FASHION

この配色はNG!この夏、外さないのはネイビー×あの色

2019/08/05

この夏やめておきたい配色と、洗練感あるコーデに仕上がるおすすめの配色をお届け。

こんな配色はやめておきたい!

イエロー×ネイビー

イエロー×ネイビー、赤×ネイビーなど、色が大きく異なる組み合わせは、ワントーンが流行の今年は避けておくのが吉。

ペールパープル×ペールピンク

同じようなトーンだったとしても、ペールトーンどうしの組み合わせは避けておいて。若作り感が出る可能性大。

ミントグリーン×黒

黒ならどんな色にでも合う! と思っていたら大間違い。ミントグリーンのような綺麗色と合わせると、コントラストが強すぎて時代遅れ風に見えてしまいそう。

もしミントグリーンに合わせるなら、同程度のトーンのオフホワイトが断然おすすめ。ナチュラルな配色が今年にぴったり!

この夏、ネイビー×ベージュなら間違いない!

暑い夏の日には、配色を意識して清涼感のあるコーディネートを作りたい! 中でも、綺麗めな印象も叶えたいのなら「ネイビー×ベージュ」がおすすめ。ベージュで素肌感を活かしつつ、ネイビーで洗練された印象に。

肌に溶け込み、涼しげな印象を叶えるベージュTシャツには、ハリ感のあるネイビーパンツをプラスしてきちんと感アップ。小物もベージュを選べば、統一感だけでなくスタイルアップも図れる。上半身がシンプルだからこそ、フープピアスを添えて顔周りの華やぎをアップ。

黒×ネイビーの大人らしい配色には、足元にエナメル素材をチョイスしてメリハリアップ。バッグにベージュを選べば、ダークトーンに柔らかさが生まれ、親近感が手に入る。

アニマル柄プリントは、上品なネイビーを選んで大人見えを狙って。足元にはリラックスなベージュチノパンを合わせて、コーデを程よくリラックス。シルバーバングルやクリアリングを添えて、アクセサリーで季節感をアップ。

ネイビー地のストライプワンピースなら、爽やかさだけでなく大人の洗練感もゲット。華奢なヌーディベージュサンダルやかごバッグを添えて、小物の色を統一するのが美バランスを作るコツ。

他の記事もCheck!

▼おすすめ記事はこちら

▼こちらもおすすめ

\お好きなコーデは見つかりましたか?/

Instagramに【#mineby3mootd】で投稿されたコーデ写真から、ピックアップして紹介します!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW