FASHION

ボウタイブラウス、まず抑えたい【6つの結び方】&季節別コーデ集

2019/07/26

2019年秋冬のトレンドアイテムの一つである「ボウタイブラウス」。首回りにアクセントを加えれば、表情まで華やかな印象に。
そんなボウタイブラウスは、結び方を変えることによって1枚で違った印象を楽しめる便利アイテム。今回は定番からちょっとした工夫による応用まで、あなたに合った結び方をご紹介!

ボウタイブラウスとは?デザインの違いで印象が変わる!

ボウタイブラウスとは、襟部分が紐になっているブラウスのこと。通常のブラウスよりも華やかさがあり、ゆらゆら揺れる紐がエレガントな表情までメイク。また、タイが太いか細いか、長いか短いかで印象も変わってくるので、ここからはその違いを解説。

タイ部分の「太さ」の違い

▼細めなら主張が強すぎない

ブラウスにさりげない立体感を加えてくれる「細め」タイ。主張が強すぎない分、初心者さんはまずは細めタイプからトライするのがおすすめ。

▼太めはより華やかに

ボリュームが出て、華やぎムードが増す「太め」タイ。どこかレトロな趣を楽しめるのもポイントの一つ。トップスにボリュームがある分、シンプルなボトムス合わせでもサマになるのが嬉しい。

タイ部分の「長さ」の違い

▼長めはエレガントにきまる

長めのタイなら、ラフに垂らすだけでもエレガントな表情が楽しめる。また、長い分結び方のアレンジ幅を効かせられるのもポイント。

▼短めはよりカジュアルに楽しめる

短めであれば、長いタイプと比較してよりカジュアルな印象にまとまる。一つ結びしてポップな表情を見せても良いし、垂らしてネックレス感覚で使うのも◎。

首元のデザインで違い

▼首元が開いたものはモードな印象に

デコルテ周りが開き、首にタイをあしらうタイプであれば、モード感を主張できる。シンプルに白黒でコーデを統一しても、ディテールが効いたブラウスのおかげでマンネリしない。

▼鎖骨見せでほんのり色っぽく

襟ぐりが浅いタイプで鎖骨を見せたら、ほんのり色っぽい表情に。なだらかなVラインなので、顔周りがすっきり整う。

次ページ> 【定番】ボウタイブラウスの結び方3選
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW