ユニクロワンピース2020年の着こなしはコレ!《種類別》お手本コーデ【33選】
FASHION

ユニクロワンピース2020年の着こなしはコレ!《種類別》お手本コーデ【33選】

2020/06/18

上質な素材がプチプラで手に入り、簡単にトレンドルックも叶う「ユニクロ(UNIQLO)」。デザインやカラーバリエーションも豊富で、毎日の着こなしに欠かせない方も多いのでは? 今回はそのなかでも、一枚で女性らしくしっかりとコーデがキマるワンピースのお手本コーデを「デザイン別」「季節別」にご紹介していきます!

  1. 最旬!2020年のユニクロワンピースコレクションの特徴
  2. 《シャツワンピース》
  3. 《花柄ワンピース》
  4. 《3Dニット・ニットワンピース》
  5. 《Tシャツワンピース》
  6. 《ワッフルワンピース》
  7. 《ドットやプリントワンピース》
  8. 季節別の【ユニクロワンピース】を使った正解コーデ

最旬!2020年のユニクロワンピースコレクションの特徴

季節を問わず使える優秀アイテムのワンピース。まずは最新デザインの特徴を押さえていきましょう!

最旬!2020年のユニクロワンピースコレクションの特徴のイメージ画像

【1】柄

「無地・細めのストライプ・花柄」が引き続きトレンド入り。またグランジファッションの流行に乗って、英字などのロゴプリントのワンピースも登場しています。

【2】色

ベーシックカラーに加えて、ビビッドカラーにも注目。秋冬は、黒などのシックで落ち着いた色味がトレンド。

【3】デザイン

ワイドシルエットやAライン、ウエストマークができるきれいめデザインなど多種多様。丈はひざ丈~ロングが大人女子にぴったりです。

【4】素材

コットンやリネン、ウールなど、『価格は安いのに上質な素材』は「ユニクロ」ならでは。誰でも気軽に取り入れられ、お手入れも簡単なのがうれしい。

《シャツワンピース》

シャツワンピースは、ワンピースとしてはもちろんのこと、羽織りとしても活躍してくれる優れモノ。こちらでは着回し力抜群のシャツワンピースコーデをピックアップ。

ワンショルダーベストでトレンドスタイル

リネンのロングシャツとリブニットワイドパンツの組み合わせ。ひときわ目を引くワンショルダーのコルセットベルトを巻いて、小物類とともにバランスよく。

ロングシャツワンピースをカジュアルにきめる

清涼感あふれる真っ白なシャツワンピースを、黒の小物で引き締めたカジュアルスタイル。「コンバース(CONVERSE)」のハイカットスニーカーがアクセントになり、シンプルながらも適度なこなれ感を演出してくれます。

カーディガン風に

シンプルなパフスリーブのシャツワンピースを、カーディガン風に羽織ってコーデ。ペイズリー柄のスカートに、大人色のくすみグリーンのトップスを合わせても派手に見えないのがうれしい。バッグやシューズはベージュで肌となじませて。

夏にぴったりのリネンワンピース

夏にぴったりのリネン混ワンピース。上ボタンはしっかり留めて襟のきちんと感を出しつつ、下ボタンは外してパンツの魅力を引き出して。シンプルながらもワンランク上の着こなしは、ざっくりと結ったお団子ヘアに大ぶりピアスで彩って。

コットンシャツワンピースで梅雨を乗り切る

雨の日はじめじめして気分も憂鬱になりがち。ユニクロのコットンシャツワンピースはとても軽くさらっと着られるので、雨の日の気分も上がりそう。

《花柄ワンピース》

フェミニンな印象の花柄ワンピースは、暗い色やシルエットで大人っぽさを出すのが正解。アウターなどの羽織りや、ボトムスとのレイヤードでまわりと差をつけてみよう。

小花柄ワンピースは上品にきめたいときに

小花柄が繊細に描かれたベージュのワンピース。ウエスト部分のギャザーとVネックデザインで、スタイルUP効果は抜群。コットン素材のハンドバッグとフラットサンダルでリラクシーな雰囲気を漂わせて。

ブルーカーディガンで清涼感をプラス

黒のシックな花柄ワンピースなら、大人っぽさが醸し出されて◎。ブルーのカーディガンを肩がけして、清涼感たっぷりなコーデに仕上げて。丸いフォルムがかわいい白のバッグをアクセントに、クリーンな印象もプラス。

マウンテンパーカー×小花柄で甘めカジュアル

小花柄ワンピースを、デニムとマウンテンパーカーでカジュアルダウンしたスタイル。大きめのマウンテンパーカーが女性らしさをぐっと引き立ててくれる。

《3Dニット・ニットワンピース》

ニットワンピースは秋冬に重宝する一枚。身体のラインをきれいに見せてくれる「3Dニット」が今季のトレンド! 着回し力の高い普通のニットワンピースも引き続き大人気。

タートルネックでスタイルアップ

タートルネックの3Dニットワンピースを一枚でさらっと着こなして。ひざより少し上の丈感が、大人女子っぽい色気を醸し出してくれます。フラットシューズ×ソックスでカジュアルなワンピーススタイルを完成させて。

縦のラインが身体をきれいに見せてくれる

縦ラインが入った3Dワンピースなら、より身体のラインがきれいに見える。ひざ下丈のスカートがレディな雰囲気たっぷり。ロングブーツを合わせれば、より大人な印象にシフト。

ショートブーツとクラッチバッグがおしゃれ度をUP

グレーのタイトなタートルネックワンピースは、大人らしさとフェミニンさの両方をあわせもつ優秀アイテム。甘さを軽減させるクールなショートブーツや、ボヘミアンなクラッチバッグを添えておしゃれ度UP。

ホワイト×フレアスカートのフェミニンコーデ

プリーツ風のスカートがかわいいオフホワイトのニットワンピースを主役にしたコーデ。黒の柄タイツとベージュのシューズで、大人っぽく辛口アクセントをプラス。真っ白のバッグとオフホワイトでグラデーションを作り、こなれ感を出して。

キルティングコートでヴィンテージライクに

ベージュのニットワンピースは、大人カジュアルに着こなせるおすすめの色。ホワイトデニム×スニーカーでカジュアル度を上げて。カーキのキルティングコートを合わせたら、ヴィンテージライクな仕上がりに。

ワンピースにスカートをレイヤード

黒のニットワンピースにブラウンスカートをレイヤードして奥行きをメイク。黒のショートブーツとベージュのショールで大人配色に。黒のニットに添えたゴールドのアクセサリーできらめきをON。

《Tシャツワンピース》

「カジュアルにきめたいけれど、メンズっぽくなりたくない……」とお悩みの方におすすめなのが『Tシャツワンピース』。ユニクロのTシャツワンピースは、長め丈で合わせるボトムスや小物を選ばないシンプルなデザインなので、カジュアルながら女性らしく着こなせます。カラーバリエーションも豊富なので、あなたの好みのカラーをチョイスしてみて。

かごバッグやハットで夏っぽさを演出

オフホワイトのTシャツワンピースに同じ色のボトムスをレイヤード。くすんだ色味がまろやかな印象をメイク。つば広のハットやサングラス、コードサンダルでカジュアルさを出しつつ、かごバッグでさらにおしゃれ度をUPさせて。

Tシャツワンピースをアクティブに

オーバーサイズの真っ白なTシャツワンピース。大きめリュックと「ナイキ(NIKE)」の『エアリフト』は黒でまとめて。今にも走り出せそうなアクティブコーデの完成。

バックプリントが効いたスポーティースタイル

大きな英字のバックプリントがひときわ目を引く主役級のワンピースは、一枚でさらっと着るのが正解。コンパクトなショルダーバッグと快適な履き心地のクロスサンダルで、ラフながら躍動感のあるルックに。

クールなブラックコーデ

ストレートシルエットでリラクシーな黒のTシャツワンピースでクールにきめた装い。ペールグレーのレギンスとスニーカーで、黒特有の重たさを回避し、軽やかに魅せて。

オーバーサイズシルエットで女性らしく

グレーのTシャツワンピースは黒よりもやわらかい雰囲気。オーバーサイズかつ袖が広がったデザインなので、二の腕や体型が気になる方にもおすすめ。サコッシュとスポーツサンダルを添えれば、甘さのあるスポーティースタイルが完成。

ベージュTシャツワンピースで女性らしさを際立たせて

空気を含んだような、なじみのよいベージュのTシャツワンピースを一枚でさらりと着た楽ちんコーデ。外ハネのヘアスタイルと「リーボック(Reebok)」の『インスタポンプフューリー』のサンダルでアクティブな印象に。

ウエストマークをしてきれいめに

ベルト付きのTシャツワンピースをキュッとウエストマークすれば、女子会などのお呼ばれにも最適な大人かわいいコーデに。華奢なアクセサリーを添えてレディに魅せるのも◎。

《ワッフルワンピース》

ユニクロの定番『ワッフルクルーネック』。Tシャツやニットなどのほかに、ワンピースも展開されていることはご存じでしたか? 丸襟がかわいい上に、ワッフル素材なので一年中活躍してくれます。

秋冬に万能なワッフルワンピース

なめらかな肌ざわりのワッフル素材を使ったクルーネックワンピースは、一年中活躍してくれる万能アイテム。クルーネックは首元をすっきり見せてくれる効果も。オフホワイトのワンピースに、ベージュのキャップとスニーカーを合わせ、やわらかい雰囲気のカジュアルスタイルに。

クリアバッグとサンダルで春仕様に

赤味がかったブラウンのワッフルクルーネックワンピースは、一見秋にしか着られない色に見えますが、実は春にも活躍してくれるんです。クリアバッグとベルクロサンダルを添えれば、春の暖かさに溶け込むようなシンプルスタイルに。

ナチュラルなベージュスタイル

ワンピース、小物ともにベージュでそろえたやわらかなワントーンコーデ。シルバーのバングルとレオパード柄のストールを巻いて、ナチュラルさのなかにほんのり辛口な雰囲気を漂わせて。

きれいめとカジュアルの好バランス

大人きれいなベージュのワンピースに、デニムジャケットを羽織ってカジュアルダウン。首元にはドット柄のスカーフを巻いて奥行きを作って。足元は黒のレギンス×フラットシューズで引き締めよう。

《ドットやプリントワンピース》

かわいらしいドットワンピースを、大人っぽく着こなすには? 小さめのドット柄を選んだり、大人っぽいシルエットを意識したりすると◎。

ミニショルダーバッグで大人顔に

襟のついたひざ丈ワンピースなら、ドット柄でも子どもっぽくならない。ベルトでウエストマークしているので、スタイルアップもばっちり。袖のロールアップや、バイカラーバッグでこなれ感を出して。

赤のフラットシューズでフレンチムードをメイク

ドット柄ワンピースのボタンを開けて、羽織りものにシフト。白トップスとインディゴデニムのシンプルコーデに赤のフラットシューズを添え、フレンチムードをメイクして。

季節別の【ユニクロワンピース】を使った正解コーデ

暖かく日差しも気になる春夏は、さらっとワンピースを着こなして気分明るくお出かけしたいところ。プチプラでも高見えするユニクロのワンピースをぜひ活用してみて。

《春夏》

▼抜き襟でトレンドを意識

シンプルなリネンのシャツワンピースも、デザインを活かして抜き襟すると簡単に旬の着こなしになります。足元とバッグはベージュでそろえて、統一感のあるキリッとした印象に。さらにメリハリをつけたいときには、細めのベルトでウエストマークして。

▼紫のAラインワンピースは存在感抜群

パッと目を引く鮮やかな紫のワンピースにカーディガンをさらっと羽織れば、露出を控えつつ、色の強さを和らげることができます。足元は厚底サンダルで美脚効果を狙って。

▼カジュアルなモノトーンコーデも、ロング丈で女性らしさを演出

ニットカーディガンで大人の甘さを出したコーデ画像

Tシャツワンピースをゆるりと着てリラックス感を漂わせた楽ちんスタイル。キャップ×ハイカットスニーカーを添えれば、定番カジュアルスタイルに。フリンジバッグとロング丈のバランスが絶妙。

《秋冬》

▼ニットカーディガンで大人の甘さを

上品な小花柄のシフォンワンピースに、袖のボリューム感がかわいらしいゆったりサイズのニットカーディガンをON。甘くなりすぎないように足元は「コンバース」のスニーカーで外して。

▼ニットワンピースでよそ行きスタイルに

冬コーデの定番、ニットワンピース×黒タイツ。大人の品格漂うダッフルコートを羽織れば、お出かけにぴったりなフェミニンスタイルが完成します。仕上げに黒のショルダーバッグとドレスシューズをON。

▼もこもこダウンでバランスよく

Tシャツワンピースにパーカーを重ねたベージュ×白のグラデーションコーデ。レギンスとポインテッドトゥパンプスで華奢に見せつつ、ダウンでトップスにボリュームを出せば、バランスよく仕上がります。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW