FASHION

チョーカーを今っぽくつける《3つのポイント》コーデ&種類についても解説!

2019/07/29

数年前にコードタイプがトレンドだったチョーカー。2019年は、チョーカーを取り入れるのはあり? 本記事では、定番チョーカーの種類の他、今年取り入れたいトレンドタイプをご紹介。実際にチョーカーを取り入れたコーディネート例もピックアップしているので、ぜひアクセントに加えてみてはいかが?

【チョーカーとは?】ネックレスとの違いについて

海外セレブの間で人気に火が付き、日本でもトレンド入りしたチョーカー。そんなチョーカー、どんなものかは分かるけど、いざ説明するとなるときちんとできない、なんて人も多いのでは? ここでは、そんなチョーカーはどんなものを指すのか、またネックレスとの違いは何かを解説。

チョーカーの正式名称は「チョーカーネックレス」で、ネックレスの一種。ネックレスの中も最も長さの短いタイプである「35~40cm」の間の長さのネックレスのことを指す。チョーカーという名前は「窒息させる、喉を絞める」のchokeに由来するので、プレゼントする際には避けたほうがベターかも......!?

【トレンドのチョーカーは?】種類について

まずは、豊富な種類があるチョーカーを、タイプ別でご紹介。大人っぽく取り入れるなら、という視点でも解説しているので、選ぶときの参考にしてみて。今年一押しのチョーカーもピックアップ!

ノーマルチョーカー

チョーカーの中でも特に一般的なものが、帯状のもの。革やベロア、サテン素材など様々な種類があるので、素材によっても印象を変えることができるのが魅力の一つ。幅の太さも様々で、現在のトレンドとしては主張しすぎない細めのものがgood。Tシャツなどシンプルなファッションに合わせてコーデをブラッシュアップしてみて。

メタルチョーカー

シルバーやゴールドのメタル素材のチョーカー。いつものネックレスに近い感覚で使うことができ流ので、初心者さんでもトライしやすい。

重ね付けしてもGOOD!

メタルチョーカーは、チェーンとプレーンのタイプを重ね付けしたり、いつものネックレスと合わせたりするのもおしゃれ。その重ねづけ方法は何通りもあるので、自分だけのカスタマイズを楽しめるのも魅力。

ビーズ・モチーフチョーカー

ビーズやモチーフを用いたチョーカー。主張が強すぎない小さめビーズなら普段使いにマッチし、大きめビーズやグラムなビーズならパーティーシーンでも活躍。

パールデザインのチョーカー

パールをあしらったタイプなら、パーティーやフォーマルなシーンで活躍させてもOK。小ぶりなものを選べば、普段使いしてもコーデの邪魔にならない。

タトゥーチョーカー

次ページ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW