FASHION

チョーカーを今っぽくつける《3つのポイント》コーデ&種類についても解説!

2019/12/25

数年前にコードタイプがトレンドだったチョーカー。2019年は、チョーカーを取り入れるのはあり? 本記事では、定番チョーカーの種類の他、今年取り入れたいトレンドタイプをご紹介。実際にチョーカーを取り入れたコーディネート例もピックアップしているので、ぜひアクセントに加えてみてはいかが?

タトゥーのような見た目からその名がつき、黒のワイヤータイプが定番。ストリートファッションやカジュアルファッションとの相性が良い上に、綺麗めコーデの外し役としても活躍。

こんなデザインも!

チョーカーのデザインも進化して、こんなかわいらしいデザインのものも登場。シンプルコーデのアクセントとして加えたい。

リボンチョーカー

後ろに留め具がついているタイプとついていない紐タイプがある、リボンチョーカー。素材はスエードやサテンなどがあり、紐の太さも様々で、種類が豊富。

結び方でアレンジ

色々な結び方で楽しめるのもリボンチョーカーならでは。コーデのテイストに合わせて巻き方も変えれば、おしゃれの幅がぐんと広がる。

レースチョーカー

ガーリーな印象のレースチョーカーは、クールなコーデに合わせてテイストミックスにしたり、外しアイテムとして取り入れるのがおすすめ。

チャーム付きチョーカー

リングがついたもの、モチーフがついたもの、ポンポンファーがついたものなど、種類が豊富なチャーム付きチョーカー。小ぶりのチャームを選ぶのが大人らしくするコツ。

ベルトチョーカー

太めなベルトチョーカーは、ハードな印象が強く、取り入れる上で難易度が高め。Tシャツ×ジーンズのようなカジュアルなファッションとの相性が◎。

スカーフのチョーカー巻き

現在は、スカーフをチョーカーのように首元にあしらうのがトレンド。スカーフの大きさによっても印象の違いが楽しめるのが特徴。小さめであればよりカジュアルに、大きめを選んで端を長く垂らせばエレガントにまとまる。

▼スカーフを使ったコーデを詳しくチェック!

次ページ> チョーカーをオシャレに取り入れる《3つのポイント》とは?
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW