FASHION

クラシカルファッションで押さえるべきポイントは?着こなし徹底解説!

2019/10/16

まるでレトロ映画に出てくる女優のようにシックでエレガントなクラシカルファッション。そこには乙女心をくすぐるおしゃれのポイントがいっぱい詰まっているんです!クラシカルファッションそのままだと現在のトレンドには合わないので、クラシカルなムードを取り入れつつ現代風にアレンジした今どきのコーデをご紹介します。

スタイリッシュなクラシカルファッションは、レディテイストたっぷりなヒールパンプスで気持ちを引き締めて。スカートからのぞく華奢な足首が、アナタの女性らしい魅力をさらに引き出すポイントに。夏は無駄のないシンプルデザインのサンダルで、冬は気品あるブーツで合わせてもOK。

【春夏】のクラシカルファッションコーデ

トレンチコート×ボーダーTシャツ

重厚感のあるクラシカルファッションを程よくカジュアルダウンしてくれるボーダーTシャツ。万能なトレンチコートと合わせて、パリジェンヌのようなお出かけスタイルを完成させて。赤いバレエシューズで差し色をON。

大柄シャツスタイル

スタイリッシュな英国紳士風の装いも、クラシカルファッションのお手本。あえてメンズシャツをセレクトし女性らしく首元をのぞかせたシャツの着こなしが、こなれ感を演出。シャツ以外のアイテムを黒でそろえ、コーディネート全体にメリハリをつけると◎。

ブラックが重たいときはグレーをチョイス

ブラックの出番が多いクラシカルファッションだけど、ときには引き締めカラーをグレーにチェンジして脱マンネリ化を。重たくなりがちだったコーディネートの印象が一気に軽くなるので、暑い夏のクラシカルファッションにはぴったりのおしゃれ技。

フェミニンなブラックワンピ

クラシカルファッションのアイコン的存在である「オードリー・ヘップバーン」のようなフェミニンコーデも真似したくなるスタイリングのひとつ。1枚でラクに着られるワンピースも、ウエスト部分が引き締まったデザインなら野暮ったく見えず夏におすすめ。

キャメルで大人カジュアルに

クラシカルファッションの大人な雰囲気を崩さずに、カジュアルスタイルを完成させるなら、ブラック×キャメルの色合いはベストマッチ。装いが女性らしい品格を感じさせる組み合わせなので、足元はヌーディなサンダルで夏らしさをひとさじ。

【秋冬】のクラシカルファッションコーデ

ボートネックで装いを上品に格上げ

上品さを意識したクラシカルファッションは、落ち着いた印象に仕上げるのが鉄則。オーバーな露出を控えたボートネックデザインで、スタイリングに大人の余裕を漂わせて。黒でそろえたパンプス×ソックスが一層クラシカルムードに。

モードな辛口クラシカルファッション

かわいらしい装いだけでなく、辛口スタイルとミックスできるのもクラシカルファッションのよいところ。レディなAラインのキルティングスカートにあえてレザーのライダースを合わせて、ギャップのあるモードなスタイルを狙って。

レトロムードなキルティングコート

羽織るだけで品格が際立つキルティングコートは主役級のスタイリングに。一見、カジュアルに見える素材でも、ベージュの色味が大人な印象をもたせてくれるので、合わせるアイテムによってさまざまなシーンで活躍しそう。

同系色で品よくまとめて

とくにアウターを選ぶときはコーディネートに悩みがち。困ったときは、同系色で統一するのがスタイリングの法則。クラシカルファッションなら、シックなムードを漂わせてくれるベージュ×ブラウン×ホワイトで全体にまとまりを出して。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW