【カーキ×グレー】は4つのコツで一気に、垢抜ける!
FASHION

【カーキ×グレー】は4つのコツで一気に、垢抜ける!

2020/06/03

「オシャレだけれど地味に見えそう……」と敬遠されがちなカーキ×グレーのコーデ。今回はそんなお悩みを解決すべく、オシャレさんたちが取り入れているテクニックやコーデをご紹介します。苦手意識を取り払って、こなれ感たっぷりの大人コーデにトライしてみましょう!

  1. カーキ×グレーの相性は?
  2. 垢抜けた大人の着こなしが叶う4つのポイント
  3. 【グレー】の濃淡に合わせてカーキの色味を選ぶとGOOD
  4. 【パンツ】スタイルは抜け感が大切
  5. 【スカート】スタイルはデザイン選びが重要
  6. 【ワンピース】スタイルはレイヤードで魅せて
  7. 【アウター】コーデは用途に合わせて着こなす
  8. 【春夏】淡い色味同士で合わせてニュアンスコーデに
  9. 【秋冬】コーデはニュアンスコーデに仕上げて
  10. カーキに合う代表的な色でおしゃれに

カーキ×グレーの相性は?

カーキ×グレーの相性は?のイメージ画像

メンズライクなカーキとベーシックなグレーの組み合わせは、気負わない色同士で相性がよく、大人女子にぴったり。たった4つのポイントを押さえるだけで、簡単に垢抜けた大人の着こなしが叶います。

垢抜けた大人の着こなしが叶う4つのポイント

  1. 「女性らしいアイテム」をプラスして手抜き感を払拭!
  2. 「ほどよい肌見せ」でこなれ感を演出
  3. 「白アイテム」を挟んで抜け感をプラス
  4. 「濃いめのリップ」で華やぎアップ

【1】「女性らしいアイテム」をプラスして手抜き感を払拭!

【1】「女性らしいアイテム」をプラスして手抜き感を払拭!のイメージ画像

ちょっぴりオーバーサイズのライトグレーのニット×カーキのチノパンで作ったワンマイルコーデ。インナーに白Tを仕込むことで、コーデに奥行きが出てこなれ感も倍増。黒のヌーディーなサンダルで、女性らしさも一気にアップ!

【2】「ほどよい肌見せ」でこなれ感を演出

【2】「ほどよい肌見せ」でこなれ感を演出のイメージ画像

カーキのチノパンに旬のドルマンスリーブニットを合わせて、トレンド要素を忍ばせて。ナチュラル素材のカゴバッグとコンフォートサンダルで、大人の余裕漂うリラクシースタイルに。

【3】「白アイテム」を挟んで抜け感をプラス

【3】「白アイテム」を挟んで抜け感をプラスのイメージ画像

ざっくりとしたグレーのケーブルカーディガン×カーゴパンツに白Tを挟めば、単調さが回避されて、ほどよい抜け感が。布製の巾着バッグやスニーカーは濃いめの色を選んで、メリハリをつけて。

【4】「濃いめのリップ」で華やぎアップ

【4】「濃いめのリップ」で華やぎアップのイメージ画像

カーキ×グレーのニュアンスカラー同士のコーデは、顔映りが悪くなって地味な印象を与えてしまうことも……。そんなときは濃いめの赤やピンクのリップで血色をアップさせれば、知的さと女性らしさのバランスが整います

【グレー】の濃淡に合わせてカーキの色味を選ぶとGOOD

グレーには、淡い「トップグレー」「ライトグレー」「アイスグレー」のほか、濃いめの「チャコールグレー」などがあります。同じグレーでも濃淡によって合わせるべきカーキの色味が異なるので、お手本コーデを参考にしてみて。

カーキキルティングジャケット×ライトグレーTシャツでメンズライクに

カーキキルティングジャケット×ライトグレーTシャツでメンズライクにしたコーデ画像

ライトグレーのオーバーサイズスウェットには、光沢感のある明るいカーキのキルティングブルゾンをON。黒レギンスとグレーのキャップ帽を合わせたら、ちょっぴりやんちゃなメンズコーデが完成。

白T×ベイカーパンツはアイスグレーニットで垢抜け

白T×ベイカーパンツはアイスグレーニットで垢抜けしたコーデ画像

厚手の白Tを明るいカーキのベイカーパンツにトップスINして、シンプルですっきりとした着こなしに。アイスグレーのカーディガンを肩掛けすれば、ニュアンスたっぷりの垢抜けたコーデに。小物は黒で引き締めて。

カーキパーカー×グレーのコンバースでアスレジャースタイルに

カーキパーカー×グレーのコンバースでアスレジャースタイルにしたコーデ画像

ダークなカーキのメンズパーカーに白Tをレイヤードして、チュニック風に。そこへ黒レギンス×グレーのスニーカーを合わせたら、メリハリのあるアスレジャースタイルが完成。

カーキのラメニット×濃いグレーパンツでほんのりモードに

カーキのラメニット×濃いグレーパンツでほんのりモードにしたコーデ画像

珍しいカーキのタートルラメニットを、ハンサムな濃いめのグレーのパンツにIN。大きな黒のレザーバッグで品よくまとめれば、ちょっぴりモードな雰囲気漂う着こなしに。

【パンツ】スタイルは抜け感が大切

カーキ×グレーのパンツコーデは、メンズライクになりがち。白アイテムをプラスしたり、色物を差したりと、地味に見えないようにひと工夫加えるのがポイントです。

グレータートル×カーキパンツを白シャツでクリーンに

「グレー×カーキ」の配色だけでは地味になってしまうときは、白いアイテムをプラスしてみて。足元も白×シルバーのパンプスを添えたら、洗練されたリンクコーデに。

白T×グレーリブフレアパンツにカーキロングブルゾンを羽織ってスポーティーに

白ロンT×ライトグレーのリブフレアパンツで作ったシンプルなワンツーコーデ。カーキのロングブルゾンを羽織ってスポーティーに着こなして。アイキャッチーなPVCのショルダーバッグとオレンジのスニーカーで遊び心をON。

ざっくりカーディガン×カーキパンツを白小物で軽やかに

コーデが地味な印象になってしまうのが心配なときは、白いアイテムを入れることで、ほどよい軽さと抜け感が出せる。巾着バッグ、バブーシュなどに白をチョイスして、スタイリングに統一感を。

【スカート】スタイルはデザイン選びが重要

きれいめな印象のあるグレースカートに対し、カーキスカートはカジュアルになりすぎてしまうのでデザイン選びが重要です。どちらのコーデもモノトーンで引き締めたり、どこかで抜け感を出したり、アレンジにこだわってみて。

グレープリーツスカート×カーキブルゾンで抜け感を

黒タートル×グレーのマキシプリーツスカートのモノトーンコーデに、ショートブーツを合わせてモード感漂うスタイルに。カーキのキルティングブルゾンの肩を落として羽織ったら、抜け感たっぷりな着こなしに。

グレーのカットソー×カーキタイトスカートでオフィスコーデに

フレンチスリーブのグレーのカットソーに、カーキのタイトスカートを合わせた、オフィススタイルにもぴったりなコーデ。足元はレオパード柄のバレエシューズで、辛口なスパイスをプラスして。

【ワンピース】スタイルはレイヤードで魅せて

シャツワンピースは、インナーやボトムスとのレイヤードを楽しんで。中間色同士でボヤけがちなので、ところどころに黒のアイテムを散りばめると、全体の印象が引き締まるのでおすすめです。

ミリタリーシャツワンピース×グレーインナーには黒でメリハリを

ふんわり広がるシルエットがレディなミリタリーシャツワンピース。襟元からグレーのリブTシャツをチラ見せすれば、ニュアンスたっぷり。レギンスやパンプス、ミニショルダーバッグなどに黒を散りばめて、全体の印象を引き締めて。

スキッパーワンピース×ライトグレーパンツでさわやかコーデに

カーキのスキッパーネックワンピースにライトグレーのパンツをレイヤードして、ほどよいコントラストをつけたさわやかなコーデに。マルシェバッグと黒のサンダルで、清涼感もアップ。

【アウター】コーデは用途に合わせて着こなす

カーキのアウターはキルティング素材やミリタリー風のものが多く、カジュアルになりがち。他方、グレーのコートは黒ほどお堅い印象はないものの、きちんとした印象を出しやすいのが特徴。それぞれの色を目的に応じて使い分けてみて。

グレンチェックコート×カーキのあぜ編みニットでトラッドに

淡いカーキのあぜ編みニット×ブラウンのニットパンツで作った深みのあるコーデは、白Tをチラ見せしてほっこり見えを回避。ビッグシルエットのグレンチェックコートを羽織ったら、トラッドな印象の大人っぽい装いに。

グレースウェット×カーキキルティングコートでやんちゃに

オーバーサイズのグレーのスウェットをクリーム色のコーデュロイパンツにトップスINして、スタイルアップを狙って。明るめカーキのキルティングコートを羽織れば、やんちゃなニュアンスコーデが完成。

【春夏】淡い色味同士で合わせてニュアンスコーデに

春夏にカーキ×グレーの組み合わせは地味に思われがちですが、淡い色み同士で合わせれば軽やかに仕上がります。小物で個性を出すと、こなれ感たっぷりの春夏スタイルが完成するので、ぜひ試してみて。

カーキのドッキングニット×グレーデニムで大人見え

グレイッシュカーキのドッキングニットと、ウォッシュド加工のグレースキニーデニムで作ったニュアンスコーデ。黒のヒールサンダルで引き締めたら、フリンジバスケットで大人の遊び心を添えて。

グレーニット×ミモレ丈のティアードスカートでガーリーに

カーキのフレアスカート×グレーのパフスリーブTシャツのコーデは、デートにもぴったり。ガーリーなアイテムにブラウン小物を合わせた媚びない色使いで、大人っぽく上品な装いに。

カーキのオーバーサイズコート×グレーのVニットで大人の余裕を

オーバーサイズのカーキのトレンチコートに、ライトグレーのニットを合わせた、メンズライクなコーデ。コートにちょっぴり重たさがある分、Vネックのニットで軽さを出すと好バランスに。イエローのスニーカーで差し色をON。

【秋冬】コーデはニュアンスコーデに仕上げて

モノトーンのアイテムに偏りがちな秋冬コーデは、ダークな印象になってしまうのが悩み。今年の秋冬は、カーキ×グレーの組み合わせで、ニュアンスある着こなしを叶えてみて。

カーキのプリーツスカートをグレーニットでカジュアルに

端正なカーキのプリーツスカートに、あえてゆるっとしたグレーのニットを合わせてカジュアルダウン。ニットをフロントインすれば、こなれ感を出しつつ脚長効果も狙える。スニーカー合わせで、とことんラフに傾けて。

グレーニット×カーキキルティングコートに白パンツを合わせてクリーンに

カーキ×グレーは華やかな色同士ではないので、ヤボったく見えないかが心配なところ。そんなときは、白のボトムスでクリーンな印象を後押しして。黒でまとめたカジュアルな小物でメリハリを出すとGOOD

グレンチェックジャケット×ダークなカーキVネックでハンサムに

濃いめのカーキのVネックカットソーに、グレンチェックジャケットを肩掛けしたマニッシュコーデ。上半身が落ち着いた色合わせなので、ボトムスはライトブルーのデニムで軽さをプラス。小物を黒で統一すれば、より引き締まった着こなしに。

カーキに合う代表的な色でおしゃれに

カーキはグレーと相性抜群ですが、黒や白などのモノトーンともよく合います。それ以外にも実はネイビーやオレンジも合うんです。さっそく見ていきましょう。

【黒】で合わせて凛とした雰囲気に

▼黒のフレアブラウス×ベイカーパンツで甘さひかえめに

カットワークレースのフレアブラウスも、黒を選んでベイカーパンツに合わせれば、甘すぎず上品に着こなせる。黒のヒールサンダルとバスケットを添えれば、シーズンムード漂う装いに。

▼ミリタリージャケット×モノトーンでフレンチシックに

白のロゴT×黒のロングスカートにミリタリージャケットをONして、フレンチシックな装いに。黒でリンクしたヒールサンダルとスカートで、おしゃれな印象を後押し。

【ネイビー】合わせできれいめカジュアルに

▼モッズコート×インディゴデニムでカジュアルコーデ

オーバーサイズのモッズコート×インディゴデニムのやんちゃなカジュアルコーデ。ほっこりとしたケーブル編みニットをINして、ラフな着こなしをアシスト。足元は赤いソックス×パープルのスニーカーで遊び心をプラスして。

▼紺ブレをベイカーパンツ×ボーダーでデイリーに

紺ブレをベイカーパンツ×ボーダーでカジュアルダウンすれば、デイリーな装いにシフト。小物はあえてコントラストをつけずに、白のバッグやベージュのパンプスで優しく仕上げて。

【オレンジ】に合わせればスパイスとして活躍

▼オレンジのロンT×ミリタリーブルゾンでリラクシーコーデに

オレンジのメンズのロンTに古着のミリタリーブルゾンを肩掛けして、肩の力の抜けた着こなしに。そこへ白のテーパードパンツ×白のスニーカーを添えれば、抜け感たっぷり。黒の巾着バッグがメリハリ役に。

▼カーキのCPOジャケット×花柄マキシスカートで存在感を発揮して

ヴィンテージ風なオレンジ色の花柄マキシスカートは一枚で主役級。コンパクトなチョコレートブラウンのリブタンクトップで、スカートを際立たせて。コーデュロイ素材のCPOジャケットを抜き襟で羽織れば、こっくりカラーでもこなれた着こなしに。

カーキコーデ倍増テクをみる

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW