ユニクロの靴を選ぶべき理由
FASHION

ユニクロの靴を選ぶべき理由がわかる31のコーデ術

2019/07/26

シンプルなデザインで、どんなコーデにもマッチするユニクロの靴。更にプチプラなので、普段は挑戦しないようなタイプも気軽に取り入れられるのが嬉しい。
ここでは、ユニクロの靴を選ぶべき理由や、実際のコーディネート例を靴のタイプ別にご紹介。これを読んだ日には、ユニクロに行きなくなっちゃうかも?

ユニクロの靴を選ぶメリットとは

ユニクロの靴を選ぶことで、「どんな服にも合わせやすい」ことや「新しいタイプの靴に挑戦しやすい」などのメリットが。実際のコーディネートと共に、その利点をチェックしてみて。

デザインがシンプルなのでどんな服にも合わせやすい

▼レディな足元がプチプラで完成

レディな足元がプチプラで完成した画像

レディスタイルに欠かせないバレエシューズも、ユニクロでゲット! 光沢感のある素材なので、高級感も手に入るのが嬉しい。トップスの色はシューズと統一して、柔らかなペールグリーンのスカートを引き立たせて。

低価格なので履いたことのない靴でも挑戦しやすい

▼トレンドものを気軽にトライ

トレンドものを気軽にトライしたコーデ画像

来年には流行が終わっている…? そんなトレンドアイテムも、プチプラで賢く手に入れて。アスレジャーミックスの装いには、女性らしいブラウンタイトスカートを足して女っぽさを光らせて。

足が痛くなりにくいので長く使える

▼機能性とスタイルアップを重視

機能性とスタイルアップを重視のイメージ画像

足への負担が軽減されているのも嬉しいポイント。華奢な部分が覗くアンクル丈のブーツなら、スタイルアップも叶う。フィット感のあるシューズには、フラスカートでメリハリをつけるのがgoodバランス。

ユニクロの『スリッポン』コーデ

シューズ紐がないシンプルなデザインなので、どんなコーデにも合わせやすいスリッポンも、賢くユニクロでゲットしましょう! 色別のスリッポンコーデをチェック!

白のスリッポン

▼ライトカラーでまとめてフレッシュに

白のスリッポンでライトカラーでまとめたコーデ画像

ベージュやライトグレーの組み合わせには、真っ白なスリッポンを合わせてパッと明るい表情に。ライトトーンのコーデには、ブルーボーダートップスを覗かせて爽やかさを底上げ。

▼コントラストをつけて立体感のある足元に

白のスリッポンでコントラストをつけて立体感のある足元にした画像

黒ソックスに白スリッポンを合わせた、目を引く足元コーデ。小物の色を白黒で統一することで、カラーアイテムを取り入れて装いもまとまりのある印象に。

▼軽やかな足取りで爽やかさアップ

白のスリッポンで軽やかな足取りで爽やかさアップしたコーデ画像

ギンガムチェックとデニムスカートの綺麗めカジュアルスタイルには、軽快な足元を演出する白スリッポンが好相性。

黒のスリッポン

▼ベーシックな足元で失敗知らず

レギンスとデニムジャケット×黒のスリッポンのコーデ画像

シンプルなスリッポンは、ベーシックカラーの黒を選ぶことでどんなコーデにもマッチ。レギンスとデニムジャケットのカジュアルな装いには、サークルかごバッグを添えてテイストミックスなコーデを完成させて。

ユニクロの『スニーカー』コーデ

大人カジュアルに欠かせないスニーカーもユニクロで手に入る! シンプルなデザインなので、大人にマッチするのが嬉しいポイント。こちらも、色別のお手本コーデをご紹介。

白のスニーカー

▼白を散らばせて明るい印象に

フーディにスカート×白スニーカーのコーデ画像

フーディにスカート、そしてアウターのゆったりコーデは、暗色を選ぶと重くなりがち。トップスと足元に白を合わせることで抜け感が生まれ、全体で見ても軽やかな印象に。

▼下半身を白でまとめて季節感アップ

プリーツスカートとスニーカーのコーデ画像

プリーツスカートとスニーカーで、春夏らしい軽快な足元コーデをメイク。トップスには足元カラーとリンクさせた白ロゴ入りのTシャツを選んで、フェミニンカジュアルコーデを完成させて。

▼ブルーストライプとのかけ合わせで清涼感アップ

ブルーストライプスカートと白スニーカーのコーデ画像

爽やかなブルーストライプスカートに白スニーカーを合わせれば、清涼感ばっちり。トップスには黒のフレンチスリーブTを合わせて程よく引き締めるのが好バランス。

黒のスニーカー

▼色をつないで統一感を意識

黒トップス×黒パンツ×黒スニーカーのコーデ画像

トップスからシューズにかけて、黒で統一したクールスタイル。シューズのソールが白になっているので、ワンカラーにありがちな間延び感を抑えることが可能。アウターには、白黒になじみの良いグレーを選ぶのが正解。

赤のスニーカー

▼ニュートラルカラーのポイントに

オフホワイトスウェットとグレーボトムス×赤のスニーカーのコーデ画像

オフホワイトスウェットやグレーボトムスのニュートラルカラーコーデには、パッと目の引く赤を効かせてメリハリをON。フルレングスのパンツからさりげなく覗くぐらいのバランスがちょうどいい。

ユニクロの『サンダル』コーデ

ここでは、人気の高い「スポーツサンダル」にフォーカスを当ててコーディネートをご紹介。カラーラインナップも豊富なので、お気に入りを見つけてみて。

黒のサンダル

▼柔らかなベージュにメリハリをON

ベージュフレアワンピース×黒のサンダルのコーデ画像

肌になじみ、爽やかにまとまるベージュフレアワンピースには、黒のボディバッグとスポーツサンダル合わせでストリートテイストをプラス。上半身と下半身それぞれに黒を散らばせることで、全体の引き締めが叶う。

▼トップスとリンクさせてまとまりよく

ブラウン×ブラック×黒のサンダルのコーデ画像

ブラウン×ブラックのニュートラルカラーまとめで今っぽい装いをメイク。足元のスポーツサンダルは、トップスカラーとリンクさせることで統一感を作って。夏らしいクリアバッグをプラスすれば、暗色コーデも軽やかな印象に。

ブラウンのサンダル

▼フェミニンコーデの外し役として

ベージュシャツと花柄スカート×スポーツサンダルのコーデ画像

ベージュシャツと花柄スカートの女性らしい装いには、スポーツサンダル合わせで程よくカジュアルダウン。この時、ブラウンを選んで全体に調和させるのが正解。

グレーのサンダル

▼引き締めアイテムもトーンを統一させて

ペールピンク×イエロー×グレーのスポーツサンダルのコーデ画像

ペールピンクやイエローの淡い装いには、引き締め役としてグレーのスポーツサンダルをON。黒ではなく中間色のグレーでトーンを統一させることで、まとまりのあるコーデが完成。

ユニクロの『パンプス』コーデ

レディな足元を作るには、パンプスに頼りたいところ。ローヒールやハイヒール、そしてチャンキーヒールと、ヒールの種類も豊富なユニクロには頭が上がりません!

ローヒール

▼輝きを添えて定番ワンツーをブラッシュアップ

白シャツとブルースキニーデニム×シルバーポインテッドパンプスのコーデ画像

白シャツとブルースキニーデニムの定番スタイルには、シルバーポインテッドパンプスを合わせてコーデをクラスアップ。更にクリアバッグやラフィアバッグを添えて季節感を高めて。

▼ぬくもりカラーを程よく引き締め

ブラウンブラウスとベージュパンツ×ローヒールパンプスのコーデ画像

ブラウンブラウスとベージュパンツの綺麗めスタイルには、上品なローヒールパンプスが好バランス。黒を選ぶことで、優しい上下の色を引き締めてくれる。

▼トラッドスタイルのムードを加速

チェック柄ジャケットにダークブラウンスカート×ポインテッドパンプスのコーデ画像

チェック柄ジャケットにダークブラウンスカートを合わせた正統派スタイルには、ポインテッドパンプス合わせで上品さアップ。インナーに白を取り入れて抜け感を作るのが美バランス。

チャンキーヒール

▼レトロコーデにマッチ

真っ赤なニットとドット柄スカート×チャンキーヒールパンプスのコーデ画像

どこか懐かしさを感じる真っ赤なニットとドット柄スカートのレトロスタイルには、チャンキーヒールパンプスがマッチ。安定の黒を選ぶことで、個性的になりすぎない。

▼シンプルカジュアルのポイントに

キーネックワンピースとリブレギンス×オレンジのチャンキーヒールパンプスのコーデ画像

キーネックワンピースとリブレギンスのカジュアルスタイルには、オレンジのチャンキーヒールパンプスをポイントに、物足りなさを払拭。

ハイヒール

▼デニムコーデをレディに昇華

ライトブルーデニム×黒のトップスとシューズのコーデ画像

ライトブルーデニムには、黒のトップスとシューズ合わせでメリハリを強調。ハイヒールのパンプスを選ぶことで、カジュアルなデニムコーデがたちまちレディな印象に。

ユニクロの『バレエシューズ』コーデ

女性らしさや上品さを叶えつつ、歩きやすさもついてくるバレエシューズもユニクロでゲット。こちらも色別のコーディネートを5つお届け。

黒のバレエシューズ

▼マリンキャップとの相性抜群

マリンキャップと相性抜群のバレエシューズのコーデ画像

マリンキャップとの相性が抜群のバレエシューズ。フェミニンなベージュワンピースとコーデすることで、まるでパリジェンヌのような装いが楽しめる。バッグも黒で統一して、大人らしいツーカラーコーデをメイク。

▼柔らかなコットンワンピにテンションをかける

コットンティアードワンピース×エナメルのバレエシューズのコーデ画像

リラックスして着こなせるコットンティアードワンピースには、エナメルのバレエシューズを合わせて緊張感を添えて。黒で統一した上下には、プリントボディバッグをプラスしてメリハリアップ。

▼ソックス合わせできちんと感を高める

ブラウンペプラムトップスとベージュフレアパンツ×黒のバレエシューズのコーデ画像

ブラウンペプラムトップスとベージュフレアパンツの柔らかな組み合わせには、黒のバレエシューズで引き締めながら上品さをアップ。白のソックスを添えることで、きちんと感がより高まる。

赤のバレエシューズ

▼いつものコーデをフェミニンに

白Tとブルーデニム×レッドバレエシューズのコーデ画像

夏の定番、白Tとブルーデニムの組み合わせには、鮮やかなレッドバレエシューズを足してフェミニンにシフト。スキニーとバレエシューズでコンパクトにまとめるのもバランスよく見せるコツ。

シルバーのバレエシューズ

▼モノトーンコーデに華やぎを

黒ワンピースにボーダーカーディガン×シルバーのバレエシューズのコーデ画像

シンプルな黒ワンピースにボーダーカーディガンを肩掛けすれば、視線が上に集中してスタイルアップにつながる。足元にはシルバーのバレエシューズを足して、モノトーンスタイルに華やかさを加えて。

ユニクロの『ブーツ』コーデ

最後に、ユニクロのブーツを使ったコーディネートをピックアップ。旬のソックスブーツから、スタイルアップが叶うアンクル丈まで、そのラインナップは優秀すぎ!

甘いワンピースをスタイリッシュに昇華

小花柄のプリーツワンピース×黒のソックスブーツのコーデ画像

小花柄のプリーツワンピースには、黒のソックスブーツでコーデを引き締めながらスタイリッシュにアップデート。頭にも黒アイテムを添えて全体のバランスを整えて。

レザーブーツでハンサム要素をプラス

ボアアウターとレーヨンワンピース×ハードなレザーブーツのコーデ画像

ボアアウターとレーヨンワンピースの女性らしい組み合わせには、ハードなレザーブーツとバッグをプラスして糖度抑えめに。白黒で統一することで、異素材ミックスもまとまりのある装いに。

秋冬カジュアルを都会派に

ニットとデニム×レザーブーツのコーデ画像

ニットとデニムの定番カジュアルには、レザーブーツとマリンキャップを合わせて都会派な装いへ。この時、足首が覗く丈を選ぶことで華奢見えが叶う。

ロング&リーンコーデを強調

チェスターコートとフルレングスボトムスのロング&リーンコーデ×ヒールブーツのコーデ画像

細身のチェスターコートとフルレングスボトムスのロング&リーンコーデには、ヒールブーツを足してスタイルアップ効果を更にアップ。落ち着いた配色を意識することで、秋冬らしいカラースタイルが完成。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW