FASHION

気温5度の日の服装は《3つのポイント》を抑えて!【最高・最低気温別】お手本コーデ20選

2019/12/25

今日の天気を調べたら”最高気温5度”もしくは”最低気温5度”と伝えられたそんな日。実は、どちらの”5度”なのかによって着るべき服装は大きく変化するんです。さらに春先の5度はいつもの冬コーデで外出すると季節感がなく、少し物足りない印象になってしまいます……。「気温5度」の日にどんな服装で出かければいいのか迷っているあなたにおすすめのコーデをご紹介します!

カジュアルだけど女の子らしさを忘れないボアコート。白のもこもこした手触りがとってもかわいらしく、メンズライクなアイテムとも相性抜群なのがうれしい。

スカートスタイル

ボリュームのあるパーカーでマフラーいらず

ボリュームのあるパーカーは首元を覆ってくれるので、見た目以上にあたたかい! プリーツスカートと合わせてスクールライクに仕上げたら、カジュアルすぎない好バランスを実現。

着太りを防ぐのはスッキリラインのコート

着こみすぎてしまう冬は、縦のラインを意識してみるとうまくいく。ボリュームが控えめなミディ丈スカートにスリムシルエットなアウターをプラスするとスッキリします。

黒のアイテムでコーデを引き締めてスタイルアップ

着太りしやすいスタイリングを避けるために、黒アイテムの引き締め効果を最大限に利用して。どんな色ともマッチするので、コーデの色に迷ったら必ず頼りになる存在です。

ワンピーススタイル

たまには足元から抜け感を出してみる

日中の外出なら、少しだけ肌見せしてみるのも抜け感が出ていいかも! 黒×ブラウンといったダークトーンのコーデでは、明るいベージュパンプスと足首見せで軽やかな足元を演出。

脱ぎ着できるキャップは強い味方

寒くなったらプラスできるキャップは、冬コーデでもワードローブに入れておきたい。夏のイメージが強いかもしれませんが、黒キャップは季節を問わず着まわせるのでおすすめです!

【最高気温5度】の日コーデ 

最高気温5度の日は、 最低気温が氷点下になることもあるので朝晩の気温は忘れずにチェックして。いつも以上に防寒対策を万全に、外出する方がベター! 寒い1日もあたたかさを重視してオシャレを楽しみましょう。

パンツスタイル

ゆったりタートルニットの下に着こんでみる

次ページ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW