褒めたり羨ましがったりすると、余計に鼻が高くなるでしょう。「いい女だろう、俺の女なんだぞ」と誇らしく思い、思わず周りに自慢したくなるのです。

自分を心配してくれた時

風邪をひいて弱っている時や、仕事やプライベートで落ち込んでいる時に心配してくれると、彼女に対する愛おしさが倍増して「俺の女だ」と言いたくなります。

とくに男性は、なかなか周囲に自分の弱音を吐けない人が多いです。弱ったところを見せるのは、信頼している人だけでしょう。

そのため、彼女にかっこ悪いところを見せ、それを受け入れてくれた時にはとても嬉しく感じるのです。「やっぱり彼女は俺の女だ」と再認識し、安心感を得ています。

頑張っている姿を見た時

彼女が何かにひたすら打ち込んで頑張っている姿を見ると、キュンとする男性は多いようです。健気な姿に心を打たれて、彼女の魅力を再認識し「こんなに頑張り屋で素晴らしい彼女は、俺の女だ」と思わず言いたくなります。

彼女を誇らしく思っていることの表れです。人間的にも尊敬し、評価してくれている彼女が自分の側にいるということが嬉しくて仕方がないのです。

可愛いと思った時

彼女を心底可愛らしいと思った時、俺の女だと言いたくなるものです。笑顔を見せてくれたり、一緒に過ごして楽しいと感じたりする瞬間に「こんなに可愛い彼女は、俺の女なんだ!」と誇らしくなります。

また、普段よりもファッションやメイクに気合を入れて、より可愛く感じられた時には、他の男性の影を警戒して、俺の女だと主張したくなるようです。

俺の女と言われる女性になるには

俺の女だと言われることは、男性からの愛情が込められている、ということをまとめてきました。「自分も付き合っている彼氏に、俺の女だと言ってもらいたい!」そんな女性も多いのではないでしょうか。

彼氏にとって、俺の女だと誇らしく思ってもらえる彼女になるには、どんな努力をすればいいのかをまとめました。自分をより磨くためにも、ぜひ参考にしてみてください。

飽きられないようにする

魅力的な女性は、一緒にいて飽きない人です。会話がウィットに富んでおり、話していて楽しい彼女とは、どれだけ一緒に過ごしていても飽きないでしょう。

さらに、向上心を持って趣味や仕事に打ち込んでいれば、人間的魅力が増し続けます。常に成長し続ける彼女から目が離せないはずです。 外見や付き合い方についても、マンネリ感を与えないような工夫をすることをおすすめします。

ヘアスタイルやファッションを定期的に変えて、常に新鮮に感じられるように心がけたり、デートプランを普段と違うものにしてみたり、刺激を与えるようにしましょう。

男性を受け止める寛容さが必要

男性にとって、自分のありのままを受け入れてくれる心の広い女性は、何物にも代えがたい貴重な存在です。

仕事やプライベートでさまざまな人づきあいをする必要があったり、趣味に自分の時間を使いたいと思ったりと、彼女以外に目を向けなければならないシーンはいくつもあります。

そんな中、理解して笑顔で送り出してくれる女性は男性にとって魅力です。愛されたいからといって、いつも彼女である自分を最優先してほしい、という態度では、男性は嫌がります。

彼氏には彼氏の世界があるんだと、どんと構える寛容さを持つと良いでしょう。

芯のある自立した女性に

芯のある自立した女性でいることも、男性にとって自慢の彼女でいるために必要です。恋愛にばかり目を向けていると、自分の世界が彼氏一色となって依存してしまいます。

仕事や趣味など、彼氏以外のところにも自分の居場所を見つけ、力を注げるようにしましょう。いつも一緒に時間を過ごしているという場合は、時に別々に時間を過ごす習慣を設けてみてもいいかもしれません。

お互いに適切な距離感を持つようにして、自分の価値観をしっかり持った魅力的な女性になれば、男性も喜びます。「あの立派で自立した女性は、俺の女なんだ」と誇らしく感じるでしょう。

まとめ

彼氏が発する「俺の女だ」という言葉には、恋人に対する愛情や独占欲、周囲に対するアピールなどいろいろな気持ちが込められています。いずれにしても、彼女を心底誇りに思っていることの表れです。

恋人に「俺の女だ」と言われるような、魅力的な女性を目指してみてはいかがでしょうか。彼氏にとっては手放したくない、最高の彼女になれるはずです。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW