FASHION

ボウタイブラウス、まず抑えたい【6つの結び方】&季節別コーデ集

2019/07/26

2019年秋冬のトレンドアイテムの一つである「ボウタイブラウス」。首回りにアクセントを加えれば、表情まで華やかな印象に。
そんなボウタイブラウスは、結び方を変えることによって1枚で違った印象を楽しめる便利アイテム。今回は定番からちょっとした工夫による応用まで、あなたに合った結び方をご紹介!

ボウタイブラウスとは?デザインの違いで印象が変わる!

ボウタイブラウスとは、襟部分が紐になっているブラウスのこと。通常のブラウスよりも華やかさがあり、ゆらゆら揺れる紐がエレガントな表情までメイク。また、タイが太いか細いか、長いか短いかで印象も変わってくるので、ここからはその違いを解説。

タイ部分の「太さ」の違い

▼細めなら主張が強すぎない

ブラウスにさりげない立体感を加えてくれる「細め」タイ。主張が強すぎない分、初心者さんはまずは細めタイプからトライするのがおすすめ。

▼太めはより華やかに

ボリュームが出て、華やぎムードが増す「太め」タイ。どこかレトロな趣を楽しめるのもポイントの一つ。トップスにボリュームがある分、シンプルなボトムス合わせでもサマになるのが嬉しい。

タイ部分の「長さ」の違い

▼長めはエレガントにきまる

長めのタイなら、ラフに垂らすだけでもエレガントな表情が楽しめる。また、長い分結び方のアレンジ幅を効かせられるのもポイント。

▼短めはよりカジュアルに楽しめる

短めであれば、長いタイプと比較してよりカジュアルな印象にまとまる。一つ結びしてポップな表情を見せても良いし、垂らしてネックレス感覚で使うのも◎。

首元のデザインで違い

▼首元が開いたものはモードな印象に

デコルテ周りが開き、首にタイをあしらうタイプであれば、モード感を主張できる。シンプルに白黒でコーデを統一しても、ディテールが効いたブラウスのおかげでマンネリしない。

▼鎖骨見せでほんのり色っぽく

襟ぐりが浅いタイプで鎖骨を見せたら、ほんのり色っぽい表情に。なだらかなVラインなので、顔周りがすっきり整う。

▼首元がしまったデザインで上品に

より上品さを醸し出すなら、襟ぐりが詰まったデザインでクラシカルな表情をメイク。足元にカジュアルなデニムを合わせれば、今っぽい着崩しが楽しめる。

【定番】ボウタイブラウスの結び方3選

前述したように、形状だけでも違いが変わってくるボウタイブラウスは、結び方でも印象が変わってくる。まずは、定番の結び方を3つご紹介。

(1)リボン結び

▼透け素材で甘くなりすぎない

大人の色香漂うシアーな黒ボウタイブラウスなら、リボン結びしても甘くなりすぎないのが嬉しい。足元には白のワイドデニムを重ねて、カジュアルダウンさせるのが今っぽい。

(2)1回だけ結んでたらす

▼エレガントスタイルはモードをひとさじ

ボウタイブラウスにタイトスカート、そしてパンプスの綺麗めスタイルは、タイをあえてきちんと結ばず垂らすことでモード感が加わる。柔らかなベビーピンクには、大人なネイビーが好相性。

(3)後ろで結ぶ

▼バックコンシャスで魅せる

タイを後ろで結ぶことで、後ろ姿で語れるスタイルに。ブラウスの裾は、あえてアウトにすることできちんと感のあるブラウスがリラックス仕様にシフト。

【3つのアレンジ】で無難さを回避して

基本を押さえたら、変形な3つのアレンジでボウタイブラウスの着回し幅を広げてみて。これを網羅すれば、ボウタイブラウスはマスターしたも同然!

(1)くるっと巻いてスカーフ風に

▼自己流アレンジでマンネリさせない

長いタイは、くるっと巻いてスカーフ風アレンジを加えてみて。フェミニンなドット柄も、首元に自分らしさを加えるだけでいつもと違った印象が楽しめる。

(2)ちょっとずらして結んでみる

▼正統派から外れてみることで見える可能性

あえてずらしてタイを結ぶことで、襟ぐりがアシンメトリーになりモードな装いに。加えて一つ結びすることでラフさが加わり、お堅さも和らぐ。

(3)たらしてよりラフな洗練感を!

▼ネックレス感覚で楽しむ

タイを結ばず垂らすことで、アクセサリー感覚で使うことが可能。Vネックなら、顔周りをシャープに引き締めてくれる。

次ページ> 【春夏】お手本コーデ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW