FASHION

エナメルシューズで大人の品格をON! 通年着回すための着こなしテク

2019/07/29

トップスやボトムスのコーデ組みはもちろん大切だけれど、全体の印象を左右すると言っても過言ではないシューズ選び。MINE世代なら、大人らしさを醸し出せる「エナメルシューズ」を1つ持っておきたいところ。実際のコーディネート例だけでなく、エナメルシューズのお手入れ方法も解説。

エナメルシューズってどんなもの?

エナメルシューズとは、表面に樹脂を塗って光沢感を出した靴のこと。汚れても拭き取ることができるので、機能性にも優れている。デイリーコーデにはもちろんのこと、フォーマルシーンにも活躍してくれるのが魅力の一つ。

どの季節に履くのが正解?

エナメルシューズの利点といえば、 季節問わずオールシーズン活躍してくれること。秋冬コーデにマッチするのはもちろんのこと、衣類の素材が軽くなる春夏にはコーデのポイントになってくれる。

雨の日にエナメルシューズを履くのはNGってホント?お手入れ方法は?

光沢感があり、防水性に優れているのでは? と思われがちなエナメルシューズ。けれど実際は、雨染みができてしまったり、雨が当たった部分が変色してしまうことも。そのため、雨の日に履くのは避けるべきアイテム。 もし急に雨に降られてしまったら、ついてしまった雨をすぐに拭き取り、風通しの良い場所に保管して。

エナメル【レースアップシューズ】で品格を漂わせて

エナメルシューズと言っても、その種類は様々。まず最初に、エナメル素材のレースアップシューズを使ったコーディネートをご紹介。シューレースのおかげで足元に立体感が加わるから、シンプルワンツーとの相性もバッチリ。

「春夏」コーデ

▼カジュアルワンツーをクラスアップ

マンネリしがちな白トップスとデニムの定番ルックには、レースアップのエナメルシューズを合わせて手抜きに見せないで。柔らかな素材同士に奥行きを加え、コーデをクラスアップしてくれる。

▼ワンピースをドレスアップ

コットンワンピースをさらにドレスアップしてくれる、エナメルシューズの力。プラットフォームデザインなので、コーデがお堅くなりすぎる心配もない。バッグの色も白黒で統一して、全体のバランスを整えて。

「秋冬」コーデ

▼チェスターコート合わせでトラッドに

ニットとパンツのカジュアルスタイルには、品格漂うチェスターコートとレースアップエナメルシューズを合わせてトラッドスタイルをメイク。ベーシックカラーでまとめることで、大人らしさが上乗せされる。

▼モノトーンを立体的に

タイトスカートにエナメルシューズを合わせたすっきり下半身には、ボリュームのあるニットでメリハリをON。秋らしいモノトーンスタイルには、エナメルの光沢に頼って立体感を作って。

エナメル【ローファー】でクールなスパイスを

次に、エナメル素材のローファーをピックアップ。男女ともに人気の高い形なので、マニッシュな装いやフェミニンコーデの外し役としていかが?

「春夏」コーデ

▼メンズの着こなしを参考に

メンズの着こなしにヒントを得て、黒ジャケットとエナメルローファーを組み合わせ。ジェンダーレスなトップスとボトムスを選んだら、赤バッグを添えて女らしさをひとさじ。

▼フリルブラウスはそのまま甘くさせない

顔周りが華やぐフリルブラウスには、カジュアルなデニムとシルバーエナメルローファーを合わせてテイストミックスな装いに。赤靴下を効かせて、マンネリしない個性派コーデをメイク。

「秋冬」コーデ

▼ヒールでエレガントに

太めヒールがポイントのエナメルローファーなら、コーデのエレガントさがぐっとアップ。ノーカラーのアウターを合わせて上品さを後押し。

▼光沢のある素材でコーデをクラスアップ

2つの柄を採用するときには、同色系でまとめることでスマートな印象に。エナメルローファーやレザーバッグをプラスして、コーデのクラス感を高めて。

エナメル【バレエシューズ】で大人可愛く

女性らしさが楽しめるシューズといえば、バレエシューズ。まるでパリジェンヌのようなフェミニンスタイルへと仕上げてくれるので、MINE世代なら1つ持っておくと便利。

「春夏」コーデ

▼優しい色合いを引き締める

白の上下にベージュのロングジャケットを合わせた優しいコーデには、黒のエナメルバレエシューズとレザーバッグを組み合わせてコーデを引き締め。この時、コンパクトなサイズを選ぶことで主張が強すぎず他のアイテムの邪魔をしない。

▼ノーブルなワンピースにベストマッチ

上品なネイビーワンピースには、フェミニンなバレエシューズがベストマッチ。ポインテッドトゥを選ぶことで、フェミニンなだけじゃないシャープさも叶う。

「秋冬」コーデ

▼ボルドーのエナメルをポイントに

ベーシックカラーでまとめた上品スタイルには、ボルドーのバレエシューズをポイントにコーデにメリハリをON。落ち着いたボルドーなので、大人らしさはそのまま。

▼デニムをシックに仕立てる

濃いめブルーのデニムワンピースに、黒のエナメルバレエシューズを組み合わせてシックな表情へとシフト。同カラーのかごバッグを添えて、大人の遊び心をプラス。

エナメル【パンプス】でエレガントに

普段使いはもちろんのこと、フォーマルなシーンでも活躍させられるのがエナメル素材のパンプス。光沢感のある素材とヒールで、足元がレディにきまること間違いなし!

「春夏」コーデ

▼甲をすっきり覗かせてスタイルアップ

変形フレアのボリュームスカートには、綺麗めのコンパクトエナメルローファーが好相性。足の甲を見せて華奢な部分を強調することでスタイルアップも叶う。

▼レッドヒールでエレガントを加速

目を引くオレンジのカシュクールワンピースには、定番の黒小物合わせがグッドバランス。エナメルの光沢が、よりクラス感のあるコーデへと導いてくれる。赤いヒールをポイントに、ムードをアップさせて。

「秋冬」コーデ

▼ソックス合わせで清楚感もアップ

大きめ花柄スカートをポイントに、シックな大人レディスタイルをメイク。黒のエナメルパンプスには同色のソックスを合わせて、クリーンな印象を底上げ。

▼バックストラップを効かせてキュートな表情を

グレー×パープルの大人らしい配色には、艶やかな黒エナメルシューズがマッチ。リボンのバックストラップを効かせて、キュートな遊び心をON。

エナメル【ブーツ】で都会的に

最後に、エナメル素材のブーツコーデをご紹介。モノトーンコーデにマンネリした時も、ツヤを与えるだけで全体の奥行きが変わるので、ぜひチャレンジしてみて。

「秋冬」コーデ

▼小物には目を引く素材を投入

身体のラインに沿うコンパクトラインのニットとタイトスカートの組み合わせには、インパクトのある小物をチョイスしてボリュームバランスを調整。高級感漂うエナメルブーツを筆頭に、秋らしいパープルファーバッグでモノクロスタイルをマンネリさせないで。

▼同色は素材違いを重ねる

ぱきっとしたパープルとブラックのコントラストが絶妙なツーカラースタイル。下半身を全て黒で統一したら、エナメルのような目を引く艶やかマテリアルを足して奥行きを作って。

▼素肌を見せて程よくリラックス

ともすれば、ハードな印象になるエナメルブーツ。柔らかなケーブルニットや適度な肌見せを駆使することで、リラックスムード漂う大人フェミニンが出来上がる。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW