ユニクロの靴を選ぶべき理由
FASHION

ユニクロの靴を選ぶべき理由がわかる31のコーデ術

2019/12/25

シンプルなデザインで、どんなコーデにもマッチするユニクロの靴。更にプチプラなので、普段は挑戦しないようなタイプも気軽に取り入れられるのが嬉しい。
ここでは、ユニクロの靴を選ぶべき理由や、実際のコーディネート例を靴のタイプ別にご紹介。これを読んだ日には、ユニクロに行きなくなっちゃうかも?

赤のスニーカー

▼ニュートラルカラーのポイントに

オフホワイトスウェットとグレーボトムス×赤のスニーカーのコーデ画像

オフホワイトスウェットやグレーボトムスのニュートラルカラーコーデには、パッと目の引く赤を効かせてメリハリをON。フルレングスのパンツからさりげなく覗くぐらいのバランスがちょうどいい。

ユニクロの『サンダル』コーデ

ここでは、人気の高い「スポーツサンダル」にフォーカスを当ててコーディネートをご紹介。カラーラインナップも豊富なので、お気に入りを見つけてみて。

黒のサンダル

▼柔らかなベージュにメリハリをON

ベージュフレアワンピース×黒のサンダルのコーデ画像

肌になじみ、爽やかにまとまるベージュフレアワンピースには、黒のボディバッグとスポーツサンダル合わせでストリートテイストをプラス。上半身と下半身それぞれに黒を散らばせることで、全体の引き締めが叶う。

▼トップスとリンクさせてまとまりよく

ブラウン×ブラック×黒のサンダルのコーデ画像

ブラウン×ブラックのニュートラルカラーまとめで今っぽい装いをメイク。足元のスポーツサンダルは、トップスカラーとリンクさせることで統一感を作って。夏らしいクリアバッグをプラスすれば、暗色コーデも軽やかな印象に。

ブラウンのサンダル

▼フェミニンコーデの外し役として

ベージュシャツと花柄スカート×スポーツサンダルのコーデ画像

ベージュシャツと花柄スカートの女性らしい装いには、スポーツサンダル合わせで程よくカジュアルダウン。この時、ブラウンを選んで全体に調和させるのが正解。

グレーのサンダル

▼引き締めアイテムもトーンを統一させて

ペールピンク×イエロー×グレーのスポーツサンダルのコーデ画像

ペールピンクやイエローの淡い装いには、引き締め役としてグレーのスポーツサンダルをON。黒ではなく中間色のグレーでトーンを統一させることで、まとまりのあるコーデが完成。

ユニクロの『パンプス』コーデ

レディな足元を作るには、パンプスに頼りたいところ。ローヒールやハイヒール、そしてチャンキーヒールと、ヒールの種類も豊富なユニクロには頭が上がりません!

次ページ> ユニクロの『バレエシューズ』コーデ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW