LIFE STYLE

出会ってから付き合うまでの流れを知ろう。期間や男性心理もチェック

2019/07/11

気になる人ができた時、出会ってから付き合うまで一体どのように進めていけばいいか悩んでしまいますよね。そこで今回は、出会ってから付き合うまでの流れを知るために、付き合うまでの期間や男性心理について紹介します。

出会ってから付き合うまでの流れ

好きな人ができた時、うまく付き合う流れに持っていきたいですよね。なんとなくお互い好印象ではあるものの、上手く付き合うためにはどのように関係を作り上げていけばいいのでしょうか?

そこでまずは、出会ってから付き合うまの流れを把握しましょう。どのように出会って付き合うのか流れを知ることでチャンスを逃さずに距離を縮められるでしょう。

社内や習い事・合コン・紹介などで出会う

学生時代は学校で出会うことが多かったですが、社会人になると出会いの数は減ってしまうものです。そのため、社内で恋人を見つけるパターンが多いです。しかし、職場でもなかなか出会えない…という人もいるはずです。

そのため、趣味や習い事、合コンや友達の紹介での出会いを探します。社内で男性がほとんどいないと、自ら行動して人と出会っていくしかないんですよね。

待っていても何も変わらないので、自分から積極的に出会いのチャンスに顔を出していきましょう。

特に友達の紹介の場合は、自分と雰囲気が合いそうな人を選んでくれている可能性があるので、仲良くなりやすいですよ。

LINEやメールで連絡を取り合う

気になる人に出会えたら、LINEやメールを使ってやりとりをしましょう。基本的には電話ではなくテキストツールでやりとりをするのがおすすめです。

電話の場合は相手の時間を奪ってしまうので、好きなタイミングで返せるLINEやメールがいいでしょう。

また、連絡する時間や文章の雰囲気などは、相手のペースに合わせることがおすすめです。

相手からまだ返信が来ていないのに、何度もメッセージを送りつけてはいませんか? 何度も送るのは相手にとって大きな負担になるので、やりとりのペースを掴むために、まずは相手に合わすといいでしょう。

数回デートを重ねる

相手とLINEなどでやりとりをして少しずつ仲良くなれたら、デートを重ねていきましょう。

テキストツールだけのやりとりで告白をしても、相手にとって自分がどんな存在であるかわからないですよね。そのため勇気をふり絞ってデートに誘い、直接会ってアプローチをしてみましょう。

告白後付き合う

数回デートを重ねた後はいよいよ告白です。ただし、告白は焦らないのが鉄則です。目安としては、大体3〜4回目ほどデートを重ねるといいでしょう。複数回出会うことで、相手も安心しやすいですし、お互いの性格がよくわかるのでおすすめです。

告白するタイミングは、デートの帰りが人気です。人があまり多くない場所や、ドライブをしていたら帰りの車の中など、2人きりになれる空間で告白をしましょう。上手くいけばそのまま恋人同士として付き合って行ってくださいね。

出会ってから付き合うまでの期間

出会ってから付き合うまでの流れを説明しました。では出会ってから付き合うまでの期間は、一体どのくらいの期間を必要とするものなのでしょうか?

ここからは、出会ってから付き合うまでの期間について紹介します。

長ければいい?早い方がいい?

出会ってから付き合うまでの間隔は人によってさまざまで、一概に「このくらい期間がベスト!」とは言えません。なのでお互いが相手のことをしっかりと把握できたタイミングで付き合うといいでしょう。

「とにかく早く付き合いたい!」「新鮮さがほしい!」と感じる人は、出会ってからの期間が短くても問題ありません。

反対に、結婚を意識してじっくりと相手のことを知り安心を得てから付き合いたい人もいます。その場合は、時間をかけてから付き合うといいでしょう。

20代・30代と年齢によって差がある

出会ってから付き合うまでの期間は、年代によっても大きく違います。たとえば20代の場合は、純粋に恋愛を楽しんでいるので、とりあえず好きになった人と早く付き合いたいという気持ちが強いです。そのため、フットワークが軽く、試しに付き合ってみるという感覚も多いでしょう。

反対に30代の場合は、どうしても結婚を意識してしまうため、すぐに付き合うことができないパターンも多いです。じっくりと相手を知ってから付き合いたいという気持ちを抱いているため、なかなかすぐに踏み出せないでしょう。

出会ってから付き合うまでの男性心理

出会ってから付き合いたいと思う男性の心理には一体どんな気持ちが隠されているのでしょうか?

女性はあれこれ悩んだり、慎重に段階を踏む傾向がありますが、男性の場合はどんなことを思っているのでしょうか。

2人でデートをしたい

男性は、とにかく2人で一度デートがしたい!と思っている傾向が強いです。出会った直後だと、まわりに共通の友人や同僚がいたりして、なかなか深く付き合うことができないですよね。

2人で会うからこそ、深い話ができて、相手が今どんなことを思っているのかもよくわかります。性格を把握したい気持ちが強いので、まずは2人きりでデートがしたいと思っていますよ。

自分に好感を持ってほしい

自分が好意を寄せている、相手から好意を持ってもらっている人には、できるだけ好印象を与えたい…と思っています。男性なので、やはり「かっこいい」「頼りになる」と思ってもらいたい気持ちがあるんですよね。

だからこそ、2人でデートをして、自分のことや共通の趣味の話をして仲を深めたい気持ちが強いです。話が盛り上がれば盛り上がるほど、相手に好感が持てるでしょう。

出会ってから付き合うまでに見極めるポイント

ここまで、さまざまな出会ってから付き合うまでの要素をお伝えしてきましたが、出会ってから付き合うまでの間は、とても重要な時間です。

お互いのことを知り、付き合うまでをイメージできる期間なので無意識に過ごしてしまってはもったいないです。その期間は、付き合って大丈夫かをきちんと判断できるように、見極めたいポイントがいくつかあるんです!

ここからは、出会ってから付き合うまでに見極めたいポイントを紹介します。

価値観が合うか

まず一番大切なのが、お互いの価値観が合うかどうかです。付き合うということは、一緒の時間を深く過ごすことなので、価値観が合わないと一緒にいるのが苦痛になってしまいます。

普段の生活習慣や、仕事に対する姿勢など、自分がいつも考えていることと近いかどうかはとても大切です。容姿や職業だけで選んでしまうと、後になってから一緒にいるのが苦痛だと感じてしまうので、じっくりと見極めてくださいね。

金銭感覚は近い?

価値観と同じように金銭感覚が近いかどうかもチェックしておきましょう。付き合うまでは心がドキドキとして、金銭感覚なんてあまり深く考えていない…という女性も多いです。

しかし、金銭感覚がズレていると、付き合ってから苦労するようになります。一緒に食事に行くときは、毎回少しでも安いものを頼もうとしたり、細い端数まで割り勘にされるなど、ケチな一面が見えてくるかもしれません。

また、旅行や同棲、記念日でのプレゼントなど、大きなお金が動く時にモメてしまう可能性もあるでしょう。金銭感覚が自分と近いかどうかは重要なポイントです。

まとめ

出会ってから付き合うまでの流れについて紹介しました。「この人と付き合いたい」と思ったら、すぐに告白をしたり、アタックしてしまったりする人もいるかもしれませんが、まずは段階を踏みながら、自分に合うかどうか見極めることが大切です。

出会ってから付き合うまでの流れや男性心理が知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW