ニットとセーターの違い
FASHION

ニットとセーターの違いを知ってる?それぞれの意味と最旬コーデをチェック!

2019/09/03

普段、何気なく使っているファッション用語「ニット」と「セーター」。同じものなのか、はたまた違う意味なのか、考えてみたらよくわからない……という方も多いのでは?
そこで、ニットとセーターの違いについて徹底レクチャー。それぞれの意味と最旬コーデをお届けします。

黒×茶色のシックなコーデも、表面感のあるニット素材を用いれば奥行きたっぷり。ふんわり広がるフレアスカートでレディに決めたら、足元はフラットシューズでこなれ感を漂わせて。

▼黒セーター×チェックスカート

セーターをハイウエストにタックインすれば、また違った印象をメイクできます。ゆるっとシルエットのセーターとピタッとタイトなチェックスカートで、メリハリたっぷりな着痩せコーデの完成!

セーター×シャツ

▼ベージュセーター×白シャツ

セーターコーデは、シャツとの重ね着で表情を変えるのもおすすめ。スリーブレスのセーターからシャツを覗かせれば、ほんのりきちんと感が漂うコーデに。白を使うことでヌケ感が生まれ、秋冬コーデが軽く仕上がる!

▼黒セーター×デニムシャツ

こちらは、黒セーターとデニムシャツの重ね着コーデ。デニムシャツを使うと、程よくカジュアルに仕上がってデイリーにシフト。襟、袖口、裾と3ヶ所からチラ見せさせて奥行きアップを目指して。

『ニット』を使ったアイテムでおすすめコーデ

ニット素材を用いたアイテムは、セーターだけでなく他にもバリエーションが豊富! ニットの柔らかな質感は、着心地も抜群なので人気が高いのもうなづけます。アイテム別におすすめコーデをチェックしていきましょう。

ニットカーディガン

▼白ニットカーディガン×チェック柄パンツ

ちょっとクールな印象のモノトーンチェック柄ワイドパンツは、白ニットカーディガンを合わせると親しみやすいコーデにシフト。ニットの柔らかく暖かな質感で、辛口アイテムのハードさが和らぎます。

▼グレーロングカーディガン×黒スキニー

ロング丈のニットカーディガンは、大人のこなれ感を演出するのにピッタリ! 白T×黒スキニーのシンプルコーデに羽織るだけで、おしゃれなバランスをメイク可能。アイシーグレーで洗練感のある着こなしに。

▼ネイビーニットカーディガン×フレアスカート

ダークカラーのニットカーディガンは、コーデの引き締め役に使いやすい。レースブラウスに重ねれば、上半身が奥行きたっぷりに。ボトムスはフラットなフレアスカートで素材感のメリハリをつけて。

次ページ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW