FASHION

秋もシャツワンピが大活躍!秋っぽく着こなす《4つのテク》&色別コーデ【21選】

2019/07/08

ノンストレスで着られて着回し力も高いシャツワンピは、春夏だけではなく秋もガンガン着られるアイテム。着こなし方を工夫すれば、春夏に着ていたあのシャツワンピも秋っぽくアップデートが可能なんです! 今回はそんなシャツワンピを秋っぽく着こなすテクニックから、色別コーデ、悩めるアウターの選び方までMINEが徹底的にレクチャーします。

シャツワンピを【秋っぽく着こなす4つの方法】

たった4つのテクニックを抑えるだけで、手持ちのシャツワンピも秋らしくアップデートが可能。どれも簡単なのでまずはココからチェックしてみて。

リブレギンスをレイヤードして暖かく&トレンド感たっぷりに

リブレギンスを合わせれば、ちょっぴり肌寒い秋も暖かくシャツワンピースを着られるうえに、トレンド感もアピールできます。ワンピースと同系色のリブレギンスをチョイスして、これまた旬のワントーンコーデにトライしてみるのもGOOD!

タートルネックを合わせて秋らしさアップ

爽やかな印象のシャツワンピも、中にタートルネックを仕込むだけで秋仕様に。クリーンな白のシャツワンピに黒のタートルネック、黒スキニーを合わせてシックな大人コーデをメイク。

羽織りものとして活用!

前を開けて着れば、羽織りものが必須になる秋も大活躍。色もブラウンのものなら季節感たっぷり。デニムと合わせて気負わない雰囲気にまとめて。

ニットを重ねて脱マンネリ

涼しげな雰囲気のシャツワンピースも、こんなふうにニットをレイヤードするだけで暖かみがでて◎。ニットベストなら重たく見えることもなく、どこかスタイリッシュにまとまります。レギンスを仕込めば足元の防寒対策もバッチリ。

《カーキ》で洗練されたスタイルに

秋の定番カラーのひとつであるカーキ。楽チンなシャツワンピも、カーキなら大人っぽく洗練された雰囲気をまとうことができるのが嬉しいポイント。きれいめにもカジュアルにも着られるので、一枚持っておけば様々なシーンで活躍してくれるはず。

ワンピーススタイル

▼ハリ感を味方に一枚で着こなして

ほどよくハリ感のあるものなら一枚で着ても手抜き感が出ず、むしろ上品な着こなしが叶います。カーキ+ハリ感でちょっぴり重たさがでてしまうので、肌馴染みの良いベージュのミュールサンダルで足元は抜け感たっぷりに。

▼デニムをレイヤードして思いっきりカジュアルに

シャツワンピの前を閉じてデニムをレイヤードし、こなれ感たっぷりのスタイルをメイク。ウエスト部分でキュッと結べるタイプのシャツワンピなら、デニムを合わせても野暮見えする心配はナシ。パイソン柄のフラットシューズで辛口なスパイスを加えることでコーデにメリハリが出てGOOD!

次ページ> 《ベージュ》ならきれいめに着こなせる
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW