レーストップスのインナー重ね着コーデ【26選】
FASHION

レーストップスのインナーってどうするの?おしゃれに見える重ね着コーデ【26選】

2019/12/25

繊細な透け感がおしゃれなレーストップスですが、いざ着るとなると意外とインナーに困ってしまうもの。適当に重ね着して、レースの質感を台無しにしてない?
そこで、レーストップスをおしゃれにアップデートしてくれるインナーの選び方を徹底解説! 色別に細かくレクチャーします。

レーストップスに合わせるインナーは何着る?

レーストップスのインナーは、「色・形」にこだわって選ぶのがおしゃれ見えのコツ。3つのポイントをレクチャーするので、なりたいイメージやシーンに合わせて選んでみて。

馴染ませたいなら同系色のインナーを合わせる

レーストップスに同系色のインナーを合わせた画像

レーストップスとインナーをなじませてさりげない印象に仕上げるなら、肌かレーストップスと同色系のインナーをセレクト。こちらは、肌なじみの良いベージュインナーを使ってあえて存在感を消すことでなじんだ印象をメイク。

統一感を出すならモノトーンでまとめて

白レーストップスと黒インナーでモノトーンでまとめた画像

コーデの統一感を重視するなら、白×黒のモノトーンでまとめてみて。こちらは、白レーストップスに黒インナーを合わせたスタイリング。その他のアイテムもモノトーンで統一してすっきり!

軽い印象にするならタンクトップやキャミを重ねよう

タンクトップやキャミを重ねた画像

レーストップスを軽い印象で着こなすなら、透け感を活かせるタンクトップやキャミソールをINして。ベアトップでもOKです。肌を透けさせることでシアーな軽さが生まれます。

『長袖レーストップス』とインナーの重ね着コーデ

レーストップス×インナーを重ねるときのポイントを押さえたら、次は実際におしゃれコーデをチェックしていきましょう。
まずは、長袖レーストップスの着こなしから。上手く透け感を調整して、おしゃれバランスに引き上げて。

スクエアキャミを合わせてシャープなデコルテに

スクエアキャミを合わせた画像

こちらは、スクエアネックのレーストップスに胸元がストレートラインにデザインされたスクエアキャミを重ね着。無駄な曲線を排除してシャープなデコルテを演出して。同じ白を重ねることでなじませています。

ベアトップで可憐に透けさせる

ベアトップを透けさせた画像

長袖レーストップスのインナーをベアトップにすると、デコルテから腕まで可憐に透けてほんのり色気を感じる仕上がりに。同系色でまとめれば、透ける量が多くてもいやらしくなりません。

キャミソールをインナーにしてヘルシーに

キャミソールをインナーにした画像

キャミソールをインナーにすると、デコルテの透け感を抑えつつ程よいシアー感に。デニムスカート×スニーカーのカジュアルコーデに組み合わせて、ヘルシーな着こなしを目指してみて。

タックアウトで重ね着感を楽しむのもおすすめ

タックアウトで重ね着感を楽しんだ画像

こちらは、同じキャミソールの重ね着ですが、あえてウエストをタックアウトして腰まわりの奥行きをアップ! 短めキャミと長めのレーストップスの丈感の違いを活かして、裾も透けさせたバランスが秀逸。

『ベージュレーストップス』とインナーの重ね着コーデ

次は、レーストップスの色別にインナーの重ね着コーデをご紹介!
優しげベージュのレーストップスは、色のニュアンスを潰さないようにレイヤードすることを心がけて。

同色系ベアトップでなじませ

同色系ベアトップでなじませた画像

こちらは、ベージュレーストップスに同じ色合いのベアトップを重ね着してなじませたコーデ。上半身の色味を合わせることで、カラーパンツの色合いを邪魔せずパーフェクトな配色コーデが完成!

キャミソールをインナーにして胸元の奥行きを作る

キャミソールをインナーにした画像

胸元に曲線が生まれるキャミソールをインナーにすれば、デコルテにさりげなく奥行きを作れる! デニム合わせのシンプルなワンツーコーデを地味見えさせないテクニックです。ふんわり袖のレースブラウスで女っぽカジュアルに。

控えめな透け感なら白をインナーにしてヌケ感を

白をインナーにしてヌケ感を出した画像

レースの柄が大きくて透け感控えめなトップスなら、白インナーを投入して明るい印象に。さりげなくヌケ感をメイクできるので、濃色ボトムスともバランス◎。透け感が少ないから女っぽくなり過ぎずデイリーに着こなせる。

ベージュワントーンなら黒をインナーにしてさりげなく引き締め

ベージュワントーンに黒をインナーした画像

レーストップス×スカートをベージュで統一したワントーンコーデは、淡い色だからこそ間延びしがち。そんなときは黒インナーをさりげなく透けさせて引き締めて。ほとんど見えないけれど、その効果は絶大!

『白レーストップス』とインナーの重ね着コーデ

白のレーストップスは、クリアな清潔感が魅力のアイテム。その雰囲気をキープできるインナー合わせで洗練されたコーデを目指してみて。

黒インナーを合わせてボトムスと自然な繋がりに

黒インナーとボトムスを合わせた画像

白レースブラウス×黒ワイドパンツのモノトーンコーデは、黒インナーを透けさせて上半身と下半身の自然な繋がりを作ってみて。ビビッドピンクのサークルかごバッグをアクセントに。

キャミソールを重ね着して上品コーデ

キャミソールを重ね着した画像

フリル袖が可憐なブラウスには、キャミソールを重ねて上品コーデに。同色の白インナーを入れて、クリアな清潔感をキープして。ベージュパンツを組み合わせて、オフィスでもOKなオンコーデに。

ベアトップをインナーにしたスマートコーデ

ベアトップをインナーにした画像

こちらは、ベアトップをインナーにしたスマートな着こなし。ミニマムな形を投入することで、インナーの存在感を極限まで抑えて。レースの柄とブラウンスカートの色合いをとことん楽しむスタイリング。

胸元の開きが広いならレースタンクをIN

レースタンクをINした画像

深いVネックなど胸元が大きく開いたレースブラウスは、チラ見えしても可愛いインナーを選びたい。レースタンクやキャミソールなら、胸元をおしゃれに飾ってくれます。白で色を統一すれば悪目立ちせず◎。

『黒レーストップス』とインナーの重ね着コーデ

大人っぽいシアー感が楽しめる黒レーストップスは、透けて見える素肌がリュクスな雰囲気。ほんのり色気を感じるくらいに露出を抑えるのがおしゃれに見えるポイントです。インナーを上手に使って調整してみて。

黒レーストップス×キャミソールで定番コーデ

黒レーストップス×キャミソールのコーデ画像

黒レーストップスに同色キャミを重ねた定番コーデは、ブラックデニムを合わせてモードカジュアルに。タックインすることでスタイルアップ&立体的なシアー感を演出して。イエローパンプスが明るいアクセント。

モードなカッティングでさりげなく差をつけて

胸元のカッティングがモードなインナーのコーデ画像

胸元のカッティングがモードなインナーを使えば、さりげなく周りと差のつくコーデが完成。テーパードパンツや上品バッグを合わせて大人の上品な透け感を楽しんで。レースの控えめな柄も大人顔。

白インナーちら見せでヌケ感をON

白インナーちら見せでヌケ感を出した画像

深いVネックの黒レースブラウスは、白インナーをチラ見せさせて上半身にヌケ感をプラス。白×黒×カーキの大人配色で、甘いレースブラウスを辛口に着こなすのが好バランス。スニーカーで親しみやすさも◎。

ミニマルなベアトップでデコルテをきれいに

ミニマルなベアトップでデコルテをきれいにした画像

肌と色差の強い黒レースブラウスは、透けたときの素肌感が強いアイテム。インナーの境界線も目立ちやすい色ですが、ベアトップ合わせならデコルテをキレイに見せることができます。ダークトーンでまとめてシックな装いに。

『カラーレーストップス』とインナーの重ね着コーデ

定番色のレーストップスはベーシックなインナーと合わせやすいけれど、カラーレーストップスの場合はどうすればいい? コーデ全体のバランスを見ながらインナーを選ぶのが大切です。お手本コーデを元に、そのバランスをマスターしてみて。

緑レーストップス×インナー

▼白インナーを使って軽い印象に

白インナーを使って軽い印象にした画像

知的でヘルシーな印象の緑レーストップスは、インナーの色に迷いやすいアイテム。春夏コーデや、軽い着こなしに仕上げたい時は白インナーを使ってみて。さりげなくヌケ感を演出できるはず!

▼黒インナーを使って落ち着いた印象に

黒インナーを使って落ち着いた印象にした画像

ボトムスがダークカラーのときや、落ち着いた印象に仕上げたい日には黒インナーをセレクトして。黒と緑レースが重なってシックな雰囲気に。こちらは、黒フレアスカートを合わせて統一感をメイクしています。

グレーレーストップス×インナー

▼ボトムス同色のインナーでなじませる

ボトムス同色のインナーでなじませた画像

こちらは、ネイビーのワイドパンツにグレーレーストップスを合わせたキレイめコーデ。ワイドパンツと同じネイビーのインナーを使えば、トップスとボトムスの繋がりがなじんでおしゃれ見えは確実!

マスタードレーストップス×インナー

▼同色インナーがセットになったレースブラウスが便利

同色インナーがセットになったレースブラウスのコーデ画像

レーストップス×デニムの大人カジュアルコーデは、マスタードカラーでフレッシュな印象に。同色のインナーがセットになったブラウスなら、合わせるだけでおしゃれ見えが叶うのでとっても便利!

【番外編】レーストップスをインナーとして使おう

レーストップスの中に着るインナーについてレクチャーしてきましたが、最後はレーストップスをインナーとして使うテクニックをお届け! レース素材を重ね着に使って、奥行きコーデを作ってみて。

サロペット×レースブラウス

サロペット×レースブラウスのコーデ画像

グレーのサロペットのインナーに黒レースブラウスを使ったモノトーンコーデは、落ち着いた色合いがシックな印象。繊細なレースやウエストリボンのほんのり可愛いディティールで女性らしさを薫らせて。

ジャンパースカート×レースブラウス

ジャンパースカート×レースブラウスのコーデ画像

こちらは、黒ジャンスカのインナーにレースブラウスをIN。優しいベージュ&可憐なレース素材をインナーに使うことで、黒の辛口な雰囲気を柔らかく中和して。ブラウンのバッグがちょっとレトロなアクセント。

Vネックニット×レースブラウス

Vネックニット×レースブラウスのコーデ画像

Vネックニットの首元から、ハイネックのレースブラウスを覗かせるテクニックもおしゃれ! ゆるっとシルエットのカジュアルコーデにほんの少しレースを足すだけで、クラス感漂うモードな着こなしにランクアップ。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW