FASHION

トラックパンツが使える!《マネしやすい》きれいめカジュアルコーデ【18選】

2019/07/09

「トラックパンツ」というと、どんなイメージを浮かべる? スポーティやストリート、カジュアルという言葉を連想する人が多いはず。スポーツウェアとして使われているトラックパンツ、実は意外にも様々なテイストのファッションにもマッチするのです! 定番のストリートスタイルだけでなく、きれいめにミックスさせたスタイルまで、トラックパンツの可能性が広がるお手本スタイルを18選お届け。意外性のある組み合わせで、周りと差をつけて。

トラックパンツとは

陸上のトラックが由来となっているトラックパンツは、スポーツウェア用のボトムス。主に化繊のジャージを使っていて、伸縮性が高いので動きやすさバッチリ。写真のようなサイドにラインが入ったラインパンツも、トラックパンツの1種です。
ストリートスタイルとして活用させることはもちろん、綺麗めなアイテムに外し役として投入する着こなしも人気。

【トラックパンツ】テイスト別コーデ

定番のストリートからきれいめ、そしてモードまで幅広く対応してくれるトラックパンツ。スポーツ用に購入していたそのパンツ、もしかしたら普段着にも使えるかも? テイスト別のお手本スタイルを早速チェック。

「ストリートスタイル」は定番狙い

▼モノクロでクールに振り切る

黒地に白ラインのトラックパンツには、シンプルな白ロンTと黒のスニーカー合わせでとことんクールに振り切って。トップスはルーズなシルエットをチョイスして抜け感プラス。

「ニュアンスカラースタイル」でトレンドキャッチ

▼女っぽトップスはゆるトラックパンツでカジュアルダウン

カッティングでデコルテを強調する女っぽいトップスには、ゆったりとしたトラックパンツ合わせでドレスダウン。ベージュやブラウンなど柔らかなニュアンスカラーを組み合わせることで、今っぽさがぐっとアップ。

「キレカジスタイル」で女っぽく

▼大人色トラックパンツをなじませて

落ち着いた色味とさりげないラインデザインで、まるでスキニーパンツのように取り入れられるオリーブカラートラックパンツ。綺麗めなベージュタンクトップと合わせて、テイストミックスな着こなしに。

トラックパンツでモードに昇華

▼相反する組み合わせが今っぽい

キレイ色春ニットに、フレアラインのトラックパンツを添えた意外性のある組み合わせで今っぽさをON。白のVカットサンダルと黒のボディバッグでモード感を更にアップ。

【トップス】を変えると着回しを楽しめる

合わせるトップスを変えることで、テイストがガラリと変わるトラックパンツ。手持ちのアイテムと組み合わせてみて、着回し幅を広げて。

「Tシャツ」ならラフにキマる

▼ラインやボックスロゴをポイントに

夏におすすめなラフスタイル。ぴったりとしたラインパンツには、ビッグシルエットのTシャツを合わせてメリハリのある装いに。オールブラックコーデも、ボックスロゴやラインがポイントになり重くならない。

▼カーキ合わせでハンサムに

定番の黒トラックパンツには、カーキアイテムを散らしてハンサムに。更にTシャツやシューズの赤プリントをポイントにして、コーデのメリハリアップ。

「シャツ・ブラウス」で大人顔にメイク

▼外し役としてトラックパンツを投入

コットンブラウスとラウンドトゥフラットシューズの女性らしい組み合わせに、トラックパンツを外し役として投入してモードスタイルを作って。意外性のある組み合わせだからこそ、それぞれが引き立った印象に。

▼ヴィヴィッドな紫ラインを効かせて

プレーンな白シャツに黒のトラックパンツを合わせたテイストミックススタイル。定番の白黒の組み合わせに鮮やかな紫のラインを効かせれば、シャープさが高まって感度がアップ。

「パーカー」でこなれシルエットを

▼ルーズなシルエットは大人な配色で意識

フーディとトラックパンツのリラックススタイルも、ブラウンやベージュといった大人らしい配色ならだらしなくならない。ロゴプリントやストライプをポイントに、レイドバックムードを盛り上げて。

▼オーバーサイズパーカーでメリハリを

大きめサイズのブルゾンパーカーとジャストサイズのトラックパンツでメリハリのあるスポーティスタイル。黒やカーキのハンサムな色合わせは、足元に白を選んでブライトアップ。

次ページ> 【シューズ】使いでパンツを引き立てる
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW