ボウタイブラウス、まず抑えたい【結び方・アレンジ5選】&季節別コーデ集
FASHION

ボウタイブラウス、まず抑えたい【結び方・アレンジ5選】&季節別コーデ集

2020/08/28

リード文:2020年秋冬のトレンドアイテムのひとつである「ボウタイブラウス」。首まわりにアクセントを加えれば、表情まで華やかな印象に。そんなボウタイブラウスは、結び方を変えることによってさまざまな印象を楽しめる便利アイテム。今回は定番の結び方から応用の結び方まで、 一挙にご紹介!

ボウタイブラウスとは?デザインの違いで印象が変わる!

ボウタイブラウスとは、襟部分が紐になっているブラウスのこと。通常のブラウスよりも華やかさがあり、ゆらゆら揺れる紐がエレガントな表情をメイクしてくれます。タイの太さや長さで印象も変わってくるので、ここからはその違いを解説。

タイ部分の「太さ」の違い

▼タイ部分が「細め」なら主張が強すぎない

タイ部分が「細め」なら主張が強すぎないコーデ画像

ブラウスにさりげない立体感を加えてくれる「細め」タイ。主張が強すぎない分、初心者さんはまずは細めタイプからトライするのがおすすめ。

▼タイ部分が「太め」ならより華やかに

タイ部分が「太め」ならより華やかなコーデ画像

ボリュームが出て、華やぎムードが増す「太め」タイ。どこかレトロな趣を楽しめるのもポイントのひとつ。トップスにボリュームがある分、シンプルなボトムス合わせでもサマになるのがうれしい。

タイ部分の「長さ」の違い

▼「長め」のタイはエレガントにきまる

「長め」のタイはエレガントにきまるコーデ画像

長めのタイなら、ラフに垂らすだけでもエレガントな表情が楽しめる。長い分、結び方のアレンジ幅が広いのもポイント。

▼「短め」のタイはカジュアルに楽しめる

「短め」のタイはカジュアルに楽しめるコーデ画像

短めであれば、長めのタイプよりもカジュアルな印象にまとまる。ひとつ結びしてポップな表情を見せてもよいし、垂らしてネックレス感覚で使うのも◎。

首元のデザインの違い

▼首元が開いたものはモードな印象に

首元が開いたものはモードな印象のコーデ画像

デコルテまわりが開いていて、首にタイをあしらうタイプであれば、モード感を主張できる。シンプルに白黒でコーデを統一しても、ディテールが効いたブラウスのおかげで新鮮な印象に。

▼鎖骨見せでほんのり色っぽく

鎖骨見せでほんのり色っぽく着こなした画像

襟ぐりが浅いタイプで鎖骨を見せたら、ほんのり色っぽい表情に。なだらかなVラインなので、顔まわりがすっきり整う。

▼首元が詰まったデザインで上品に

首元が詰まったデザインで上品に着こなした画像

より上品さを醸し出すなら、襟ぐりが詰まったデザインでクラシカルな表情をメイク。セットアップのスーツと合わせれば、よりフォーマルな印象へ。


ボウタイブラウスの「結び方&アレンジ」5選

形状だけでも違いが変わってくるボウタイブラウスは、結び方でも印象が変わってくる。まずは、定番の結び方2種を手順を交えてご紹介。そのあとアレンジ3選も参考にしてみて。

まずは定番の「ひとつ結び」

▼ひとつ結びのタイで上品な印象に

ボウタイブラウスにタイトスカート、そしてパンプスのきれいめスタイルは、タイをあえてきちんと結ばず垂らすことでモード感が加わる。やわらかなベビーピンクには、大人なネイビーが好相性。

「リボン結び」で華やかに

▼デニムスカートと合わせてカジュアルダウンしたのがかわいい

レトロ柄がかわいいボウタイブラウスなら、リボン結びしても甘くなりすぎないのがうれしい。デニムタイトスカートと合わせて、カジュアルダウンさせるのが今っぽい。

「結ばずに垂らす」エディター風

タイを結ばず垂らすことで、アクセサリー感覚で使うことが可能。Vネックなら、顔まわりをシャープに引き締めてくれる。

「後ろ結び」がエレガント

後ろでリボン結びしたボウタイブラウスが、いつものコーデに華やかさを加えてくれる。くすみピンクのブラウスに、グレーのプリーツスカートを合わせた甘さ控えめなフェミニンスタイルが大人の色気を感じさせる。

「ちょっとずらして」モードにきめる

あえてずらしてタイを結ぶことで、襟ぐりがアシンメトリーになりモードな装いに。リボン結びなら華やかさも加わり、上品な仕上がりに。

【春夏】お手本コーデ

ボウタイブラウスの形状、そして結び方をマスターしたら、実際の着こなし術をご紹介。まずは、「春夏」のお手本コーデから。春夏なら、胸元が開いたデザインで季節感を出すのがおすすめ。

パンツスタイル

▼ドット柄シアーブラウス×イエローパンツできれいめコーデ

春夏は透け素材のボウタイブラウスが涼しげ。ボトムスはイエローのアンクルパンツをチョイスしてコーデにメリハリをつけて。小物はサンダルとスケルトンバッグをチョイスして季節感をちりばめれば、春夏のきれいめコーデの完成。

▼花柄レースブラウス×カーゴパンツの甘辛コーデ

女性らしい花柄ノースリーブブラウスにメンズライクなカーゴパンツを合わせた絶妙な甘辛コーデ。ボウタイも細めでサイドに結んだところがこなれてる。足元はパンプスやサンダルではなく、スニーカーを合わせたことで垢抜け感UP。

スカートスタイル

▼チュールスカートと合わせたレディな着こなし

シンプルな白のボウタイブラウスを同系色の花柄チュールスカートと合わせれば、一気に華やかで清楚な印象に。スケルトンバッグとサンダルをチョイスして涼しげなムードも感じさせて。

▼軽やかなチュールスカートで季節感アップ

ライトグレーで清潔感のあるボウタイブラウスは、ノーカラージャケットを合わせて奥行きをON。軽さのあるチュールスカート合わせなら季節感も楽しめる。

【秋冬】お手本コーデ

次に、「秋冬」のお手本コーデをピックアップ。春夏とは反対に、首元が詰まったデザインを選ぶと秋冬らしい表情に。

パンツスタイル

▼サロペットに気品を加えて

ストラップが繊細なきれいめサロペットには、白のボウタイブラウスを合わせて淑女のような着こなしに。きちんと首元が詰まったデザインなので、モード感も楽しめる。

▼黒アウターでバランスを整えて

やわらかな配色のボウタイブラウス×ワイドパンツの組み合わせには、黒のアウターを合わせて全体を引き締め。首元にボリュームのあるブラウスだからこそ、アウターはノーカラーが好相性。

スカートスタイル

▼ブラウンのタイトスカートで温感を上げて

レトロ感漂う幾何学模様のボウタイブラウスに、ブラウンのタイトスカートを合わせたクラシカルなスタイル。足元はショートブーツであえて外して、今っぽさをひとさじ。

▼レザーアイテムをかけ合わせて甘辛に

一枚で着ると女らしいボウタイブラウスも、レザージャケットやブーツを合わせることで甘さ控えめに着こなせる。黒×ベージュのツーカラーで統一感を意識。

ボウタイブラウスに合わせる「おすすめアウター」3選

ここでは、ボウタイブラウスに合わせる「アウター」としておすすめなアイテムを3つご紹介。ぜひ、いろいろな着回し方を楽しんでみて。

1 .カーディガン

カーディガンと組み合わせることで、また違った印象を楽しめるボウタイブラウス。目を引くリボン結びなら、全体を白黒でまとめて大人っぽく仕上げて。

2.ノーカラーコート

ボウタイブラウスと好相性なアウターといえば、ノーカラーコート。首元のバランスが調整されるだけでなく、互いを引き立ててくれる。このとき、白とベージュなど、ベーシックカラーを組み合わせるとさらに上品。

3.ジャケット

かっちりめなジャケットも、シアー素材のふわっとしたボウタイブラウスをINすれば、ちょうどよいバランスに中和される。ジャケットの色が暗めなら、中に着るボウタイブラウスは明るい色をチョイスしてコントラストを出して。

30代・40代が着こなすボウタイブラウスコーデ

エレガントで上品なムードのボウタイブラウスは、30代・40代の大人女性にぴったりのアイテム。シンプルなのに存在感抜群な、大人女性ならではの着こなしを4選ご紹介します。

シアー感のあるキャメルカラーが落ち着いたムードを演出

ボウタイをリボン結びすることに少し抵抗がある場合、落ち着いた色味のブラウスをチョイスすれば安心してトライできます。シアー感あるキャメルカラーが、落ち着いた女性にぴったり。ラフなコーデュロイパンツと合わせてカジュアルダウンさせれば、デイリー使いにも大活躍。

シンプルだからこそ上品なデザインをチョイス

ゆったりとした身頃とフレアスリーブのデザインが、ほんのりリラックスムードを感じさせる白のブラウスは、ボウタイを垂らしてクールに着こなして。ボトムスはシンプルなものをチョイスして、シルエットをすっきりさせれば、大人のきれいめコーデの完成。

後ろで結んだ長めのリボン結びがモードな着こなし

ほどよい透け感で、首元のギャザーがエレガントなボウタイブラウスは、大人の女性にぴったり。ボリュームのあるタイを後ろでリボン結びして、黒のロングタイトスカートを合わせたら、モードなスタイリングに。

ノースリーブブラウス×デニムパンツがヘルシー

くすみミントのノースリーブブラウスは、細めのボウタイがほどよいアクセントになり◎。デニムパンツと合わせてヘルシーな大人女性の着こなしを目指して。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW