LIFE STYLE

LINE(ライン)のアイコンで心理がわかる!?モチーフ別に紹介

2019/07/05

何気なく設定しているかもしれませんが、LINEのアイコンを何にしているかでその人の深層心理がチラッとわかってしまうものなのです。アイコンのモチーフ別に、その心理と特徴を解説します。また、男性から好感度の高いおすすめのアイコンも紹介します。

LINE(ライン)のアイコン別深層心理

皆さんは、LINEのアイコンをどんなものに設定していますか? 自撮り写真でしょうか、それともペットや花などの写真でしょうか? 実は、どんな写真をアイコンに設定しているかで、その人の性格や、深層心理までわかってしまうと言われているのです。

たかがアイコンと思うかもしれませんが、そこには多くの情報が詰め込まれています。LINEのアイコンというのは、自分の分身のようなものです。

なので、何気なく選んだつもりでも、そこにはあなたの願望や、どのように他人に見られたいかという、深層心理が隠されているものなのです。モチーフ別に、その深層心理を解説します。

顔がはっきりと映ったアイコン

自分の顔がはっきりと映ったアイコンを設定している人は、自分に自信がある人が多いです。また、自己顕示欲が強くポジティブな傾向があります。

ナルシストとまではいかないかもしれませんが、自分の顔に自信があり、その魅力を他人にアピールしたい気持ちの表れと言えるでしょう。自分の顔にある程度の自信、言い換えれば自分の顔が好きでなければ、アイコンにすることはないからです。

笑顔のアイコンは人にいいイメージを与え、明るい人だなと認識してもらえます。顔がはっきり映るアイコンの人は、自己プロデュースが上手い人が多いでしょう。

表情がわかりにくい横顔のアイコン

一応顔が映っているアイコンではあるものの、表情はわかりにくい横顔などのアイコンを使用している人は、自分に自信のない人が多いかもしれません。

本当はもっと自分を出していきたいのに、自信がなくて躊躇しているようなイメージです。自分をやや否定的にとらえているため、はっきりと顔を出すことができないのかもしれませんね。

でも深層心理では自分を見てほしいところがあり、結果として表情はわかりにくい、ぼんやりした印象のアイコンにしている傾向があります。横顔やうつむき加減なものに設定している人が多いでしょう。

綺麗な花の写真のアイコン

LINEのアイコンを、街で見かけたきれいな花の写真などに設定している人がいます。きれいな花の写真というのは、誰が見ても文句なしにきれいなものなので、実はとても無難な選択と言えます。きれいな花を批判する人はいないからです。

このような選択をする人は、批判や他人から評価されることが苦手で、いつも平穏でいたいという気持ちを持っていがちです。花の写真のアイコンを使用する人は、失敗することが嫌いで、基本的に冒険をしないタイプの人だと言えます。

芸能人のアイコン

アイコンの写真を芸能人にしている人は、その芸能人に憧れ、ファンであることをアピールしたいと思っています。同じ芸能人が好きな人と繋がりたいという気持ちが前面にあるでしょう。

また、美しい外国人のモデルなどに設定している人は、理想が高いと言えます。そのアイコンをあえて選んだということは、自分もそんな風になりたいという憧れの気持ちの表れです。その気持ちがあるということは、自分や他人への理想も高いということになります。

動物・ペットのアイコン

自分のペットの画像や、かわいい動物の写真をLINEのアイコンに使っている人は、自分の好きなものを人と共有したいと思っています。このような人は、自分の考えなどに共感してもらいたい気持ちが強いと言えます。

また実は「人からかわいいと思われたい」という気持ちが隠されていることが多いのです。自分の顔写真を載せて、堂々と「かわいいでしょう」とは言えませんが、動物の写真であればいろんな人に「かわいい」と言ってもらえる可能性が高いため、ペットや動物のアイコンにしているのです。

アイコンをよく変える女性の心理・特徴

LINEのアイコンを頻繁に変える人というのがいます。アイコンはLINEでの自分の分身のようなものですから、それをコロコロ変えるということには、もちろん心理的な意味があります。

アイコンを頻繁に変えること自体が他人へのアピールである場合も多く、承認欲求や、気づいて欲しいというメッセージが隠されているのです。アイコンをよく変える女性の心理と特徴を解説します。

かまって欲しい

頻繁にアイコンを変える女性は、基本的に寂しがりやで、情緒不安定であることが多いでしょう。アイコンをよく変えること自体が、かまって欲しいという気持ちの表れであることがあります。

感情が揺れ動いたときに衝動的に、また、寂しくてひまなときなどに、アイコンを変えるというアクションを起こします。それによって他人の反応を引き出し、寂しさを紛らわせたいと思っているのです。

気分屋で飽きっぽい

アイコンをよく変える女性は、気分屋でもあるでしょう。なんとなくそのときの気分によってアイコンを変更するのですが、気分屋のためそれが頻繁になります。また、変える写真が毎回自撮りであるなら、承認欲求も強いと言えるでしょう。

しかし、この場合はポジティブな可能性があります。楽しいことがあるたびに気分が上がって変更するとか、素敵なアイコンを思いつくたびに変えることがあるでしょう。飽きっぽい性格ではありますが、毎回楽しい気分で変更しているということになります。

好感度の高いおすすめのアイコンも紹介

LINEのアイコンをどんなものにしようか、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。ここでは、男性からも好感度の高い、おすすめのアイコンを紹介します。

男性はそんなにアイコンを気にしていないと思うかもしれませんが、LINEで会話をするときに必ず目に入るものなので、気は抜けません。自分に合った素敵なアイコンにしましょう。

趣味のわかる写真

趣味のわかる写真を使ったものは、LINEを交換したあとにすぐ話題にできるため、おすすめです。例えば、アイコンを趣味のお菓子作りをしている写真にした場合、家庭的なイメージが男性に好印象でしょう。

また、男性が一緒に楽しめそうと思える、スポーツやアウトドアの写真などもいいでしょう。

反対に、ジャニーズの追っかけや、アニメのコスプレなどは男性の理解を得ることが少しむずかしいジャンルになるようです。

フォトジェニックな写真

きれいな風景や夜景、おしゃれな街角の写真など、フォトジェニックな写真はセンスを発揮できていいでしょう。男性からも「これはどこ?」と聞かれる可能性も高く、話題にもできるのでおすすめです。

ただ、同じようにフォトジェニックな写真でも、あまりにも女子っぽい、かわいすぎる写真は男性には受け入れられない場合があります。また、フォトジェニックにするために、加工し過ぎている写真も男性には理解されないかもしれません。

友人と映った写真

友達と楽しそうに映った写真も好感度は高いでしょう。友達づきあいを大切にしている、という社交的なイメージも与えられます。また、自然な笑顔は魅力的に映るでしょう。

いくら仲が良くても、男友達とのツーショットをLINEアイコンに設定するのはやめておきましょう。やはり、知らない人から見ると「彼氏かな?」と勘違いされる可能性が高いからです。

まとめ

いかがでしたか? まさかアイコンで深層心理までわかるなんて、と驚かれた人もいるのではないでしょうか。

たかがアイコン、されどアイコンです。LINEでの会話中に毎回表示されるあなたの分身とも言えるアイコンなので、あなたの魅力を表すようなものを設定しましょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW