FASHION

2月の服装、最高気温を目安に《アウターの種類別》コーデ24選

2019/12/25

まだまだ外は寒く、雪の降る日もある2月。日中暖かい陽気の日でも、朝夕の気温の寒暖差も気になるところ。とっても服装を迷う季節に、最高気温別コーデやアウター別コーデをご紹介。
また、そろそろ店頭にはカラフルな春物も並び、キレイ色も気になってくる時期。バレンタインなどのイベントやデートにぴったりのカラーコーデ画像も。

スカートコーデ

▼アースカラーを黒ブーツで引き締めて

万能黒ブーツならグラデーションカラーにも対応。甘くなりそうなプリーツスカートもカーキを選んで、ポインテッドトゥブーツを合わせればシャープなコーデに。

▼5度近い冷える日にはロングブーツを投入

今日は冷え込むぞ! という日にはロングブーツへ切り替えも。厚着でもホワイトが多めなので重く見えない。キレイ色スカートを主役にした春待ちコーデのお手本。

ワンピースコーデ

▼ロングカーディガンならあったか素材が優秀

厚手のふわふわカーディガンは、温度調整が必要な季節にヘビロテ必須。すとんとしたワンピースに長めカーデで、さらに縦感を強調。足元はブーツでしっかり防寒対策を。

【最高気温5度以下】の日の服装 

真冬並みの気温の日には、風を通しにくいダウンや厚手のアウターでしっかり防寒を。風を感じると体感温度がグッと下がってしまいます。また、首元でも寒さを感じやすいためマフラーや大判のストールも必須アイテム。朝晩も寒いのでしっかり対策してお出かけして。

パンツコーデ

▼ダウンは寒さ対策ナンバーワンアイテム

動きやすいパンツコーデなら、コンパクトな丈のダウンジャケットが相性抜群。着ぶくれがちなダウンをスキニーパンツで細見えさせて。歩きやすいスニーカーで雪の日もおすすめのコーデ。

▼たっぷりガウンコートは重ね着で調整可能

ガウンコートならオシャレ度高めで、通勤にも使えるきれいめアイテム。旬のたっぷりサイズなら中に着込むことも可能で、気温に合わせて調節可能。ヒールを合わせて女性らしくまとめて。

スカートコーデ

▼ボリューム感のあるアウターはタックインでバランスを取って

次ページ> 【アウター種類別】コーデ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW