FASHION

サルエルパンツ《季節別》レディースコーデ17選【ダサ見え回避】のコツとは?

2019/07/23

履きやすさが人気のサルエルパンツ。でも特徴的なシルエットをオシャレに着こなすにはひと工夫が欲しいところ。ここでは季節別のサルエルパンツのきれいめコーデやシューズとの合わせ方を紹介します。

サルエルパンツとは

サルエルパンツとはゆとりのある深めの股下に絞られた裾が特徴のパンツ。病みつきなる履き心地と同時に、特徴的なシルエットを持っているのでコーデへの取り入れ方にひと工夫ほしいアイテムです。

「春夏」のサルエルパンツコーデ

涼しげな着こなしをしたい春夏のコーデ。脚のラインが隠れるボリュームのあるサルエルパンツは抜け感のある着こなしが肝心。春夏のサルエルパンツコーデを紹介します。

「デニム」サルエルパンツ

▼シンプルコーデには柄アイテムを取り入れて

ラフなブラウンのトップスをインして脚長みせしつつ、足元と首元の抜け感を忘れずに。レオパード柄の小物でシンプルなコーデにパンチを効かせて。

▼黒コーデはメタリック小物で盛り上げて

黒トップスに暗めのデニムサルエルパンツの組み合わせ。足の甲に抜け感を出しつつ、シンプルコーデにこそ合うメタリックの小物を使ってみて。

▼ラフ×トラッド風アイテムで個性を発揮

白タンクトップにデニムサルエルパンツのラフな組み合わせ。チェックのトラッド風ジャケットを羽織ることで、ギャップのある着こなしを実現。

「カーキ」サルエルパンツ

▼ラフコーデはアクセサリーで大人らしく

スモーキーなカーキのサルエルパンツには引き締め役としてモノトーンボーダーを合わせてみて。光沢感のあるアクセサリーで抜け感を出した腕に視線を誘導しつつ、ラフすぎない着こなしを実現。

▼スポーツサンダルは抜け感を出してくれる引き締め役

オーバーサイズの黒Tシャツにカーキのサルエルパンツのスポーティーな組み合わせ。黒いスポーツサンダルで足元の抜け感を出しつつ、引き締めて。

「黒」サルエルパンツ

▼シンプルコーデはシルエットに工夫

カーキのトップスに黒サルエルパンツの組み合わせ。トップスの前部分をインして動きのある旬な着こなしを目指して。

「その他カラー」サルエルパンツ

▼モノトーンコーデこそ派手色のアイテムを使って

黒トップス×白のスニーカーのシンプルでモノトーンな組み合わせにこそ、ピンクのパンツを合わせることでコーデを華やかに盛り上げて。

▼マリン風コーデ

ラフなタンクトップに、ルーズなジャケットとパンツのネイビー×白で統一したコーデ。赤のサボサンダルで差し色を入れることでカジュアルなマリン風コーデに。

▼ベーシックカラーコーデは小物づかいで着こなしを底上げ

黒のVネックのトップスにきれいめなベージュパンツを合わせたベーシックカラーコーデ。大人っぽい小物使いでカジュアルなコーデの着こなしを底上げ。

「秋冬」のサルエルパンツコーデ

重ね着もできて、シックなアイテムが多めの秋冬のコーデは、カジュアルなサルエルパンツを採用すると重すぎない着こなしに。そんな秋冬のサルエルパンツコーデを紹介します。

「デニム」サルエルパンツ

▼デニム×チェックの質感で遊び心を発揮

カジュアルなデニムパンツにきれいめな白黒チェックのテーラードジャケットのミスマッチな組み合わせ。質感の違うアイテムで遊び心を存分に発揮して。

「黒」サルエルパンツ

▼モノトーンコーデはくすみ色で和らげて

ハイウエストの黒パンツで脚長見せしたモノトーンコーデ。シャープでスポーティーな組み合わせにカーキのキルティングコートを羽織ると大人らしい着こなしに。

▼トラッド風アウターでカジュアルコーデを大人らしく

黒Tシャツ×黒サルエルパンツ×スニーカーのラフな組み合わせ。トラッド風の白黒チェックコートで大人らしいコーデに仕上げつつ、カジュアルすぎにブレーキを。

その他

▼ラフコーデはシルエットの作り方で着こなしを底上げ

オーバーサイズのジャケットを腕まくりして動きのあるシルエットをメイクして。ラフなコーデは光沢感のある小物で手抜き感のない着こなしに。

▼ラフ×フェミニンアイテムでギャップのある着こなしに

紺のサルエルパンツ×アイスブルーデニムブラウスの組み合わせにスニーカーを履いたカジュアルコーデ。ラフなアイテムを使ったコーデにニットカーディガンを羽織ってギャップのある着こなしに。

次ページ> サルエルパンツと合わせる「靴」
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW