ドレスコードお手本コーデ
FASHION

ドレスコードとは?段階別にお手本コーデを徹底解説!

2019/07/11

皆さんも一度は耳にしたことがある「ドレスコード」という言葉。聞いたことはあっても、明確な決まりや気を付けるべき点をきちんと理解している方は少ないのではないでしょうか? 実は意外にも明確な決まりや段階があり、それぞれに相応しい格好が存在します。今回はそんな「ドレスコード」について徹底解説していきます!

「ドレスコード」の種類【5】カジュアルエレガンス

スマートエレガンスよりも、カジュアルダウンしたドレスコードが「カジュアルエレガンス」。ただし「カジュアル」というワードが入ってるからといって、Tシャツやデニム、スニーカーやサンダルを選ぶのはマナー違反。お見合いや、一般的な結婚式の二次会で用いられていることが多いドレスコードになります。かしこまりすぎず、カジュアルすぎない上品なコーディネートを意識して。

最適なシーン

・お見合い
・結婚式の二次会
・ホテルでの会食

スカートスタイル

▼ロイヤルブルーが目をひく辛口、だけど上品ワンピース

ロイヤルブルーの上品なワンピースの画像

プチハイネックと揺れるラッセルが辛口で、芯のある女性を印象付けてくれる一枚。ロイヤルブルーには、ベージュやゴールド系小物を合わせるのがおすすめ。

▼袖コンシャスでシンプル、BUT華やかに

袖コンシャスでシンプルなドレスのコーデ画像

ふんわりと揺れるジョーゼットがコンシャスな袖元を演出。とろみのある素材は体型カバーもできて、着るだけでフェミニンな装いに。

パンツスタイル

▼パンツスタイルはどこかに女性らしさを

パンツスタイルの画像

エレガントさを求められる場でのパンツスタイルは、カジュアルな印象を与えがち。袖元が透け感のあるシフォン袖のオールインワンなら心配なし。パンツスタイルはどこかに女性らしい華やかなポイントを添えて。

▼上品なVネックが華奢なデコルテを演出

オールインワンドレスの画像

縦のラインがエレガントなシルエットを作ってくれるオールインワンドレス。深すぎない絶妙なVネックが上品で、華奢なデコルテラインを演出。

「ドレスコード」の種類【6】ビジネスアタイア

続いては、あまり聞きなれないドレスコード「ビジネスアタイア」。ビジネスというワードからも分かるように、社員総会や企業のレセプションなどに用いられるドレスコードです。「とりあえずスーツを着ておけばいいかな」と思いがちですが、ただのスーツではなく、開催される会場の雰囲気に合わせたドレッシーな印象を与えるスーツスタイルを心掛けて。

最適なシーン

・社員総会
・企業のレセプションパーティー

スカートスタイル

▼レースのタイトスカートはビジネスシーンにもってこい!

レースのタイトスカートの画像

着られるアイテムが限られてくるビジネスシーンですが、レースのタイトスカートはきちんと感と女性らしさが手に入るのでおすすめ。何より、デイリーユースできるので着回し力も抜群のアイテム。

パンツスタイル

▼明るいカラーのスーツで華やかさを格上げ

明るいカラーのスーツの画像

ビジネスシーンではどうしても地味なカラーリングに寄ってしまいがち。そんなときでも華やかなパーティーやレセプションの場に相応しい格好をするなら、断然明るいカラーのスーツがおすすめ。小物の色味やトーンを統一すれば、ビジネスシーンに華を添えるエレガントなスーツスタイルの完成。

▼長め丈ジャケットがフォーマルさを演出

ベージュのセットアップの画像

きっちりカチッとした印象を与えるパンツスタイルですが、ベージュトーンなら柔らかで女性らしい印象に。長めのジャケット丈が体型カバーしながら、フォーマルさも演出。

次ページ> 「ドレスコード」の種類【7】スマートカジュアル
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW