FASHION

【ジャケットの種類】をわかりやすく解説!お手本コーデも要チェック

2020/02/13

仕事やフォーマルな場面だけでなく、普段使いでも着られるジャケットは大人の女性にはマストアイテム! ジャケットと一括りにいってもその種類は幅広く、きちんとしたものからカジュアルなものまで、形状・素材とジャケットの種類はさまざまです。今回はそんなジャケットの種類をイラストを使って徹底解説&ジャケッの種類別コーデをご紹介します!

ジャケットの定義とは?

そもそもジャケットのきまりって? スーツの上着と何がちがうの? 今回はそんなジャケットの定義をご説明します! ジャケットとは腰丈からヒップラインくらいまでの丈の上着の総称のことです。ただ、丈で判断する明確な決まりはありません。ショート丈のコートは? との質問には、防寒としての機能や、雨よけ風よけができる衣服の上から羽織るものをコートと定義します。スーツとの違いは、ジャケットの方がよりカジュアルなデザインであるということ。こちらもはっきりとした決まりはありませんが、ジャケットのだいたいのイメージを掴んでいただけたらOKです! 今回はそんなジャケットの種類について、ご紹介していきます。

【1】テーラードジャケット

テーラードジャケットとは

ジャケットの定番!テーラードジャケットは、仕立てのきちんとしたジャケットのことをさします。1枚持っておくと、普段使いからフォーマルな場面まで幅広く役に立つジャケットです。合わせるボトムや小物でシーンに合ったコーディネートを楽しんで。

▼チェックのテーラードジャケット×デニムパンツ

シンプルなカットソーとライトブルーデニムのコーデに、さりげなく使ったイヴ・サン=ローラン(Yves Saint-Laurent)のベルトがコーディネートを格上げ。仕上げはさらりと羽織ったチェック柄のテーラードジャケットで大人のきれいめカジュアルが完成。

▼ベージュのテーラードジャケット×白ワンピース

きちんとしたテーラードジャケットもベージュカラーを選ぶことで柔らかい雰囲気になります。ふんわりとしたアイボリーのワンピースに羽織れば、色のバランスも ◎。黒小物のブーツとスポーティーなバッグで全体を引き締めてコーデの完成。

▼ベージュのテーラードジャケット×黒ショートパンツ

挑戦をためらうショートパンツも、テーラードジャケットと合わせれば不思議と落ち着いた装いに。インナーに白Tを合わせて爽やかな印象をプラスして。

ブレザーお手本コーデ

ブレザーはテーラードジャケットの分類に入りますが、紺色の生地に金ボタンという特徴があります。は海軍の制服がモデルとなっているので、コーデをしっかりさせたいときにきまる一着です。

▼紺ブレ×ハイウエストワイドデニムパンツ

紺のブレザー、ボーダーTシャツ、ワイドデニムパンツと三拍子揃ったマリンな着こなし。コーデの仕上げに鮮やかなエメラルドブルーのバッグとパンプスをもってきて、マリンコーデをさらにブラッシュアップ。

▼紺ブレ×オレンジタイトスカート

知的な紺色と元気なイメージのオレンジ色をミッスクした上級者コーデ。インナーとパンプスにベージュをもってきて、色の強さを緩和。すっきりとした紺ブレにオレンジのタイトスカートを合わせてきれいなIラインシルエットの完成。

サマージャケットお手本コーデ

サマージャケットとは春から夏に向けて仕立てられた上着のことを言います。裏地がないものが多く、薄くて軽量な素材で作られています。紫外線対策や夏の室内クーラーで体を冷やさないためにも一枚あると安心。カーディガンやショールよりもきちんとした上着が欲しいときに重宝する存在です。

▼サマージャケット×ロングスカート

とろみ感のあるライトベージュのサマージャケットに茶色のロングスカートを合わせてカジュアルコーデ。このままフラッとお散歩にでも行きたい装いは、程よく力を抜いたリラックス感を与えてくれます。

リネンジャケットお手本コーデ

リネンはコットンと比べても吸水性、通気性に優れ、春夏のジャケットにぴったりの素材。リネンジャケットは春夏の羽織りものとして、ここ最近注目されている人気アイテムです。気軽に羽織れるのに人目を引く優れものジャケットです。

▼白リネンジャケット×デニムパンツ

白Tシャツにさらっと白のリネンジャケットを羽織って、ライトブルーデニムと合わせた涼しげなコーディネート。足元はサンダルにしてカゴバッグを合わせればリゾートでも楽しめる着こなしに。

▼ベージュのリネンジャケット×ティアードスカート

ロマンティックなティアードスカートもリネンジャケットをさらりと羽織れば、甘くなり過ぎない大人かわいいスタイルに。ベージュのくすみカラーと鮮やかなブルーがベストマッチ。

ダブルジャケット

ジャケットのフロントボタンが2列に並んで仕立てられているものをダブルジャケットと呼びます。男っぽいイメージのダブルジャケットですが、女らしくシフトした着こなしをご紹介します。

▼白のダブルジャケット×ベイカーパンツ

白のダブルジャケットに白のベイカーパンツを合わせてセットアップ風に。小物は黒でまとめてモノトーンな印象のなかに、赤リップで女性らしさを加えたらレディーなコーデの完成。

▼チェックのダブルジャケット×ロングワンピース

実はワンピースと好相性のダブルジャケット。ロング丈のワンピースと合わせて甘辛コーデを楽しんで!

【2】ダウンジャケット

ダウンジャケットとは

ダウンジャケットとは、中に羽毛を詰めた保温性に優れた上着のこと。防寒着として寒い冬には欠かせないジャケットです。

ダウンジャケットお手本コーデ

▼オフホワイトのダウンジャケット×白のパンツ

寒い冬でも体感温度が上がるようなアイボリーのダウンジャケットが主役のコーデ。白系のトーンで統一したコーデの仕上げに、黒ブーツを合わせてコーデ全体を引き締めて。

▼ダウンジャケット×チュールスカート

ダウンジャケットもコンパクトなものを選べば女性らしいシルエットが実現。チュールスカートと合わせれば素材のコントラストが楽しめるメリハリコーデの出来上がり! 黒でまとめたコーデに、えり抜きで見せるライトグレーのニットで抜け感を作って。仕上げはイエローのバッグで差し色をオン。

【3】ブルゾン

ブルゾンとは

ブルゾンとはウエストラインから腰ラインあたりまでの着丈のアウターのことで、裾を絞ったデザインが特徴的なジャケットです。流行りに左右されず、カジュアルコーデには欠かせないない定番アイテムです。

ブルゾンお手本コーデ

▼カーキのブルゾン×ワイドデニムパンツ

ボリュームのあるボトムスにはショート丈のコンパクトなブルゾンがグッドバランス。白のカットソーで抜け感を作ったら、大人カジュアルコーデの完成。

▼ブラウンのブルゾン×ピンクのプリーツスカート

ブラウンとベビーピンクのコントラストが新鮮な甘辛コーデ。プリーツスカートの女性らしさをブルゾンのカジュアルさが甘くなりすぎない絶妙なバランスを取ってくれる。

【4】ライダースジャケット

ライダースジャケットとは

もともとバイクに乗る人のために作られた機能的なジャケットのことで、それが大衆に広まって今のライダースジャケットのスタイルになりました。ライダースジャケットの形状をしていれば素材がなんであれライダースジャケットと呼ばれます。ハードな印象のライダースジャケットですが、初心者さんはインナーやボトム、小物に女性らしいものをもってくると失敗しません。

ライダースジャケットお手本コーデ

▼ライダースジャケット×デニムパンツ

ライダースジャケットに細めのボーダーニットとベレー帽を合わせて、こなれたパリジェンヌな着こなしが魅力的。足元は靴下×パンプスで抜かりのないレディな仕上がりに。

▼ライダースジャケット×プリーツスカート

ハードなアウターには好相性のプリーツスカートで大人のきれいめカジュアルに。素材も色味も真逆のものを上下で合わせることで、ギャップのある着こなしを狙ってみて。

【5】デニムジャケット

デニムジャケットとは

デニムジャケットとはその名の通り、デニム素材からできた上着のこと。春先や秋口に活躍するアイテムですが、冬にコートの中に着てもおしゃれ指数がアップする有能ジャケット。

デニムジャケットお手本コーデ

▼デニムジャケット×デニムパンツ

上下インディゴブルーのデニムでまとめたセットアップ風コーデ。インナーにベイクドオレンジのニットを合わせれば、相性抜群の色合いに。大ぶりのゴールドピアスと赤いリップがコーディネートに華やかさを演出します。

▼デニムジャケット×ピンクのタイトスカート

デニムジャケットとレディーなタイトスカートの組み合わせが絶妙な大人の女性コーデを演出。インナーはイラストが入っている白Tシャツで遊び心をプラスして。

【6】ボアジャケット

ボアジャケットとは

ボアジャケットとはモコモコした羊の毛並みのようなボア生地を使ったアウターのこと。見た目も暖かで和みのある印象です。

ボアジャケットお手本コーデ

▼白のボアジャケット×ネイビーパンツ

黒のトップス×ネイビーパンツには対照的な明るい白のボアジャケットが好バランス。きれいめな印象の白ジャケットも、ボア素材ならカジュアルに着こなせる。

【7】ファージャケット

ファージャケットとは

ファーとは「毛皮」のこと。そのファーを使ったジャケットをファージャケットと呼びます。人工毛皮のことをフェイクファーまたはエコファーと呼びますが、まとめて「ファー」と呼ぶ場合もあります。

ファージャケットお手本コーデ

▼黒のファージャケット×黒スキニーパンツ

ボリュームのあるファージャケットもボトムにスキニーパンツをもってきて、メリハリある着こなしに。足元はスリッポンを履いてラフさを加えて。

【8】ミリタリージャケット

ミリタリージャケットとは

ミリタリージャケットとはもともとは軍人さんが着用している服のことで、ファッションでは軍服や軍隊のテイストが入っているジャケットのことをさします。ミリタリージャケットは女性でもかっこよく着こなせる魅力的なアイテムです。

ミリタリージャケットお手本コーデ

▼カーキのミリタリージャケット×黒のスキニーパンツ

膨らみのあるMA-1型のミリタリージャケットにはスキニーパンツで細身のシルエットがかっこよくきまる。ニーハイブーツと合わせればレディ要素が一気に高まる上級コーデ。

▼カーキのミリタリージャケット×黒のタイトスカート

かっこいいミリタリージャケットには黒のタイトスカートが女度を際立たせる。中に着たロックTとスニーカーでスポーティーさをプラスして、このままライブに行きたくなるコーデの出来上がり!

【9】ノーカラージャケット

ノーカラージャケットとは

ノーカラージャケットとは襟のないジャケットのこと。カラーレスジャケットとも呼びます。ノーカラージャケットは1枚持っておくと大変役立ちます。襟がないのでカチっとし過ぎず、女性らしい優しい印象に。それでいてきちんとした形なのでフォーマルな場面でも品良く着こなせます。

ノーカラージャケットお手本コーデ

▼白のノーカラージャケット×巻きスカート

くすみカラーでまとめたラフなシルエットのコーデに、白のノーカラージャケットを羽織るとパッと目を惹くコーデの主役に。

▼グレーのノーカラージャケット×白スラックス

ノーカラージャケットはカーディガン感覚で羽織れるのに、オフィスでもきちんと着こなせる優秀ジャケット。爽やかなオフィスカジュアルの仕上げは、カットソーとパンプスの黒で、コーデを引き締めて。

【10】シャツジャケット

シャツジャケットとは

シャツジャケットとは、シャツの生地でできたジャケットのこと、もしくは上着として着るのに適したシャツのことです。つまり、アウターとして着られるシャツの生地を使ったジャケットのことです。カジュアルな気分のときにアウターをシャツジャケットにすると、一気に大人カジュアルな印象のできあがりです。

シャツジャケットお手本コーデ

▼シャツジャケット×デニムパンツ

オーバーサイズのシャツジャケットにデニムパンツと「コンバース(CONVERSE)」のシューズを合わせてボーイッシュな着こなしの完成! 大人の女性だからこそきまるボーイッシュスタイル。

▼コーデュロイシャツジャケット×白ワンピース

ゆるっとしたワンピースにコーデュロイのシャツジャケットを着崩して羽織ったスタイルがかわいい! 足元はキャメルのショートブーツを合わせてアース系の色合いでコーデをまとめて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW