FASHION

エスパドリーユでつくるリラクシーコーデ!1足あれば断然便利

2019/07/23

履くだけで瞬時に涼しげなスタイルをつくってくれるエスパドリーユ。リゾートではもちろん、毎日のおしゃれにも取り入れやすく、履き心地が良くて通気性に優れている、という万能アイテム。今回はそんなエスパドリーユを使ったコーデをお届け!

エスパドリーユとは?

エスパドリーユとは、底部分が麻(ジュート)でできており、底とアッパー部分を目立つステッチで縫い合わせた、フランスとスペイン生まれの靴のこと。アッパー部分がキャンバス地でヒールの高さのないものが伝統的ですが、最近はキャンバス地以外だったり、スリッポンタイプに加えてサンダルなど、バリエーションが広がっています。

どんな種類がある?

キャンバス地のスリッポン型

キャンバス素材の布が甲まですっぽり足を覆うので安定感があり、非常に楽で歩きやすいです。また通気性が良くて蒸れにくいので、素足で履くのに向いています。

キャンバス地以外のスリッポン

アッパー部分がレザーやスエードなど、キャンバス地以外の素材も多く使われています。キャンバス地のものよりカジュアル感が薄れるので、コーデによっては合わせやすそう。ただし通気性はそこまでありません。

リボンを足首で結ぶタイプ

かかと部分についたリボンを足首で結ぶタイプは、可愛らしさが一気に高まるだけでなく、歩くときの安定感を増してくれます。

サンダル

▼ウェッジソールサンダル

エスパドリーユサンダルもいろいろなタイプが出ていますが、ウェッジソールタイプは安定感があり、ウェッジ部分の麻が目立ってより夏らしくなるのでおすすめ。

▼ミュールタイプ

ミュールタイプのエスパドリーユはこれ以上ないこなれ感を出せそう。

エスパドリーユ「色別」コーデ

ここからは、実際にエスパドリーユを使ったコーデを色別に紹介していきます。

▼ロングワンピースと

シンプルなカットソー素材のワンピースにエスパドリーユを合わせると、ビーチサンダルやスニーカーよりきれいめに、バレエシューズよりも夏らしく仕上がる。

▼ベイカーパンツと

カジュアルなイメージのエスパドリーユも、ウェッジソールのサンダルタイプはちょっとしたお出かけスタイルにも対応。ベイカーパンツと相性抜群。

▼膝丈ワンピースと

リボン付きのエスパドリーユは女子だけが履ける特権! 膝丈ワンピをまとって気分はグッドガール。

▼全身ホワイトコーデのアクセントに

夏の全身ホワイトスタイルには、さりげなくエスパドリーユで引き締めこなれ感を。

ベージュ&ブラウン

▼今っぽいベージュコーデ

今っぽさをを出したいならエスパドリーユもベージュを選んで。オーバーサイズのシンプルTにドット柄のロングスカートだけでも旬なスタイルに決まる。

▼Aラインワンピースと

体が泳ぐノースリーブワンピは、暑い夏を快適に乗り切る強い味方。合わせる小物によっては幼くなりがちなデザインも、エスパドリーユサンダルとクリアバッグで、大人のコンフォートスタイルが実現。

▼ウェッジソールでスタイルアップ

ジーンズとタンクトップの2アイテムだけ! の海外セレブ風コーデは、ウェッジソールでさりげなく美脚をアピール。

▼細身ブラックパンツと

全身黒のマニッシュコーデに、白のエスパドリーユがちょうどいい外し役。

▼ワイドパンツと

ワッフル素材のベージュパンツとボーダーカットソーのシンプルコーデに、さりげなくエスパドリーユを合わせて、気負いのないフレンチスタイルが完成。

▼ショートパンツと

ゆるボーダーTにショートパンツと白のエスパドリーユで、大人の余裕を感じる休日コーデ。

▼つなぎパンツと

バックデザインが個性的なつなぎパンツはエスパドリーユとかごバッグではずして、上級者のオーラが漂う着こなし。エスパドリーユはかかとを潰して履くのも断然あり!

鮮やかカラー

▼オールインワンと

白いオールインワンのアクセントに鮮やかな黄色のエスパドリーユを合わせ、こなれ感を出して。

▼エスパドリーユが主役

タンクトップにショートパンツのシンプルリゾートコーデの仕上げには、鮮やかなブルーのエスパドリーユで個性を発揮。

▼プリント柄のマキシ丈ワンピースと

ピンクのペイズリー柄ワンピースをより大胆に着たいなら、シルバーのエスパドリーユでエッジを効かせて。

▼ブラックコーデのアクセントに

緑色のサンダルとバッグがアクセントに。マンネリになりがちなブラックコーデは、お気に入りの小物で気分をあげて。

柄入り

▼ネイティブ柄

ネイティブ柄のエスパドリーユとバッグの模様をリンクさせた遊び心のあるコーデ。

▼フェミニンな刺繍入り

ボリュームワンピースには、エスパドリーユで軽快に。アッパー部分が刺繍布なのでより軽やか。

▼何にでも合わせやすいストライプ

デニム×白シャツの鉄板コーデに、ストライプ柄のエスパドリーユで引き締め、こなれ感溢れるカジュアルスタイル。バッグはあえてコンサバなものを選ぶのが◎。

エスパドリーユは秋冬も履ける?

エスパドリーユは素足で履くのが絶対格好いいので、寒い季節に靴下やタイツと合わせて履くのは避けたいところ。ただ、素足でも不自然でないほど暖かい日などはあり!

ハイブランドのエスパドリーユでリッチに!

袖のリブ部分がないパーカー、ブラック系のクリアバッグ、と細部にこだわったコーデにはシャネルのエスパドリーユでさりげなく箔付けを。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW