FASHION

秋もシャツワンピが大活躍!秋っぽく着こなす《4つのテク》&色別コーデ【21選】

2019/12/25

ノンストレスで着られて着回し力も高いシャツワンピは、春夏だけではなく秋もガンガン着られるアイテム。着こなし方を工夫すれば、春夏に着ていたあのシャツワンピも秋っぽくアップデートが可能なんです! 今回はそんなシャツワンピを秋っぽく着こなすテクニックから、色別コーデ、悩めるアウターの選び方までMINEが徹底的にレクチャーします。

シャツワンピを【秋っぽく着こなす4つの方法】

たった4つのテクニックを抑えるだけで、手持ちのシャツワンピも秋らしくアップデートが可能。どれも簡単なのでまずはココからチェックしてみて。

リブレギンスをレイヤードして暖かく&トレンド感たっぷりに

リブレギンスを合わせれば、ちょっぴり肌寒い秋も暖かくシャツワンピースを着られるうえに、トレンド感もアピールできます。ワンピースと同系色のリブレギンスをチョイスして、これまた旬のワントーンコーデにトライしてみるのもGOOD!

タートルネックを合わせて秋らしさアップ

爽やかな印象のシャツワンピも、中にタートルネックを仕込むだけで秋仕様に。クリーンな白のシャツワンピに黒のタートルネック、黒スキニーを合わせてシックな大人コーデをメイク。

羽織りものとして活用!

前を開けて着れば、羽織りものが必須になる秋も大活躍。色もブラウンのものなら季節感たっぷり。デニムと合わせて気負わない雰囲気にまとめて。

ニットを重ねて脱マンネリ

涼しげな雰囲気のシャツワンピースも、こんなふうにニットをレイヤードするだけで暖かみがでて◎。ニットベストなら重たく見えることもなく、どこかスタイリッシュにまとまります。レギンスを仕込めば足元の防寒対策もバッチリ。

《カーキ》で洗練されたスタイルに

秋の定番カラーのひとつであるカーキ。楽チンなシャツワンピも、カーキなら大人っぽく洗練された雰囲気をまとうことができるのが嬉しいポイント。きれいめにもカジュアルにも着られるので、一枚持っておけば様々なシーンで活躍してくれるはず。

ワンピーススタイル

▼ハリ感を味方に一枚で着こなして

ほどよくハリ感のあるものなら一枚で着ても手抜き感が出ず、むしろ上品な着こなしが叶います。カーキ+ハリ感でちょっぴり重たさがでてしまうので、肌馴染みの良いベージュのミュールサンダルで足元は抜け感たっぷりに。

▼デニムをレイヤードして思いっきりカジュアルに

シャツワンピの前を閉じてデニムをレイヤードし、こなれ感たっぷりのスタイルをメイク。ウエスト部分でキュッと結べるタイプのシャツワンピなら、デニムを合わせても野暮見えする心配はナシ。パイソン柄のフラットシューズで辛口なスパイスを加えることでコーデにメリハリが出てGOOD!

羽織りスタイル

▼絶妙なエアリー感で力みのない着こなし

黒×カーキは、クールに傾きすぎてしまうけど、ちょっぴり淡いカーキをチョイスすれば軽さが出て黒の緊張感もほぐれる。前を開けてサッと羽織り、大人の余裕をアピールして。

▼マイルドなカーキでアウトドアな雰囲気に

優しい雰囲気のカーキのマキシ丈シャツワンピに、ベージュのワイドチノパンツを合わせたアースカラーコーデ。インナーに白のタンクトップをチョイスすれば爽やかさもアップ。スニーカーを合わせれば、秋のアウトドアイベントにもぴったりなコーデが完成!

《ベージュ》ならきれいめに着こなせる

オールシーズン人気の高いカラー、ベージュ。シャツワンピなら、さらに気負わないナチュラルな着こなしが叶います。着回し力が高いのもこのカラーの嬉しいところ。

ワンピーススタイル

▼ニュートラルカラー合わせで優しい雰囲気に

ベージュのシャツワンピに、グレーのスキニーデニムを合わせた優しいカジュアルルック。メタリック小物を散りばめることでコーデがほどよく引き締まり、淡い色合わせでも野暮見えしない。

▼デニムで立体感を出して

茶色味が強いベージュのシャツワンピは、ベロア素材で季節感たっぷり。肌馴染みの良いベージュは一枚で着てしまうとのっぺりしてしまうのが問題点。ワイドデニムを合わせればコーデに立体感がでてGOOD!

羽織りスタイル

▼ワントーンコーデもキリッとまとまる

まだまだ人気継続中のベージュのワントーンコーデ。羽織りをシャツワンピに変えるだけでワントーンコーデもシャキッと着こなせるので◎。白のカットミュールで爽やかな抜け感もプラスして。

▼ベージュで黒の強さをセーブ

黒のタートルネック×黒スキニーのクールなコーデに、あえて優しいベージュのシャツワンピを合わせて黒の強さを抑えることで、親近感たっぷりなスタイルに。ストラップサンダルで足元に抜け感を出したら、ギンガムチェックのバッグでほんのり遊び心を加えて陳腐見えを回避。

《白》できちんと感を演出

オールシーズン着られる白のシャツワンピは、一枚持っていて間違いないアイテム。合わせるアイテムを少し変えるだけで、様々な着こなしが楽しめるのも嬉しいところ。秋はどうしても暗色の服ばかりを選びがちなので、白のシャツワンピで爽やかな秋コーデを楽しんでみてはいかが?

ワンピーススタイル

▼ニットベストで季節感を演出

クリーンな白シャツワンピに、ベージュのニットベストを重ねて暖かみをプラス。野暮見えしないよう、ベストは大きすぎないものを選ぶのがベター。シルバーアクセサリーをじゃら付けすることでほっこり感も回避できます。

▼楽チンだけど、手抜き感はゼロ

ゆったりサイズの白シャツワンピに、リブレギンスを合わせたリラックス感たっぷりなコーデ。スリット入りのレギンスをチョイスすることで、トレンド感とほどよい抜け感がプラスできて◎。黒の足袋シューズと巾着バッグでモード感をプラスするのが、コーデを陳腐に見せないための秘策。

羽織りスタイル

▼大人のエフォートレスルック

カジュアルなワイドデニムにブラウンのインナーを合わせた大人っぽい着こなしに、丸みのあるシルエットの白のシャツワンピで親しみやすさをプラス。フラットサンダルや、ウッド調のバングルでリラックス感たっぷりにまとめて。

《チェック柄》で季節感たっぷりに

チェック柄のシャツワンピは、一枚で着ても羽織りものとして着ても季節感たっぷりにキマるのが嬉しい。子供っぽく見せない着こなし方や小物づかいに注目!

ワンピーススタイル

▼正統派ワンピを大人っぽく

ともすれば少女っぽく見えてしまう、きちんと感のあるチェックのシャツワンピ。ハンサムな黒のショートブーツや、コンパクトなショルダーバッグでほんのり辛口なスパイスを加えるだけで、大人っぽい着こなしへと速攻シフト。

▼大人のリラックスコーデ

前後差のある丈がこなれ感をアピールしてくれるチェックのノーカラーシャツワンピース。デニムをレイヤードしてコーデに奥行きを出すことでオシャレ度もグッとアップ。小物は黒で揃えて全体的に落ち着きのある大人コーデに。

羽織りスタイル

▼シャツワンピを肩掛けしてオシャレ度アップ

巧みなレイヤード術が光るカジュアルコーデ。ボーイズライクなシャツワンピースは肩掛けすることでかっこよさが抑えられ、ほどよい女っぽさが演出できます。カーキの巾着バッグで気負わない印象を加速させて。

シャツワンピに合うアウターは?

一気に肌寒くなる秋は、シャツワンピ一枚では寒いときも......。でも、「一体どんなアウターが合うの?」という声もちらほら。ここでは、 シャツワンピと相性の良いアウター3つをご紹介します。

「ライダースジャケット」でクールに味付け

秋冬になると出番が増えるライダースジャケットは、実はシャツワンピと相性抜群。ちょっぴり真面目な雰囲気がでてしまうシャツワンピをうまく崩してくれるうえに、大人っぽさもグッとアップしちゃいます。

「 カーディガン」で優しい印象に

シャツワンピをマイルドに崩すならカーディガンを合わせるのがおすすめ。ただ、全体的にほっこりした印象になってしまうので、大人っぽい小物で引き締めるのがお約束。

「ミリタリージャケット」でこなれ感たっぷりに

きちんと感のあるシャツワンピをカジュアルに着こなすなら、ミリタリージャケットがおすすめ。コーデにほどよいラフさと親しみやすさを与えてくれます。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW