FASHION

イルミネーションを見に行く日、正直《彼・女子ウケ》狙いたい!お手本コーデ22選

2019/12/25

冬の風物詩の“イルミネーション”。毎年年末になるとカップルをはじめ、ファミリーや友人とのイベントスポットとして多くの人で賑わいます。そんな冬の一大イベントだからこそ、どんな服装がいいのか迷ってませんか? デートで大人可愛く仕上げたい方も、友人と楽しく写真映えを狙う方も、イルミネーションを見に行くときのコーデのポイントをおさえて特別な日にしましょう!

イルミネーションコーデのポイント

まずはイルミネーションコーデにおける基本的な3つのポイントをチェック! 素敵な思い出をつくるためにも、スタイリングをする上で欠かせない条件があるんです。

1. 防寒対策をしっかりと

野外のイルミネーションスポットで一番大切になるのが、防寒対策! どんなにおしゃれな服装をしていても、寒すぎてはせっかくのイルミネーションも楽しめません。「寒い! 」ばかり口にするのはNG。周囲の人をがっかりさせないためにも、当日の予想気温を踏まえたコーデにしましょう。

2. 履きなれた靴が◎

人混みの中や広い敷地内を歩くイルミネーションスポットには、履きなれた靴で行くべき。せっかくのデートや友人との楽しい時間も靴ずれをしていては、楽しさも半減してしまいます。高すぎるヒールは避け、低めのヒールやスニーカーを選ぶのがおすすめです。

3. 明るい服装がベスト

暗闇の中にあるイルミネーションスポットでは、明るいアイテムを取り入れるとコーデが華やぐ。写真を撮る機会も多いので、いつもはダークトーンを着がちな人も積極的に明るいカラーをえらんでほしい!

大切な人と楽しむ【デートコーデ】

大切な人と楽しむイルミネーションデートでは、“大人可愛い”がキーワード。 基本的な3つのポイントをおさえたら、彼ウケも意識した冬デートコーデに仕上げて。おすすめのアイテムを使って、イルミネーションの中で大好きな彼に素敵に映るレディースコーデをご紹介します。

パンツスタイル

暗くても映える『白アウター』が鉄板アイテム

冬デートで大活躍するのが白のアウター。いつもの服装でも、アウターを「白色」に変えるだけで女度が一気に上がる頼れる味方。ワードローブに一枚は持っておきたいアイテムです。

『明るいカラーコート』で彼の目を惹く

明るいカラーコートは暗闇のなかでも、必ず目を惹く優れもの。カラーコート初心者さんには意外と着回ししやすいブルーがおすすめ。インナーとボトムをベーシックカラーで統一すれば、色数がおさえられて失敗知らず。

特別な日だから『赤・ボルドー』に挑戦

いつも違う特別なデートだからこそ、赤・ボルドーのアイテムで気合を入れてみる。さりげなくコーデに取り入れれば、大人の余裕を感じるスタイリングが完成。

触り心地が最高な『ボアコート』

柔らかい触り心地のボアコートは、見た目もあたたかいので冬デートにピッタリ。なかのインナーを黒でクールにまとめれば、白のボアコートがもつほっこり感との絶妙なバランスを実現。

スカートスタイル

周囲と差をつける『オールホワイト』が大人可愛い

暗い夜でも明るくみせてくれる白アイテムは、イルミネーションとの写真にもってこいな存在。オールホワイトコーデは、異素材でメリハリをつけて周囲と差をつけて。

揺れる『チュールスカート』がガーリー

大人っぽい辛口なチュールスカートと抜き襟で羽織ったショート丈ダウンの組み合わせが旬なシルエット。ワンポイントで黄色のチェーンバッグをプラスして、差し色をON。

顔周りは『白アイテム』が照らしてくれる

白いマフラーをぐるぐる巻きにすれば、可愛さ5割増し! とにかく「白」のアイテムを顔周りにもってくることで、血色を良く見せることができる。フェミニンな花柄スカートもライダースでスパイスをひとさじ。

ワンピーススタイル

『もこもこニット』で愛らしさをGET

野外のイルミネーションは寒くなるけど、アウターのなかにもこもこニットを忍ばせれば防寒もできるのにとってもキュート。大人っぽい落ち着いたワンピースに、優しげなニットカーディガンを羽織れば女らしくシフトできます。

大人のデートコーデには『ワンピース風セットアップ』

しっとりとした大人のイルミネーションデートにはセットアップのワンピースがドラマティック。リブニットだとさりげなくボディラインが強調されるので、女性らしさがプラスされる。

『ムートンコート』で可愛いのに防寒もバッチリ

ダウンコートだとカジュアルすぎるけど、防寒もしっかりしたい人にはムートンコートがベストマッチ。きれいめなスタイリングはデートにピッタリなので、彼ウケ抜群!

友人と楽しむ【写真映えコーデ】

友人とワイワイきれいなイルミネーションスポットを楽しんだら、SNSに投稿したい! でも実際に写真を見返すと、暗闇に埋もれて残念なショットになってることも……。そんな悲しい思いをしないように、写真で映えるレディースコーデのポイントをチェック。 “カジュアルさに個性をプラス”したとっておきのスタイリングを狙いましょう。

パンツスタイル

『チェック柄コート』なら人混みでも目立てる

チェック柄のロングコートは、大勢の人のなかでも主役になれちゃうお目立ちアイテム。みんなの視線を集める大柄のチェックが、イルミネーションに負けない存在感を発揮してくれます。

白率高めな『モノトーン』で暗さに負けない

モノトーンコーデでも白の比率が高いバランスにすることが、場所が暗くでも埋もれない秘訣。とくにボトムの白パンツは必然的にコーデの白率を高めてくれるので優秀。

マフラーいらずの『パーカー』があったかい

真冬の野外イルミネーションは寒くて当たり前。首元を覆ってくれるオーバーサイズのパーカーを着こめば、マフラーいらずに過ごせるかも。カジュアルすぎないように、しっかりとアウターやバッグで個性を添えて。

『明るい色のタートルニット』で必ず写真映え

トップスはビビットカラーのタートルニットをえらべば、写真を見返したときの残念ショットを回避できる! 首元まで伸びてるタートルネックなら顔周りを印象的に際立たせてくれます。これでセルフィーの写真映りは怖くない。

スカートスタイル

華やかな『チェック柄スカート』で全身写真もOK

華やかなチェック柄スカートなら、イルミネーションとの全身ショットもバッチリ。クリスマスカラーのチェックならイベントムードを高めてくれるので、ハッピーな気分になれる。

『ビビットカラーアイテム』が集合写真で映える

複数の友人とイルミネーションスポットにいったら、集合写真はつきもの。ダークトーンでまとめたコーデだとその他大勢になってしまうかも。そんなことにならないようにビビットカラーのアイテムを1点プラスしてみて。雰囲気がグッと変化します。

ワンピーススタイル

『ダウンコート』もショート丈で脚長効果

真冬の寒い季節でも、ダウンコートがあれば寒がりさんも問題なし! ワンピースにショート丈ダウンを追加すれば、腰の位置が高く見えるので脚長効果も期待できる。

『ゆったりシルエット』でスタイルUP

流行りのゆったりとしたアイテムでまとめたIラインシルエット。柔らかい魅力を醸し出しながらも、お腹周りもカバーしてくれるのでスタイルアップもお手の物。たくさん写真を撮るイベントでヘビロテしたいシルエットです。

おすすめの小物~マフラー・帽子~

野外のイルミネーションスポットは、事前に気温をチェックしても想像以上に寒いことも……。 そんなときにコーデにプラスしてほしいのがマフラーや帽子といった「小物」です。気軽に取り外しできますし、防寒対策にもなります。寒い日もおしゃれでいたい人はおすすめの小物にトライしてみて。

マフラー

「ピッティ巻き」があたたかい

マフラーは寒い冬のおでかけの必需品! おしゃれな巻き方がわからない人におすすめしたいのが、“ピッティ巻き”。首元が二重になるのであったかいのに手が込んでるようにみえます。

スヌード

ボリューム感たっぷりで寒さ知らず

首に巻きつけるだけでサマになるスヌードがとってもかんたん。ボリューム感があるので、スヌードに顔をうずめるだけで可愛くみえる!

帽子

『キャスケット』

キャスケットは黒が定番ですが、夜のイルミネーションコーデには明るいグレーをチョイス。暗い髪の毛との同化を防ぐので、セルフィ―も意識したスタイリッシュな装いに。

『ベレー帽』

コーデの仕上げにベレー帽を加えてみると冬らしいコーデが完成する。マンネリ化してきたいつものスタイリングも、ベレー帽があることでちょっとしたアクセントになります。

『ニット帽』

風が強い日でも、頭にフィットするニット帽が飛ばされる心配がない! カジュアルな組み合わせこそ、ニット帽をはじめとした小物にこだわることで個性を発揮して。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW