FASHION

サングラスで無難→旬顔に!《初心者向け》トライしやすい春夏秋冬コーデ集

2019/07/08

日焼け対策はもちろん、すっぴん隠しなどでも重宝される「サングラス」。でも、夏の暑い日や旅行のときしか使わない……なんて方も多いのでは? いえいえ、それだけではもったいない! 「サングラス」はお洒落アイテムとして、とっても優秀なんです。
今回は<季節別>のサングラスコーデをご紹介。今すぐ使っていないサングラスを引っ張り出して、あなたも旬顔にトライしましょう!

シンプルなニット×デニム×コートには、ウェーブヘアと目元が透けて見えるクリアサングラスで、周りに差をつけて。ファーバッグをレンズの色味にリンクすれば、たちまち存在感のあるたたずまいに。

▼派手トレンチはサングラスで女優風

ぱっと目を惹くブラウンのトレンチコートを主役にした華やかなコーデ。折り返した袖のデザインに合わせて、他のアイテムはネイビーかコートと同じブラウン系で統一して。最後にブラックのサングラスをかけて、女優っぽいレトロなムードをプラス。

スカートスタイル

▼スカートコーデを辛口にメイク

子供っぽくなりがちなレザーのプリーツスカート×スニーカーの組み合わせも、「ラウンド」型のサングラスで大人顔に変身。ニットは少し大きめのサイズを選んで、手首に抜け感を作るのがコーデのポイント。

▼ベージュコーデはサングラスを引き締め役に

秋冬に挑戦したいベージュトーンのコーデは、それぞれのアイテムの素材や柄を少しずつ変化させるのがお洒落。仕上げにサングラスをオンして、全体を引き締めて。

ワンピーススタイル

▼レディなブラックコーデをアップデート

全身を黒のアイテムでまとめたワントーンコーデを、サングラスでさらに格上げ。全部が辛口にならないように、ワンピースは裾がふわっとした軽いものをチョイス。サンダルや髪型で肌見せしてレディっぽさを加えることを忘れないで。

サングラスに合う”顔周りのアイテム”

目元を隠してしまうサングラスには、表情が見えづらくなってしまうという欠点が。 その分、顔周りのアイテムを工夫して、雰囲気を明るくメイクしよう!

<季節別>サングラス×帽子

▼<春>はキャップでスポーティーに

スポーティースタイルには、サングラスと流行りのアイテムであるボディバッグ&スポーツサンダルを黒で揃えて投入。アクセントに淡いブルーデニム素材のキャップを添えて、最旬コーデの完成。

▼<夏>はカンカン帽で涼しげスタイル

次ページ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW