FASHION

気温8度の服装は「最低・最高気温」で、違う!【18選】

2019/11/08

春・秋・冬に訪れる気温8度の日。「どんな服装を着ればいいかわからない!」そんなあなたに、気温8度の日におさえるべきコーデのポイントと、お手本コーデを〈最高気温、最低気温別〉に徹底解説します!

《最低》気温8度の服装ポイント

まず最初に、最低気温8度がいつ頃のどんな気温で、どんな服装がおすすめなのかを、画像付きでレクチャーします! ぜひ参考にしてみて。

最低気温8度ってどんな気温?

最低気温8度は、3月~4月前半、11月後半~12月前半ごろになることが多いです。昼間には18度くらいまで上がることも。

コーデのポイント

朝と夜の気温差が激しいので、薄手の上着で調節ができるようにするとGOOD! 春は薄めのトップスに羽織り、冬は厚めのトップスに羽織りがおすすめ。雨の日は冷え込むことが多いので、アウターを持っていたほうが安心。

おすすめアウターリスト

【1】トレンチコート
【2】デニムジャケット
【3】テーラードジャケット
【4】カーディガン
【5】ライダース

《最高》気温8度の服装ポイント

最低気温8度について学んだら、次は最高気温8度の気温と服装について見ていきましょう!

最高気温8度ってどんな気温?

最高気温8度は、12月中旬~2月になることが多いです。最低気温は、0~3度になることが多く、かなり冷え込んだ気温。晴れた日でも氷点下になることがあります。

コーデのポイント

最高気温8度の日は、かなり寒いので、おしゃれだけでなく寒さ対策をしっかりすることが重要。アイテムは、厚手のアウターや首元まであるニットを選んで、スカートのときにはレギンスやタイツを履くのがベター

マフラーや手袋があると、さらに安心です。マフラーに限らず、素材はウールやカシミヤ、アクリルがあたたかくてオススメ

おすすめアウターリスト

【1】ダウン
【2】厚手のロングコート
【3】ファー・ボアコート
【4】MA-1

アウター別にみる《最低》気温8度のおすすめコーデ

気温の特徴とファッションのポイントをつかんだところで、最低気温8度のお手本コーデをチェック! おすすめのアウターごとにコーデを紹介しているので、自分の持っているアウターと照らし合わせて参考にしてみて。

トレンチコート

トレンチコート×マリンスタイル

ボーダーのTシャツに白のワイドパンツを合わせたマリンルック。やわらかい素材のトレンチコートを羽織れば、引き締まりすぎず、女性らしい凛とした印象に仕上がります。

袖コンシャストレンチコートコーデ

袖を絞ったデザインが印象的なトレンチコート。中の上下はシンプルにまとめて、トレンチコートを主役として引き立てるコーデに。上重心のコーデは、下半身をスキニーとピンヒールでスッキリまとめて。

デニムジャケット

デニムジャケット×ノースリーブ×Aラインスカート

ダークカラーのコーデにデニムジャケットを羽織れば、春らしい装いへシフト。真ん中に大きめのプリーツが入ったスカートは、ぴったりしすぎないシルエットが今っぽくて◎。

デニムジャケット×ブラウンパンツ×スニーカー

オーバーサイズのデニムジャケットにパンツとスニーカーを合わせた、カジュアルなマニッシュスタイル。光沢感のあるレザーバッグで、カジュアルコーデをワンランク上のコーデへ格上げ。

テーラードジャケット

ジャケット×白T×デニム

白T×デニムのいつもの上下にジャケットをオンすれば、オーセンティックな着こなしに。ジャケットとポインテッドトゥパンプスを合わせた正統派コーデに、ビビットピンクのバッグを投入して遊びゴコロをプラス。

ジャケット×プリーツスカート×スニーカー

プリーツスカートにジャケットのいい女ルック。品ありモードなダークブルー系コーデに、白のスニーカーを合わせて引き算すれば、程よい抜け感をゲット。

カーディガン

ロングカーディガン×デニムジャケットコーデ

デニムジャケットに白Tとスキニーを合わせたデイリーなコーデに、ピンクのロングカーディガンを合わせれば、春らしいさわやかな印象に。アレンジのきく無地のカーデなら、ジャケットの上に羽織っても◎。

ブルーロングカーデ×黒ワンピース

暗くなりがちな秋冬コーデに、綺麗色のカーディガンを合わせて華やぎをプラス。さらに、シャギーのふわふわ感が、きまじめな黒の力を抜いてくれます。

ライダース

ライダース×フリルブラウス×デニム

ライダースにウォッシュ加工されたグレーデニムを合わせた辛口な装いに、甘めのフリルブラウスを合わせてテイストMIX。サイドに縦ラインが入ったジーンズが、脚長効果を発揮。

レザーアイテム×カーキアシンメトリースカート

アシンメトリースカートの揺れて透けるシースループリーツが、レザーのジャケットとブーツのかっちり感を中和。モノトーンにカーキを合わせると、気品のある大人っぽい印象に仕上がります。

アウター別にみる《最高》気温8度のおすすめコーデ

最後に、最高気温8度のお手本コーデをチェック! おしゃれとあたたかさを両立できるコーデを目指してみて!

ダウンジャケット

ダウン×ホワイトコーデ

白まわりのニュアンスカラーでまとめたコーデ。微妙な色の違いを楽しんで。足元は黒のレザーブーツで引き締めて、コーデがぼんやりした印象になるのを回避。

ダウン×チュールスカート×イエローバッグ

ボリュームのあるダウンジャケットを合わせたブラックコーデ。スカートは、チュール素材のものを選んで抜け感をつくって。バッグは、ポイントになる強い色を採用。

ロングコート

グリーンニット×ブラックコーデ

黒の強さを和ませるやわらかなモスグリーンニットが印象的なコーデ。全体的にワイドなシルエットのスタイルも、ショート丈ニット、ハイウエストパンツを合わせて野暮ったく見えるのを回避。

ノーカラーコート×イエロースカート

首まわりがすっきりしたノーカラーコートなら、大きめマフラーをしてもちょうどいいボリューム感に。鮮やかなイエローのスカートを投入して、暗くなりがちな冬コーデを気分転換。

ボアアウター

ボアコート×ホワイトコーデ

クリーンで存在感を発揮する白に、やさしげなブラウンのコートを重ねてムードづくり。コンサバ感の強い白×ベージュの組み合わせを、ゆるめのアイテムで着くずして。

ボアジャケット×Tシャツ×レギンス×スニーカー

大きめTシャツにレギンス、スニーカーを合わせて、肩の力を抜いたご近所コーデ。白とボアで膨張して見える上半身は、黒のポイント使いで引き締めると◎。

MA-1

MA-1×オールブラックコーデ

ALL黒の上下にクールなカーキのMA-1を合わせて、ハンサムに突き抜けて。さらに、底部分のディテールにこだわりのあるニーハイブーツで攻めればモードに決まる。

MA-1×白プリーツスカート

メンズライクなMA-1ジャケットを、レディな白スカートで中和。かっちりめなプリーツなら、甘くなりすぎずMA-1と黒レザー小物のテイストに上手くマッチ。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW