FASHION

【黒ベルト】でいつもの服を簡単にスタイルアップ! お手本コーデ12選

2019/07/19

ワンパターンな印象を変えたい。定番アイテムをイマドキに着たい……! 着こなしでスタイルアップしたい‼ そんな願いを簡単に叶えてくれるのがベルトを使ったコーディネート。
今回はそのなかでも最も取り入れやすい「黒ベルト」を使ったお手本コーデをご紹介!
普段のスタイルに加えるだけで、一気に雰囲気をチェンジしてくれる黒ベルトコーデにトライして。

簡単にスタイルアップ!【おすすめの黒ベルト7選】

黒ベルトといってもその種類はさまざま。コーデ全体の雰囲気や合わせるアイテムによって使うベルトを選びましょう。まずはおすすめのベルトを「7つ」ご紹介。あなたにぴったりのスタイルがきっと見つかる!

(1)プレーンベルト

細めのベルトは華奢な印象でコーデをより女性らしい雰囲気に仕上げてくれます。
この細さがスカートやワンピースなどに合わせやすいので、レディースならではのアイテム。

プレーンベルトのなかでも最もベーシックな太さ。パンツ合わせはもちろん、色んなスタイルに組み合わせができて便利! ひとつは持っておきたいアイテム。

上の2つより幅広めなこちらはその存在感でコーデを引き締めてくれるアイテム。スウェット×デニムなどのラフなスタイルも、この1本でピリッとスパイスを効かせて。

形はプレーンな黒ベルトでも、バックルにデザインのあるこのタイプはシャツなどの上からしてもおしゃれ度抜群! ワンランク上のコーデにしてくれます。

(2)紐ベルト

結び方次第でさまざまな表情に変身する紐ベルト。リボンのように結んでガーリーに、長さを残し垂らしてエフォートレスな雰囲気に、ちょっと凝った結び方を覚えて個性的に……など振れ幅の広い紐ベルトにトライしてみて。

(3)メッシュベルト

レザーなどを編み込んで作られたメッシュベルトは、柔らかさとデザイン性の高さが特徴のアイテム。ピン式やリング式といったタイプの違いがありますが、どちらも締める際のサイズが自在に変えられるのが便利なポイント!

(4)サッシュベルト

穴の開いていない帯状のベルト。基本的にウエストマークに使うアイテムでスタイルアップ効果は抜群! シャツなどのトップスの上から巻くもよし、ボトムスのウエスト部分に巻いて着なれたアイテムのイメージを変えてみるのも◎。

(5)リングベルト

リングベルトはバックル部分がリング状になっているベルトのことで、リングが2つついているのが一般的。コーデのワンポイントに使えばカジュアルな雰囲気でこなれ感を出してくれるアイテム。メッシュベルト同様に自分のサイズに合わせて長さや締め具合を調節できます。

(6)ガチャべルト

正式名称はGIベルト。布製で穴がなく、名前の由来にもなったガチャガチャと鳴るバッグる部分が特徴。もともとはミリタリー発祥なので、メンズライクな雰囲気や子供っぽい印象を持たれがちですが、レディースアイテムをちょっと外したりコーデにアクセントを加えてくれるおしゃれアイテム。

(7)ビットべルト

留め具がビット金属で出来たベルト。全体的に細めで女性らしい印象のアイテム。ボトムス合わせ以外にも、写真のようにウエストマークするのもおすすめ! バックル部分に高級感があるため、パーティーなど華やかなシーンでもアクセサリー感覚で取り入れてみて。

▼もっと詳しいベルトの種類はこちら! ▼

【春夏】の黒ベルトコーデ

春夏のシンプルなスタイルに付け足すことで、一気におしゃれに見せてくれるベルトを使ったお手本スタイルをご紹介します!コーデ作りに大切なのは「バランス」。そこに一役買ってくれる黒ベルトを使った着こなしを試してみて。

スカートスタイル

▼縦長Iラインコーデはウエストマークでさらにスタイルアップ

全体的に縦長のIラインのスタイルには、細めの黒ベルトを使ったウエストマークがおすすめ。スタイルアップはもちろん、上手な小物使いでカジュアル過ぎないレディな着こなしに。

▼キレイめスカートにはあえてのガチャベルトが新鮮!

フェミニンな印象の強い柄のスカートには、あえて幅のある黒ベルトを垂らして巻いてみて。全体をモノトーンで統一することでクールな大人レディスタイルに!

パンツスタイル

▼ベージュのワンカラーコーデも黒ベルトで締まった印象に

人気のベージュ系ワンカラーコーデに黒ベルトをプラス! 全体の柔らかい印象に、こだわりのレザー小物が効いた旬のスタイルに。辛めベルトにはデコルテ開けで女性らしさと抜け感を。

▼ベルトと足元のカラー統一で流行りのセットアップスタイルを着こなす

さらっとした素材のセットアップに存在感のある太めの黒ベルトを合わせたスタイル。フレアなラインを一箇所締めることで、きちんと感に加えスタイルアップも叶えたコーデに変身!

ワンピーススタイル

▼ガーリーに見えがちなワンピースも大人っぽい着こなしに

子供っぽくなりがちな小花柄のアイテムを使ったコーデも、シャツワンピの前を開けて抜き襟気味に羽織り、その上からプレーンな黒ベルトを巻く着こなしで大人ガーリーな上級者コーデに。

▼オールインワンは紐ベルトで締めてシルエットチェンジ!

ワンパターンになりがちなオールインワンコーデ。タイプによってはメリハリのないスタイルに見えてしまうことも……そんな時は色味を合わせた細い紐ベルトが◎。きゅっと結んで長めに垂らした黒ベルトがネイビーのオールインワンをよりすっきり、旬顔に見せてくれます。

【秋冬】の黒ベルトコーデ

寒い季節になるとどうしてもエフォートレスな組み合わせになってきがち……そんな時にも「おしゃれ度を上げつつコーデのアクセントになる」黒ベルトをプラスしてみては?スタイルの幅がぐっと広がり、手持ちのアイテムの印象も簡単チェンジしてくれます!

スカートスタイル

▼一見ルーズに見えがちなレイヤードもサッシュベルトで今っぽく!

引き続き人気な「ワンピース×プリーツスカート」スタイル。ゆるっとさせ過ぎると単なる楽ちんコーデになってしまいますが、そんな時こそ高めの位置に黒のサッシュベルトをオン。脚長効果と今っぽさを手に入れて。

▼ゆったりトップスもベルト×ブラウジングでこなれ感

カジュアル感強めのゆったりトップスとガーリーなアイテムを組み合わせたお手本コーデ。白いスウェットの上から締めた黒ベルトと、ざっくりしたブラウジングでこなれ感を演出!

パンツスタイル

▼主役級の黒ベルトはコートの上から巻いて

存在感抜群なデザイン性の高い黒ベルトを使ったコーデ。厚手のアウターの上から巻くことでよりベルトを主役にさせつつ、寒い季節のアイテムによる野暮ったさをおしゃれにチェンジしたスタイルに。

▼ボリュームのあるアイテムの組み合わせには小物を効かせて

上下にボリュームのあるアイテムを使ったスタイルに、ボトムスの色に合わせた黒のサッシュベルトでウエストをマーク。ボディを無彩色で統一した組み合わせにすることで、差し色となる赤のバッグがより映えてきます。

ワンピーススタイル

▼長めのプレーンベルトも巻き方を工夫してオシャレ度アップ!

長さのあるプレーンベルトを巻きつけた上級者テクニックが光るコーデ。すとんとしたロングワンピースも黒ベルトを締めることで、より女性らしいラインで着こなすことができます。「Iライン×ウエストマーク」はやっぱりスタイルアップ効果も◎。

▼黒のサッシュベルトで大人の甘辛ワンピーススタイル

印象的な大ぶりの柄のワンピースに黒のレザーアイテムを組み合わせたスタイル。ワンピースのベースの色に合わせた黒のサッシュベルトによって、完成度の高いまとまりのある甘辛コーデに!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW