FASHION

エスパドリーユでつくるリラクシーコーデ!1足あれば断然便利

2019/07/23

履くだけで瞬時に涼しげなスタイルをつくってくれるエスパドリーユ。リゾートではもちろん、毎日のおしゃれにも取り入れやすく、履き心地が良くて通気性に優れている、という万能アイテム。今回はそんなエスパドリーユを使ったコーデをお届け!

エスパドリーユとは?

エスパドリーユとは、底部分が麻(ジュート)でできており、底とアッパー部分を目立つステッチで縫い合わせた、フランスとスペイン生まれの靴のこと。アッパー部分がキャンバス地でヒールの高さのないものが伝統的ですが、最近はキャンバス地以外だったり、スリッポンタイプに加えてサンダルなど、バリエーションが広がっています。

どんな種類がある?

キャンバス地のスリッポン型

キャンバス素材の布が甲まですっぽり足を覆うので安定感があり、非常に楽で歩きやすいです。また通気性が良くて蒸れにくいので、素足で履くのに向いています。

キャンバス地以外のスリッポン

アッパー部分がレザーやスエードなど、キャンバス地以外の素材も多く使われています。キャンバス地のものよりカジュアル感が薄れるので、コーデによっては合わせやすそう。ただし通気性はそこまでありません。

リボンを足首で結ぶタイプ

かかと部分についたリボンを足首で結ぶタイプは、可愛らしさが一気に高まるだけでなく、歩くときの安定感を増してくれます。

サンダル

▼ウェッジソールサンダル

エスパドリーユサンダルもいろいろなタイプが出ていますが、ウェッジソールタイプは安定感があり、ウェッジ部分の麻が目立ってより夏らしくなるのでおすすめ。

▼ミュールタイプ

ミュールタイプのエスパドリーユはこれ以上ないこなれ感を出せそう。

エスパドリーユ「色別」コーデ

ここからは、実際にエスパドリーユを使ったコーデを色別に紹介していきます。

次ページ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW