BEAUTY

秋顔を作る! ブランド別・今買うべきアイテムをチェック

2019/08/09
PR 株式会社 そごう・西武

毎日暑い日が続く今の季節だけど、ひと足お先にポイントメイクで秋を取り入れてみるのはいかが? 気になる新作からブランドがイチオシするアイテムまで、この秋買うべきコスメを大公開。

  • 1 / 10

    CHANEL(シャネル)
    秋顔をモードにシフトさせるブラック&ホワイトの世界観

    白と黒――2019年シャネルの秋冬は、ブランドを象徴するふたつの色がテーマ。コレクションのなかでも特に目が離せないのが、シャンパンゴールドとシルバーのパールがきらめく「ル ジェル パイユテ」。メイクの仕上げに頬やデコルテになじませるだけでドレッシーなツヤをオンできるアイテム。目元は「オンブル プルミエール トップ コート」でまぶたに濡れたような輝きと「スティロ ユー ウォータープルーフ」によるホワイトラインを。指先を「ヴェルニ ロング トゥニュ」でブラック&ホワイトにコーディネートすれば、モードななかにエレガントさの宿るルックが完成する。

    左上:オンブル プルミエール トップ コート(上から327、317) 各¥4,000、右上:ヴェルニ ロング トゥニュ(左から 711、713) 各¥3,200、下:ル ジェル パイユテ ¥5,800(すべて8月9日西武渋谷店先行数量限定発売、8月16日全国数量限定発売) 中央:スティロ ユー ウォータープルーフ 949 ¥3,200(8月9日西武渋谷店先行発売、8月16日全国発売)

    詳細を見る
  • 2 / 10

    TOM FORD BEAUTY(トム フォード ビューティ)
    トレンド感ある眼差しと芯の強さを引き立てるパレット

    ブランドのアイコン的存在のアイカラーから秋のファッションに似合うニューカラーが登場。往年のフィルムノワールをネーミングに冠した3色は、つややかな女性らしさからマニッシュな表情まで、幾通りもの魅力を引き出す色展開。シアー、マット、シマーなど異なる質感で設計された4つの色は、組み合わせ方次第で、ヌーディにもモードにも変幻自在。ひとつ持っておけば秋らしいトレンドメイクが叶うワンアイテム、ぜひゲットして!

    アイ カラー クォード(左から03A、05A、04A)各¥9,200(8月16日発売)

    詳細を見る
  • 3 / 10

    THREE(スリー)
    ひとつ持っているだけでバリエ豊富なメイクを約束

    さまざまなクリスタルをイメージしたアイカラーパレットがデビュー。4つの色と異なる質感がひとつになったパレットは、重ねて使うのはもちろん、単色使いでも深みのある目元を表現可能。パレットの右上のクリームアイシャドウは、アイベースとしてまぶた全体に使ったり、メイクの仕上げに目尻やまぶたのトップにひと塗りして、ツヤ感を演出するように使っても。アイディア次第で何通りものメイクを楽しめるパレットは、毎日のメイクをワクワクさせてくれる。

    ディメンショナルビジョンアイパレット(左から05、03、右上:04、右下:02) 各¥6,500(8月7日発売)

    詳細を見る
  • 4 / 10

    LUNASOL(ルナソル)
    新たな魅力を開花させる光とツヤを操るコレクション

    ベーシックメイクに欠かせないブランド・ルナソルがこの秋リニューアルして登場。新しくなったルナソルが発信するのは、見る者を魅了して止まない発光するような美しさ。「アイカラーレーション」は右上の“イルミネイティングカラー”をベースに塗ることで、つややかな目元を実現。2色セットの「カラーリンググレイズ」で内側からにじむような血色感を頬にさし、リップとグロスの「ドレスフォーリップス」で唇にとろけるツヤをまとえば、誰もがドラマティックな秋顔に。

    左から:ドレスフォーリップス 06 ¥4,200、カラーリンググレイズ 02 ¥6,200、アイカラーレーション 01 ¥6,200(すべて8月16日発売)

    詳細を見る
  • 5 / 10

    JILL STUART(ジルスチュアート)
    真珠の輝きをまぶたにのせていつだって愛される女に

    ジルスチュアートの秋は、世代を超えて愛され続ける真珠の輝きをメイクに取り入れたアイテムがラインナップ。なかでもファッションに合わせて使い分けたいのがアイカラー。上品で奥行きのある瞳をつくる「エターナルクチュール アイズ ベルベット」は、柄ワンピースなどクラシカルなファッションに。ざっくりしたニットには透明感と贅沢なきらめきの「エターナルクチュール アイズ シマー」で大人のピュアさをオン。上質な光を放つ目元で、愛され上手な女らしさを手に入れて。

    上:エターナルクチュール アイズ シマー 04 ¥5,000 下:エターナルクチュール アイズ ベルベット 01 ¥5,000

    詳細を見る
  • 6 / 10

    DECORTÉ(コスメデコルテ)
    上質感とトレンドが叶う秋のスタメンリップ

    肌の乾燥とともに気になり始める唇の乾き。コスメデコルテの新リップは、高い保湿効果で、気になる唇の乾燥をしっかりケアしつつも、旬のソフトマットな仕上がりを実現する大人に嬉しいアイテム。とろけるような質感と、ブラウン、レッド、ローズ、ピンク、ベ ージュ系の豊富なカラーバリエーションは、どんなシーンも上品さとトレンド感あるメイクを約束してくれる。ポーチやバッグ、ポケットに……。この秋きっと手放せない!

    ザ ルージュ ベルベット 全10色(左からBR301、 RD402、RO600、BE801、PK800)各¥3,500 (8月21日発売)

  • 7 / 10

    LAURA MERCIER(ローラ メルシエ)
    ヌードコンシャスメイクで女性のしなやかさを引き出して

    ローラ メルシエの秋コレクションは、パリジャンのワードローブからインスパイアされた、ヌードトーンのアイシャドウパレットと濃密な質感のマットリップ。12色のアイシャドウパレットは、ヌードカラーからメタリック、モードメイクが叶うダークカラーまで豊富なカラーバリエーション。そんな立体感ある目元に合わせたいのは、濃密な発色となめらかな塗り心地が魅力のマットリップ。血色感をサポートする絶妙な色展開は、チャーミングな色気を引き立ててくれるはず。

    右:パリジャン ヌード アイシャドウ パレット ¥6,100 左:ヴェロア エクストリーム マット リップスティック(手前1909、奥1910)各¥3,100(ともに8月21日数量限定発売)

    詳細を見る
  • 8 / 10

    PAUL & JOE(ポール & ジョー)
    オフィスでもプライベートでもシーンを選ばないカラーシャドウ

    リキッドでもパウダーでもない新感触のアイカラーがデビュー。猫の肉球のようなぷにぷにとした感触は、毎日のメイクが楽しくなること間違いなし! 目元全体がワントーン明るくなるような透け感のある発色は、上まぶたはもちろん、下まぶたにうっすらと仕込むのもおしゃれ。独自のオイルリッチなベースが目元のシワにアイカラーが溜まるのを防ぐほか、パールの飛び散りも防止するので、メイク崩れや夕方の目周りのくすみ※が気になる人にもぴったり。
    ※肌の乾燥による

    スパークリング アイカラー(上・左から06、01、07 下・左から02、04、03)各¥2,700(9月1日発売)

  • 9 / 10

    FANCL(ファンケル)
    メイクするたびハッピーに。スイーツのようなコレクション

    ファンケルのメイクテーマは“メイクアップ パティスリー”。見ているだけで心躍るスイ ーツのようなアイテムがラインナップ。ボール状のチークとハイライトがひとつになった「カラーボールチーク」は、ブラシでふんわりと頬全体になじませると、顔色のトーンア ップが可能に。クリームとパウダーがセットになった「デュアルアイカラー」とボルドー色の「ロングラッシュマスカラ」で目元を強調すれば、フェミニンさの中に強さが見え隠れする色っぽい秋顔が完成。

    左から:カラーボールチーク 78 ¥2,300(ブラシ付き)、デュアルアイカラー 76 ¥1,500、ロングラッシュマスカラ 82 ¥2,191(すべて8月20日数量限定発売)

  • 10 / 10

    LES MERVEILLEUSES LADURÉE(レ・メルヴェイユーズ ラデュレ)
    赤みを上手に使いこなして女っぽさを引き立てて

    ポーチの中に入っているだけで気分が高まる。毎シーズンそんなアイテムを届けてくれるレ・メルヴェイユーズ ラデュレのメイクコレクション。今秋は、バラのモチーフがエレガントな「リキッド ルージュ」とドット柄がクラシカルで愛らしい「アイカラー コレクション」がお目見え! 赤みを帯びたフェミニンな目元と、ボリューム感あるリップのコーディネートでフレンチシックな秋メイクを。

    上:リキッド ルージュ(左から06、04)各¥3,200 下:アイカラー コレクション 02 ¥5,300

詳細はこちら

※西武・そごうのショッピングサイト「e. デパート」でのお取り扱いにつきましては、数に限りがございます。あらかじめご了承ください。
※商品価格は全て税抜きです。
※このページのリンクは、西武・そごうの公式ショッピングサイトe.デパート(外部サイト)へ移動します。


Photographer:Kevin Chan  Stylist:Michie Suzuki  Text:Junko Yamazaki, Mika Hatanaka Editor:MINE

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW