「ニットアップ」でラクして女度を上げる!人気コーデ【41選】2020年版
FASHION

「ニットアップ」でラクして女度を上げる!人気コーデ【41選】2020年版

2020/05/22

大人っぽい女らしさとこなれ感が手に入るニットアップ。上下を別々に着回せるのも魅力的。今回はおしゃれ賢者たちがニットアップをどうスタイリングしているのか、着回し例も盛り込みながら、さまざまな角度から解剖していきます。

ニットアップの意味は?

ニットアップの意味は?のイメージ画像

「ニットアップ」とは、ニット素材のセットアップのこと。上下ニット素材なので、女っぽいのにほどよくラフに仕上がるのが魅力です。また、体の締め付け感もゼロなので、リラックスして過ごしたい一日にもぴったり。

あなたは「パンツ」派?「スカート」派?

ニットアップは「パンツタイプ」と「スカートタイプ」のふたつに分けられます。パンツタイプの方がカジュアル感が強く、スカートタイプはきれいめコーデ向き。

パンツタイプ

▼ロングカーディガンがこなれ感たっぷり

ロングカーディガンがこなれ感たっぷりなコーデ画像

透かし編みのロングカーディガンとパンツのニットアップは、春から初夏にかけて活躍しそう。ちらりと見える素肌がほどよくセクシー。大きめレザーバッグでコーデを引き締めて。

▼ゆるシルエットはトップスをインするとスタイリッシュに

ゆるシルエットはトップスをインするとスタイリッシュにしたコーデ画像

ゆったりしたシルエットのベージュのニットアップ。トップスの前だけをタックインすることでスタイリッシュに着こなせます。のっぺりした印象になるのを避けるため、大ぶりアクセサリーや黒パンプスでちょっぴり緊張感を加えて。

▼ウエストマークでメリハリ

ウエストマークでメリハリをつけたコーデ画像

プルオーバータイプのトップスだと平坦な印象になることも。そんなときはウエストマークしてメリハリをつけてみて。手持ちのベルトを使ってブラウジングしてもOK!

スカートタイプ

▼透かし編みのフレンチスリーブ×ミモレ丈がエレガント

透かし編みのフレンチスリーブ×ミモレ丈がエレガントなコーデ画像

レディな透かし編みのニットアップ。トップスはフレンチスリーブ、スカートはミモレ丈なので大人女子も抵抗なく着られるのがうれしい。サークル型のカゴバッグやシルバーサンダルでおしゃれ気分を盛り上げて。

▼ショート丈トップス×リブニットスカートでスタイルアップ

ショート丈トップス×リブニットスカートでスタイルアップしたコーデ画像

女性らしい雰囲気のベージュニットアップは、ショート丈トップスと、スカートのリブデザインがスタイルをよく見せてくれそう。ネックレスでより縦長ラインを意識するのも効果的。

▼プリーツスカートのニットアップは着回し力抜群

プリーツスカートのニットアップは着回し力抜群のコーデ画像

プリーツスカートがエレガントなニットアップは、セパレートでも着回しやすい一着。ボーイッシュなニットキャップやスニーカーといった対照的なテイストの小物を合わせるあたりが、おしゃれ上級者。

「季節別」春夏はサラッと着られる素材、秋冬はアウター選びが鍵

春夏編では、コットンなどサラッと着られる素材のニットアップコーデを紹介します。秋冬編では、アウターあり・なしの両パターンをチェック。お気に入りのコーデを見つけてみて。

春夏

▼レイヤードを駆使して肌寒い春を乗り切る

レイヤードを駆使して肌寒い春を乗り切るコーデ画像

ピスタチオカラーのニットアップがトレンド感たっぷり。1枚で着るにはまだ肌寒い春は、インナーにロングシャツをレイヤードしてみて。着こなしにメリハリが生まれ、おしゃれ偏差値もアップ。

▼ガウチョパンツで軽快に

ガウチョパンツで軽快にしたコーデ画像

落ち感のある薄い生地で作られたニットアップなら、夏でも涼しげ。短め丈のガウチョパンツで軽やかさも倍増。トップスの裾を出し、最小限のアクセサリーやキャンバスバッグでリラクシーに仕上げつつ、大人かわいい白のバレエシューズで外したテクがお見事。

▼女っぽいニットアップをボーイッシュな小物でカジュアルダウン

女っぽいニットアップをボーイッシュな小物でカジュアルダウンしたコーデ画像

フレンチスリーブにタイトスカートが女っぽいニットアップを、キャップとスニーカーで着崩したコーデ。スカートの前ボタンと長く垂らしたベルトで着やせ効果を狙って。

秋冬

▼ベージュ×キャメルでまとめてリッチに

ベージュ×キャメルでまとめてリッチにしたコーデ画像

タートルネックトップスとパンツのカジュアルなニットアップを、きれいめ小物で囲んでエレガントに昇華。ベージュ×キャメルのリッチな組み合わせは、ぜひマネしたいもの。

▼ロングカーディガン×スキニーをベーシックカラーでまとめたミニマルルック

ロングカーディガン×スキニーをベーシックカラーでまとめたミニマルルックのコーデ画像

ロングカーディガン×スキニーパンツのニットアップを、白Tと黒小物だけでまとめたミニマルルック。のっぺりしがちなベージュのニットアップが、トップスのダブルボタンとパンツのスリットボタンのおかげで、すっきりとしたムードに。

▼(上写真にトレンチコートをプラス)

(上写真にトレンチコートをプラス)したコーデ画像

ひとつ前のコーデにトレンチコートを羽織ってスタイリング。ベージュ×オリーブグリーンの組み合わせが最高にクール!

▼タイトスカートとロングブーツをつなげた旬の装い

タイトスカートとロングブーツをつなげた旬の装いのコーデ画像

カジュアルなのに大人っぽく仕上がるのが、ミディ丈タイトスカートのニットアップ。しっかりウエストマークし、ロングブーツで足元をつなげれば、今どきな色っぽスタイルの完成。

▼(上写真にチェスターコートをプラス)

(上写真にチェスターコートをプラス)したコーデ画像

ひとつ前のコーデに合わせたのは、マニッシュな黒のチェスターコート。女らしいニットアップとのギャップが肝。アクセントとして一点投入したカラフルなバッグで遊び心もプラス。

▼上品なニットアップとソックスブーツでスタイリッシュに着地

上品なニットアップとソックスブーツでスタイリッシュに着地したコーデ画像

ふんわりした袖とミディ丈スカートがエレガント。黒のソックスブーツでスタイリッシュな足元に。

▼(上写真にオーバーサイズカーディガンをプラス)

上写真にオーバーサイズカーディガンをプラス)したコーデ画像

ひとつ前のコーデにオーバーサイズのざっくりカーディガンを羽織ると、一気に親しみやすい雰囲気に。抱きしめたくなる質感がデートにもぴったり!

「色別」着回しやすい色のニットアップでお手本コーデ

カラーバリエーションの多いニットアップですが、とくに着回しやすい色のコーデを集めました。カジュアルもきれいめスタイルもニットアップにおまかせ!

ピンク

▼フェミニンニットアップには辛口アイテムを合わせて

フェミニンニットアップには辛口アイテムを合わせたコーデ画像

フェミニンなピンクベージュのニットアップ。ライダースジャケットやショートブーツなど、黒の辛口アイテムを合わせて甘さを調節するのがポイント。

▼ユニセックスな小物を合わせて媚び感をおさえる

ユニセックスな小物を合わせて媚び感をおさえたコーデ画像

女っぽさ全開のピンクにユニセックスなスリッポンと靴下を合わせると、媚び感が薄れるので女子ウケも◎。太めリブデザインで膨張見えを回避して。

黒&グレー

▼黒×ゴールドでクールな夏のオールブラックコーデ

黒×ゴールドでクールな夏のオールブラックコーデの画像

サラッと着られる薄手のニットアップをかっこよくキメたいなら、ゴールドのアクセサリーや小物をリズミカルに散りばめて。かわいいイメージのポニーテールヘアが外し役。

▼ちょっとしたお出かけにもぴったりなキレカジコーデ

ちょっとしたお出かけにもぴったりなキレカジコーデの画像

Vネック×タイトスカートで女性らしい印象のニットアップは、ラフなのにきれいめに着られるので、ちょっとしたお出かけやランチ会にもぴったり。ゴールドのチョーカーやファーのクラッチバッグでクラス感を高めたら、足元はスニーカーで外して親しみやすく。

▼同じニットアップの雰囲気が一気に変わるスタイリング法

同じニットアップの雰囲気が一気に変わるスタイリング法のコーデ画像

リボン付きロングスカートのニットアップは、リボンを使ってウエストマークし、革小物と合わせればきれいめに。リボンは使わずトップスを前だけインして、斜めがけバッグと白スニーカーでまとめればカジュアルに。

▼トップスの裾を出してリラックススタイル

トップスの裾を出してリラックススタイルのコーデ画像

Vネックとロングフレアスカートのニットアップは、ラフに裾を出してリラクシーに着こなして。ベージュのクラッチバッグとローファーで知的さをプラス。

▼(上写真のトップスを着回したコーデ)

(上写真のトップスを着回したコーデ)の画像

ひとつ前のトップスを着回し。スカート合わせのフェミニンとは一変、センタープレスされた白スラックスと合わせれば、一気にハンサムな雰囲気に。ニュアンスカラーのパンプスとスカーフで女らしさもキープ。

▼アラン編みニットアップで作る大人コーデ

アラン編みニットアップで作る大人コーデの画像

ボリュームのあるアラン編みニットのセットアップが見た目にも温かそうな一着。ユニセックスな「コンバース(CONVERSE)」を合わせて、ほっこり見えを回避。ブラウンのバケツ型バッグでアクセントをつけて。

ベージュ

▼タイトなニットアップを潔くシンプルに

タイトなニットアップを潔くシンプルにしたコーデ画像

タイトなシルエットが印象的でスタイリッシュなニットアップ。ゼブラ柄のミュールとロングネックレスでメリハリをつけつつ、シンプルに着こなして。

▼(上写真にミリタリーシャツをプラス)

(上写真にミリタリーシャツをプラス)したコーデ画像

ひとつ前のコーデにオーバーサイズのミリタリーシャツを羽織って甘さを引き算。フェミニンなニットアップとハンサムなアウターの組み合わせは、こなれ感をアップさせる王道テク。

▼ベージュ×ミントグリーンが旬の組み合わせ

ベージュ×ミントグリーンが旬の組み合わせのコーデ画像

リボン付きカーディガンと透かし編みデザインが華やかなニットアップ。差し色のミントグリーンで旬の香りをまとって。

▼(上写真のカーディガンを着回したコーデ)

(上写真のカーディガンを着回したコーデ)の画像

透かし編みのカーディガンは春に大活躍。ピスタチオカラーパンツ×白シャツにサッと羽織れば、今っぽいキュートな着こなしが完成。

ブラウン

▼オールブラウンコーデをカジュアルシックに

オールブラウンコーデをカジュアルシックにしたコーデ画像

ブラウンは落ち着いた大人の印象を演出するのにぴったりなカラー。長すぎないスカート丈がアクティブな印象のニットアップは、スニーカーもブラウンでまとめてカジュアルシックに仕上げて。

▼上品ブラウンニットアップでオフィスカジュアル

上品ブラウンニットアップでオフィスカジュアルのコーデ画像

ウエストリボンとラップスカート風のデザインが立体的な印象を与えるニットアップ。ほどよく体のラインに沿うシルエットとも相まって、着やせ効果は抜群。きれいめな小物でまとめれば、上品なオフィスカジュアルに着地。

▼(上写真のトップスを着回したコーデ)

(上写真のトップスを着回したコーデ)の画像

ひとつ前のトップスを着回したオフの日コーデ。マキシ丈スカートとキャスケット合わせが、大人の余裕香る装いに。

「靴」とニットアップの関係

合わせる靴によって全体の印象がガラリと変わるのがニットアップ。それぞれの靴が与えるイメージを覚えておけば、もっとスタイリングが楽になる!

スニーカー

▼きれいめスタイル×白スニーカー

きれいめスタイル×白スニーカーのコーデ画像

こなれ感たっぷりなスタイルを目指すなら、スニーカーをチョイス。きれいめスタイルの外し役として白スニーカーは必須。

▼スニーカーとニットアップの色を合わせる

スニーカーとニットアップの色を合わせたコーデ画像

ニットアップとスニーカーの色を合わせてスッキリ見せれば、シックにまとまります。とくに全身カジュアルスタイルのときにおすすめなテク。

パンプス

▼個性的なフラットパンプスでおしゃれ度アップ

個性的なフラットパンプスでおしゃれ度アップしたコーデ画像

さりげなく個性を出せるのがフラットパンプス。乙女な印象の透かし編み二ットアップを、同系色の足袋パンプスで仕上げて、おしゃれ偏差値の高さをアピール。

▼ヒールパンプスできちんとした印象に

ヒールパンプスできちんとした印象にしたコーデ画像

カジュアル度の高いニットアップを、きちんとスタイルやオフィス仕様にしてくれるのがヒールパンプス。バッグやアクセサリーもきれいめにシフトして。

サンダル

サンダルのコーデ画像

しっかり抜け感を作りたいときはサンダルを合わせて。ヒールタイプはきれいめコーデに。スポーツサンダルやビーチサンダルも、カジュアルなニットアップスタイルに好相性!

ブーツ

ブーツのコーデ画像

カッコいい秋冬スタイルを目指すなら、断然ブーツがおすすめ。足元にしっかりボリュームを作ってスタイルアップも狙おう。

「ぽっちゃり」さんにおすすめのニットアップ

ニットアップは体の線を拾うから太って見えそう……と躊躇している方におすすめしたいデザインをご紹介。トップスは落ち感があり、ゆるめシルエットでお尻が隠れる丈がマスト。ボトムスはスッキリ縦長デザインを選んでみて。

ボクシートップス×ストレートパンツ

ボクシートップス×ストレートパンツのコーデ画像

ボクシーでお尻まで隠れるビッグシルエットのトップスが、気になる部分をスッキリとカバー。ストンとしたパンツのストレートシルエットも着やせ効果あり。足元はネイビーになじむ黒パンプスでつないで、より縦長を意識して。

ポンチョ風トップス×タイトスカート

ポンチョ風トップス×タイトスカートのコーデ画像

落ち感のあるポンチョ風デザインのトップスならストレスフリーで着こなせそう。ボトムスはぴったりしすぎないタイトスカートで縦のラインを作るとGOOD。定番の黒小物でしっかり引き締めて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW