LIFE STYLE

「話しかけるなオーラ」が出ている人とは。付き合い方や消し方を紹介

2019/07/29

職場や周囲で、男女関係なくやけに話しかけづらい人というのがいます。話しかけるなオーラを出している人の特徴から、付き合い方まで紹介します。また、自分がオーラを出してしまっている場合、話しかけるなオーラを消す方法もあります。

話しかけるなオーラを出す男女の特徴

男女ともに近寄りがたく、話しかけづらい雰囲気の人っていますよね。意図的ではないかもしれませんが、話しかけるなオーラが出ている気がします。

話しかけるなオーラが出ていると、周りに人が寄ってこなくなってしまうため、恋のチャンスなども逃している可能性があります。話しかけるなオーラを出す人の特徴とはどのようなものでしょうか。

笑わず無表情が多い

いつもニコニコ笑っている人の周りには、たくさんの人が寄って来るものです。笑顔は人を受け入れているというサインなので、誰もが話しかけやすいからです。

その反対に、話しかけるなオーラが出ている人は、笑わない人が多いでしょう。笑わず無表情なため、拒絶されているような気がして、人はとても話しかけづらくなります。

リアクションがあまりない

話しかけるなオーラが出ている男女の特徴として、リアクションがあまりないことが挙げられます。周りが楽しそうにしていてもリアクションが薄いため、「つまらないのかな」「機嫌が悪いのかな」という印象を与えます。

その不機嫌そうな態度が、話しかけるなオーラとなって出てしまっているのです。会話をしていてもリアクションが薄いと楽しそうに見えないので、会話を続けたくなくなってしまいます。

話しかけるなオーラを出す男性の心理も紹介

もし好きな男性に話しかけようとして、その彼が話しかけるなオーラを出していたとしたら…嫌われたのかなと思い悩んでしまいそうです。

話しかけるなオーラを出す男性の心理はいくつかありますが、ただ単に機嫌が悪かった、あるいはシャイな性格の可能性があります。

あまり気にしすぎないようにするか、どうしても気になるなら直接聞いてみましょう。

話しかけるなオーラを出す人との付き合い方

話しかけるなオーラを出す人はどこにでもいるものです。関わらなくても済む立場なら、なるべく関わらないでいるのがいいでしょう。

しかし、職場などでそういう人がいる場合、仕事なので避けることができません。上司など毎日顔を合わせる相手なら、適切な付き合い方を知り、対処していくしかないでしょう。

ここでは、話しかけるなオーラを出す人とのうまい付き合い方をお伝えします。

笑顔での対応を心がける

笑顔は最強のコミュニケーションツールと言えます。笑顔を見せると人は安心し、親しみやすい人だと思ってくれるのです。そのため、話しかけるなオーラを出す人にも、笑顔で対応するといいでしょう。

相手は話しかけるなオーラを出しているので、話しづらいとは思いますが、それでもニコニコしていることで、相手の態度もやわらぐはずです。

職場なら仕事と割り切って

職場で話しかけるなオーラを出す人がいる場合、自分の気持ちの中で、仕事とプライベートをきっちり分けることがポイントになります。

話しかけるなオーラを出されると、仕事もやりづらいかもしれません。しかし、プライベートで仲良くする必要はないのですから、そこは割り切りましょう。仕事さえきちんとできていれば、問題ないはずです。

話しかけるなオーラを消す方法

もし、自分が話しかけるなオーラを出してしまっていたとしたら、どうでしょう? 自分ではそんなつもりなくても、周りの人から「話しかけづらい」と思われている可能性はあります。

もし、あまり人から話しかけられないなら、もしかしたら無意識でもオーラが出てしまっているかもしれませんね。話しかけるなオーラを消しましょう。そのための方法をお伝えします。

自分から話しかけてみる

話しかけるなオーラが出ている人は、実は自分が人に話しかけることが苦手ということも多いのです。

人と話すのが得意ではないので、なるべく話しかけないでほしいと思っているうちに、それが話しかけるなオーラとなって出てしまうのです。

なので、できるだけ自分から人に話しかけてみるようにするといいでしょう。最初は緊張するかもしれませんが、何度か繰り返すうちに慣れるはずです。

笑顔で過ごすことも大事

話しかけるなオーラを消す一番の方法は、笑顔でいることです。笑顔でいることで、周りにも好印象を与え、話しかけやすい雰囲気を作ることができます。

また、笑顔は気分を上げ、ストレスホルモンを減らすなど、自分にも良い影響を与えます。笑うことが苦手な人もいるかもしれませんが、最初は一人でいるときに作り笑いでもいいので、実践してみてください。

話しかけるなオーラを出したいなら

ときには人から話しかけられたくないときって、ありますよね。そんなとき、あえて話しかけるなオーラを出すにはどうしたらいいでしょうか。

話しかけるなオーラは、言ってみれば非言語の情報です。そのため、仕草などで出すことができるのです。

ポイントは3つです。うつむくこと、相手と目を合わせないこと、硬い表情を作ることです。これで話しかけるなオーラを出すことができます。

まとめ

話しかけるなオーラを出している人の特徴から、付き合い方までまとめました。話しかけるなオーラが出ているのが他の人にしろ、自分にしろ、人から話しかけられないことで逃しているチャンスはたくさんあるものです。

集中して仕事に取り組みたいときなどあえて出すこともあるかもしれませんが、普段から自分が話しかけるなオーラが出ている人にならないよう、笑顔で過ごすことを心がけましょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW