FASHION

【黒ベルト】でいつもの服を簡単にスタイルアップ! お手本コーデ12選

2019/07/19

ワンパターンな印象を変えたい。定番アイテムをイマドキに着たい……! 着こなしでスタイルアップしたい‼ そんな願いを簡単に叶えてくれるのがベルトを使ったコーディネート。
今回はそのなかでも最も取り入れやすい「黒ベルト」を使ったお手本コーデをご紹介!
普段のスタイルに加えるだけで、一気に雰囲気をチェンジしてくれる黒ベルトコーデにトライして。

簡単にスタイルアップ!【おすすめの黒ベルト7選】

黒ベルトといってもその種類はさまざま。コーデ全体の雰囲気や合わせるアイテムによって使うベルトを選びましょう。まずはおすすめのベルトを「7つ」ご紹介。あなたにぴったりのスタイルがきっと見つかる!

(1)プレーンベルト

細めのベルトは華奢な印象でコーデをより女性らしい雰囲気に仕上げてくれます。
この細さがスカートやワンピースなどに合わせやすいので、レディースならではのアイテム。

プレーンベルトのなかでも最もベーシックな太さ。パンツ合わせはもちろん、色んなスタイルに組み合わせができて便利! ひとつは持っておきたいアイテム。

上の2つより幅広めなこちらはその存在感でコーデを引き締めてくれるアイテム。スウェット×デニムなどのラフなスタイルも、この1本でピリッとスパイスを効かせて。

形はプレーンな黒ベルトでも、バックルにデザインのあるこのタイプはシャツなどの上からしてもおしゃれ度抜群! ワンランク上のコーデにしてくれます。

(2)紐ベルト

結び方次第でさまざまな表情に変身する紐ベルト。リボンのように結んでガーリーに、長さを残し垂らしてエフォートレスな雰囲気に、ちょっと凝った結び方を覚えて個性的に……など振れ幅の広い紐ベルトにトライしてみて。

(3)メッシュベルト

レザーなどを編み込んで作られたメッシュベルトは、柔らかさとデザイン性の高さが特徴のアイテム。ピン式やリング式といったタイプの違いがありますが、どちらも締める際のサイズが自在に変えられるのが便利なポイント!

(4)サッシュベルト

穴の開いていない帯状のベルト。基本的にウエストマークに使うアイテムでスタイルアップ効果は抜群! シャツなどのトップスの上から巻くもよし、ボトムスのウエスト部分に巻いて着なれたアイテムのイメージを変えてみるのも◎。

(5)リングベルト

リングベルトはバックル部分がリング状になっているベルトのことで、リングが2つついているのが一般的。コーデのワンポイントに使えばカジュアルな雰囲気でこなれ感を出してくれるアイテム。メッシュベルト同様に自分のサイズに合わせて長さや締め具合を調節できます。

次ページ> 【春夏】の黒ベルトコーデ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW