FASHION

【ベージュ×カーキ】が似合わない…に対する《5つの解決策》&コーデ集

2019/09/12

ナチュラルさとほんのり漂う辛口な雰囲気が大人っぽい「ベージュ×カーキ」の組み合わせ。なんとなく似ている色だから、どのようにコーデすれば良いのか迷ってしまったり、中には、自分には似合わないと思い込んでいる方も多いみたい。ナチュラルコーデがトレンドの今、この2色を使わないなんてもったいない!
そこで、ベージュ×カーキをおしゃれに着こなすテクニックから季節別コーデまで徹底レクチャー。ぜひ参考にしてみてください。

▼カーキシャツ×ベージュロングスカート 

着ていて安心するような自分の得意なシルエットでベージュ×カーキを投入すると、失敗が激減! 抜き衿シャツ×ロングスカートのゆるシルエットが好きなら、そこにこの2色を合わせてみて。さまざまなスタイルにはまる2色だからこそ挑戦しやすくなるはず。

【春夏】コーデ

春夏にベージュ×カーキを着こなすなら、淡い色合いで爽やかさを演出したり、ゆるっとしたアイテムでリラックス感を漂わせてみて。今期トレンドのサファリテイストも表現できるからおしゃれに大人っぽく見える効果は抜群です。

スカートスタイル「春夏」

▼カーキトップス×ベージュフロントボタンスカート

ベージュのフロントボタンスカートに、ロングガウンを羽織ったゆるコーデの引き締め役にカーキトップスをIN。明るいベージュの面積を広めに取ると、春夏らしい軽やかな印象をメイク可能。

パンツスタイル「春夏」

▼カーキジャケット×ベージュワイドパンツ

控えめミリタリーデザインのカーキジャケットに、ボリューミーなベージュワイドパンツを合わせたハンサムコーデ。コットンやリネンなどの涼しげ素材を使うことで、渋色コーデも爽やかに着こなせる!

アウター

▼カーキミリタリーコート×花柄スカート

花柄フレアスカートを、ミリタリーコートで辛口に着こなしたサファリコーデは、カーキの分量が多め。明るいトーンのカーキをセレクトして、春夏らしいライトな印象を作ってみて。

【秋冬】コーデ

秋冬にベージュ×カーキを着こなすなら、色の濃度を濃い目にしてウォーム感を漂わせたり、秋冬らしい素材感で温感アップを狙って。大人の余裕を感じさせてくれる2色で、スマートな装いを目指そう。

スカートスタイル「秋冬」

▼カーキジャンスカ×ベージュリブニット

エプロンタイプのカーキジャンパースカートのインナーにワイドリブのベージュニットを合わせたレイヤードコーデは奥行きたっぷり。エンパイア切替でスタイルアップも◎。黒小物で引き締めて大人っぽく仕上げて。

次ページ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW