FASHION

クラシカルファッションで押さえるべきポイントは?着こなし徹底解説!

2019/10/16

まるでレトロ映画に出てくる女優のようにシックでエレガントなクラシカルファッション。そこには乙女心をくすぐるおしゃれのポイントがいっぱい詰まっているんです!クラシカルファッションそのままだと現在のトレンドには合わないので、クラシカルなムードを取り入れつつ現代風にアレンジした今どきのコーデをご紹介します。

クラシカルファッションで押さえるべき『5つのアイテム』

大人の余裕漂うクラシカルファッションをさらに盛り上げるなら、アイテム選びも重要なポイントに。ここからは、ドラマティックなムードを演出してくれる「抑えるべき5つのアイテム」をご紹介。シックでエレガントだけど、ちょっぴりレトロなアイテムでおしゃれ指数が高いスタイリングを目指して。

【1】スタンダードなシャツ/ブラウス

上品な印象に欠かせないブラウスは、クラシカルファッションの代名詞ともいえるアイテムのひとつ。ルーズに着崩したりなどはせず、あくまで凛とした女性らしさを感じる着こなしをするのがエレガントムードを漂わせるキーポイントに。

【2】エンパイアワンピース

フランス映画の主人公のようなボリュームフレアスカートは、ウエストをキュッと締めたデザインでスタイルUP効果を狙って。飾りすぎない華やかさを感じるレディスタイルで、さらに上品な装いへと導いてくれるはず。

【3】ハンサムなパンツ

クラシカルファッションにぴったりなパンツを選ぶなら、足が長く見えるハイウエストデザインがおすすめ。腰の位置が高く見えるだけでなく、気になる下半身のラインをカバーしてくれる嬉しいこと尽くし。ハイヒールで脚長効果を高めてもOK。

【4】エレガントな印象をつくるスカート

歩くたびに揺れるAラインスカートは、ドラマティックな装いと相性抜群。大人の魅力あふれるロング丈を選ぶと、より印象的なスタイリングが完成。ボトムスにボリュームをもたせる分、トップスはすっきりタイトめのものをチョイスして。

【5】大人度を上げるロングコート

▼トレンチコート

女性らしい華やぎを添えるロングコート。オフスタイルだけでなくビジネスシーンでも使えるトレンチコートは、着こなし次第でさまざまな表情を見せてくれるうれしいアイテム。クラシカルファッションで着用するなら、ワントーンでまとまりのあるスタイリングに。

▼ノーカラーコート

一見ハードルが高そうなアウター選びだけれど、対応力が高いノーカラーコートならクラシカルファッションにもぴったり。海外モデルのようなパンツスタイルで合わせてもいいし、エレガントなスカートスタイルとも好相性。

▼チェックコート

次ページ> クラシカルファッションを盛り上げる『5つの小物』
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW