FASHION

2月の服装、最高気温を目安に《アウターの種類別》コーデ24選

2019/12/25

まだまだ外は寒く、雪の降る日もある2月。日中暖かい陽気の日でも、朝夕の気温の寒暖差も気になるところ。とっても服装を迷う季節に、最高気温別コーデやアウター別コーデをご紹介。
また、そろそろ店頭にはカラフルな春物も並び、キレイ色も気になってくる時期。バレンタインなどのイベントやデートにぴったりのカラーコーデ画像も。

ボリュームの出がちなダウンでのスカートコーデ。失敗しないためには、長めのスカートをタックインで合わせるとスタイルアップ効果が期待できる。タイツも同じ色で合わせて脚長効果を狙って。

▼キレイ色スカートで春を先取り

気温の寒い日も、暗い色ばかり着ていたのでは楽しくない! 気分をあげたい日には防寒をしつつ、カラーを取り入れてみて。他のアイテムをモノクロで落ち着かせれば、浮く心配もなし。ヒール使いでレディに仕上げれば、急なデートのお誘いにも対応できちゃうかも。

ワンピースコーデ

▼ナイロンコートでの異素材コーデ

シンプルなニットのロングワンピースには、ミリタリーコートで辛口要素をプラス。中綿入りのロングコートなら防寒対策もバッチリ。ぐるぐるマフラーで視線を上にしてスタイルアップも狙って。

【アウター種類別】コーデ

手持ちのアウターの形からコーディネートを考えたい人もいるはず。ここでは冬に優秀な4種類のアウター別に、コーディネートをご紹介。新たにアウターの購入を考えている人も参考にしてみてくださいね。

チェスターコート

▼濃い目デニムと合わせてきれいめコーデ

クールな形のチェスターコートも、ベージュやブラウンでまとめればこんなに優しげな印象に。きちんとした印象のコートでいつものデニムスタイルもきれいめに仕上げて。

▼淡色コーデには黒チェスターで引き締めを

淡いカラーのコーデが好きな人は、黒チェスターが1枚あると引き締め効果をプラスできる。長めのコートとマフラーでしっかり防寒を。とくに寒い日は足元に厚手タイツを合わせて。

ダウンコート

▼ネイビーダウンで知的にまとめて

黒が定番のダウンだけど、ネイビー選びも新鮮。黒ほど重くなりすぎず、黒に近い感覚で使える優れもの。バッグにもブルーを入れて統一感をプラス。腰までの丈でしっかり防寒を。

▼軽くて暖かいキルティング

次ページ> 春を意識するならこんな【カラー】がおすすめ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW