FASHION

ホテルでの服装《ランチ・ディナー・忘年会・式典》シチュエーション別に正解コーデをチェック!

2019/07/16

ランチビュッフェや会社行事など、ホテルが会場での予定が入ったとき。いつもよりきちんとした服を着ていくのは分かるけど、何を着ていったら良いのか悩んでしまうことも……。
そこで、ホテルに行く際の服装選びに参考になる《重要なポイント》やドレスコードの例、ディナーやランチ、会社行事など時間帯や予定別にコーデをご紹介。頼れるアイテムも載せています。

ホテルでの服装選びで《重要な4つのポイント》

ホテルの服装選びで悩んだら、ポイントを絞って選択をしていくのが近道。はじめてホテルに行くという方にもぜひチェックしてほしい項目です。設定されたTPO(時間・場所・場合)に応じた服装を選ぶことが失敗しないコツ。
また、共通して大切なのは周囲に不快感を与えない服装が大事ということ。

ホテルのランクでドレスコードも変わる

▼店舗ごとのドレスコードも確認して

ホテルのなかには御三家と呼ばれる、最高級のサービスや設備を提供する高級ホテルのくくりがあります。そこに入るレストランも超一流であり、食事に行く際はとくにドレスコードに注意が必要です。ドレスコードが設定されている場合もあるため、まずは店舗HPなどで事前に確認するのが重要です。

ランチは気軽にディナーはきちんと

▼シンプルなワンピースがあれば小物でアレンジ可能

ランチの時間帯ならドレスコードの指定は少ないはず。きちんとした服装は重要ですが、お食事を楽しむ場とされていることが多いため、普段よりおしゃれで品のある服装が良いといえます。ディナーでの利用なら、よりかしこまった服装が必要です。レストランの雰囲気などを事前にHPで確認して服装選びにのぞみましょう。シンプルで露出の少ないワンピースが1枚あると、小物次第でアレンジ可能なのでとても便利です。

用途に合わせて服装選びを

▼仕事関係の会なら清潔感のある服装がベター

会社の上司や取引先の相手が出席される場合には、広い年代に受け入れられやすく清潔感のある服装を選択して。迷ったらスーツやジャケット、白いシャツなどが◎。
肩の露出やミニスカートはできれば控えて。とくにタイトスカートは座ると上がりやすいため、少し長めの丈を選ぶと座ったときにも綺麗に見えて上品です。

▼お祝いの会なら華やかさを添えて

堅い式典ではなくお祝いムード満点の祝賀会やパーティーなどには、きちんとしたなかにも華やかさを取り入れて。あくまで主役をたてる会なので、目立ちすぎる服や結婚式の二次会などなら白は避けるなど、配慮も忘れずに。

服装で同席する相手に敬意を示して

▼目上の方と行くときには上品に仕上げて

上司や取引先の大切な相手と同席する場合には、とくに服装に気を付けて。派手な色は避け、少し地味かな? くらいの落ち着いたデザインやカラーを選択してみて。ジャケットを合わせたり、膝丈のスカートやワンピースなど上品なアイテムを選択すれば好印象間違いなし。迷ったら両親など、親世代に相談してみるのも◎。

ホテルのレストランで求められる【ドレスコード】を知ろう

ドレスコードは「服装規定」という意味で、場の雰囲気を大切にするためのマナーとして存在します。格式の高いパーティーなどで指定されるフォーマルや、続いてセミフォーマル・インフォーマル等があります。ここではホテルでの食事の際に指定されることの多い、スマートエレガンスからスマートカジュアルまでのドレスコードをご紹介します。

次ページ> 【ディナー】での服装は品良く華やかに
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW