「アンクルパンツ×スニーカー」コーデ
FASHION

「アンクルパンツ×スニーカー」で脱無難!大人のベーシックコーデが即完成

2019/07/23

アンクルパンツは、足を通すだけでオシャレに見える優秀アイテムです。ラフすぎず、合わせる服を選ばない着まわしの良さもこのパンツの魅力といえます。さらに、スニーカーをオンすれば、大人のベーシックコーデが即完成できるのもうれしいポイント。パンツの丈が少し短めなので、いろいろなデザインのスニーカーにも合わせやすく、足元はスッキリ。そこで今回は、オシャレ上級者のアンクルパンツ×スニーカーコーデを集めました。

スニーカーに合う「アンクルパンツのデザイン別」コーデ

アンクルパンツといっても、デザインや種類はさまざま。まずは、各デザインのアンクルパンツとスニーカーのコーディネートを見ていきましょう。お好みのパンツのデザインを見つけて、ぜひ参考にしてみてください。

カラーテーパードパンツ

▼グレー×白スニーカー

グレー×白スニーカーのコーデ画像

グレーのセンタープレスパンツに、ざっくり編みのタートルネックセーターとスニーカーの色味を合わせた、統一感のある大人カジュアルなコーディネート。トップスのボリュームは、足首の肌見せでバランスを調整して。

▼カーキ×白スニーカー

カーキ×白スニーカーのコーデ画像

渋い色味のカーキに白のトップスを合わせた一見シンプルな装いながら、トップスのパワーショルダーがモードに変換してくれる。アニマル柄の小さめポシェットもアクセントになって◎。

▼ピンク×黒スニーカー

ピンク×黒スニーカーのコーデ画像

甘めのピンクを黒のスニーカーで引き締めたパンツスタイル。派手な柄のシャツや黒小物で甘辛バランスもGOOD。

デニム

▼ブリーチデニム×オレンジスニーカー

ブリーチデニム×オレンジスニーカーのコーデ画像

ブリーチデニムはゆるやかなテーパードがかかっていて、足元もスッキリ。スニーカーはトップスと同じオレンジで合わせて、とことんストリートに。色落ちが激しいブリーチデニムは、テーパードシルエットならクラシックなスタイルにも合うのでオススメです。

▼ワンウォッシュデニム×スニーカー

ワンウォッシュデニム×スニーカーのコーデ画像

どこかトラッドな雰囲気漂う、赤いリブ編みカットソーとワンウォッシュのスキニーデニムを、シャープな印象のハイテクスニーカーで外したスタイル。モードなメッシュバッグとスニーカーのテンションが合っていて、全体にまとまって見える。

▼ブラックデニム×スニーカー

ブラックデニム×スニーカーのコーデ画像

白と黒のモノトーンコーデもブラックデニムにすれば、無骨な装いのなかにモードなひとクセを加えてくれる。さらに黒のスニーカーが、ラフな T シャツスタイルをクールに仕立ててくれる。

ワイドパンツ

▼ネイビーワイドパンツ×スニーカー

ネイビーワイドパンツ×スニーカーのコーデ画像

ネイビーのワイドシルエットのアンクルパンツに、光沢感のあるシルバーのスニーカーでメリハリをつけて。ハットやシャツワンピのナチュラルなテイストと、メタリックなスニーカーのバランスが絶妙にマッチした、技ありコーデ。

▼ブラックワイドパンツ×スニーカー

ブラックワイドパンツ×スニーカーのコーデ画像

旬のワイドシルエットはストライプのアクセントが◎。さりげないコントラストのマルチストライプがカジュアルながら大人っぽい雰囲気を演出し、アンクル丈で足元も軽やか。

ブラックスキニー×スニーカー

ブラックスキニー×スニーカーのコーデ画像

オールマイティに活躍するブラックスキニーには、一気にオシャレ見えするベージュが好相性。ボトムス以外をオールベージュでまとめれば、女心をくすぐる配色の大人カジュアルが完成。

ネイビーセットアップ×スニーカー

ネイビーセットアップ×スニーカーのコーデ画像

アンクルパンツのセットアップなら、カジュアルでもドレスでもオールマイティに活躍してくれる優秀アイテム。少しかしこまったオケージョン仕様のときは、クリーンなイメージのある白いクラシックなスニーカーがベスト。

アンクルパンツに合う「スニーカーのデザイン別」コーデ

アンクルパンツと同様に、スニーカーのデザインもさまざま。そこで、ここではスニーカーの種類ごとに分類したコーディネートを集めてみました。ワードローブのスニーカーを思い浮かべなら、参考にしてみるのもよいかも。

ハイテク系

ハイテク系スニーカーのコーデ画像

コロンとした独特なフォルムと、ソールに搭載されたエアーで、ボリューム感満載のAIR MAX95は、同色のピンクベージュのアンクルパンツで縦のラインを強調して。センタープレスが入ったきれいめパンツと、程よいボリューム感の足元が相性抜群。

ローカット

ローカットのコーデ画像

レトロな印象のオールスターのローカットは、履くだけで上級者感が漂う半端丈のブーツカットで、よりレトロ感を強調して。

ハイカット

ハイカットのコーデ画像

ストリート感の強いぼってりしたハイカットスニーカーには、ゆるやかにテーパードがかかったアンクルパンツで、足元にすっきりとした印象を。カジュアルなスタイルだけでなくクラシックなスタイルとも好相性。

スリッポン

スリッポンのコーデ画像

アッパーにシューレースなどのデザインが一切ない無地のスリッポンには、同様にシンプルなブラックスキニーでソリッドにまとめて。さらにオーバーシャツやインナーのプリントTで抜け感をプラス。

アンクルパンツ×スニーカーの「靴下別」コーデ 

オシャレな人ほど靴下上手です。アンクルパンツは少し短い丈感ゆえに、靴下のコーディネートも重要です。とはいえ、毎朝服や靴との組み合わせを考えるのは面倒くさい……。そんなときは、手軽に実践しやすい「なじませ靴下」or「スパイス靴下」をオススメします。

なじませ靴下

▼白

白の靴下のコーデ画像

どんな色とも合う無敵の白い靴下ならボトムスやスニーカーの色を選ばない上、瞬時に全体となじんでくれる、困ったときの救世主的アイテム。

▼ベージュ

ベージュの靴下のコーデ画像

ベージュの靴下は、淡い色味で肌の色に近いのが特徴。そのため、似たような淡い色味や同系色のコーデになじませやすく、全体にやわらかい印象を与えてくれます。

▼ブラック

ブラックの靴下のコーデ画像

ハードな色落ちのヴィンテージ感あるデニムとグレーのハイテクスニーカーという、一見テイストの異なる組み合わせは、黒い靴下で全体を引き締めて馴染ませれば、都会的な雰囲気に。

スパイス靴下

▼赤

赤の靴下のコーデ画像

差し色にしやすい赤い靴下は、ブルージーンズに合わせた明快な色合いがポイント。さりげなくマフラーの色を拾って統一感をもたせたのも◎。

▼ロゴ

ロゴ入り靴下のコーデ画像

大胆に大きく配置されたブランドロゴが印象的な靴下は、靴下と同色のハイカットスニーカーでチラ見せして控えめにアピール。

見せない

靴下を見せないコーデ画像

あえて靴下を履かない、もしくはスニーカー用のショートソックスで合わせて、くるぶしからのぞく肌見せを狙ったコーデ。足元に抜け感を出すことで、ボリュームのあるトップスもスッキリ軽やかに。タイトにまとめたお団子ヘアも爽やかで◎。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW