FASHION

ふわっ…シフォンスカート《季節別》大人かわいいコーデ25選

2019/12/25

春夏に人気のシフォンスカートですが、実は、着こなし方次第では秋冬にも着回せるアイテムなんです。そんな年中着回せるシフォンスカート、ふんわり広がる甘いシルエットのため、着こなし方に悩む大人女子も少なくないはず…。

そこで今回は、大人女子向けの甘さ控えめなシフォンスカートコーデをご紹介。

使えるシフォンスカート!カラバリ豊富

シフォンスカートの魅力は、なんといってもカラバリが豊富なこと。ベージュや黒といった定番から、印象的なコーデになるビビットカラーや柄物まで様々な種類があります。

ここでは、人気カラーの着こなしのポイントをレクチャー。お気に入りのカラーを見つけてみて。

1.【白・ベージュ】1年中着回しやすい

▼スウェット×白シフォンプリーツスカート

きれいめ白のシフォンプリーツスカートをスウェットとスニーカーでカジュアルダウン。コーデの色味をグレー×白の抑えた2トーンにしたのが大人見えの秘訣。

▼黒ノースリーブトップス×ベージュシフォンスカート

上品なベージュシフォンスカートを黒のノースリーブトップスでシックに着こなして。シンプルなワンツーは、ビジューとTストラップがポイントのキャメルパンプスで差をつけて。

2.【黒】シフォン素材なら重くならず、初心者でも合わせやすい

▼シャツワンピース×黒シフォンプリーツスカート

重く見えがちな黒のロングスカート。素材がシフォンなら軽やかで、重ね着だってお手の物。トレンドアイテム・シャツワンピースを羽織って、ゆるっとした今どきレイヤードに。

3.【グレー】スタイリッシュさを狙える

▼白Tシャツ×グレーシフォンプリーツスカート

どこか洗練された印象を与えるグレーのシフォンプリーツスカート。白Tシャツとの単純なコーディネートでもスタイリッシュな印象に。帽子・スニーカーを白で揃えているのも垢抜けて見えるポイント。

4.【茶・キャメル】大人の上品さを出して

▼黒ノースリーブトップス×ブラウンシフォンスカート

リッチ感や品の良さを印象付けるブラウンのシフォンスカート。大人女子は、黒ノースリーブトップスと合わせてシックに決めるのが正攻法。

5.【その他のカラー・花柄】周りと差をつけて

▼ベージュジャケット×ブルーシフォンスカート

パッと目を引くブルーシフォンスカートは、ベーシックカラーと合わせるのが正解。春夏ならベージュジャケット&トップスと合わせて軽やかに。コーデの仕上げに、ベージュ×ブルーのニュアンス配色を黒小物で引き締めて。

▼グレーニット×花柄シフォンスカート

甘くなりがちな花柄シフォンスカートは、ダボっとしたグレーニットで甘さ控え目に。裾からデニムをチラ見せして、とことんカジュアルに着崩すのも新鮮。

【春夏】シフォンスカートコーデ

シフォンスカートが最も活躍する春夏。年齢問わずコーデに取り入れる人が多いため、どれだけ大人っぽく差別化できるかがカギ。

ここでは、大人女子にマストなお手本コーデを7つピックアップ。

王道【白トップス】×【涼しげカラー】で爽やかに

▼白チュールトップス×グリーンシフォンプリーツスカート

あっさりしがちな夏のシフォンスカートコーデは、華やかトップスでコーデを盛り上げるのも◎。華やかで肌なじみもいい白のチュールトップスをONして、爽やかなフェミニンコーデに。

▼白ノースリーブトップス×白シフォンスカート

白トップス×白シフォンスカートのフェミニンなオールホワイトコーデ。マニッシュな中折れハットをONして、甘さを抑えた絶妙スタイリングに。

▼白T×ミントグリーンシフォンプリーツスカート

白Tとミントグリーンシフォンスカートとの、見た目にも涼しげなアイシーカラーコーデ。カジュアルなTシャツも、端正なプリーツスカートと合わせれば品よく決まります。淡色コーデは、ベージュ系小物で落ち着かせて。

【黒トップス】×【ビビットカラー】でシフォンの甘さを抑えて

▼黒トップス×イエローシフォンスカート

目を引くイエローシフォンスカートは、黒トップスとのモダンな配色で甘さ控えめの落ち着いた印象に。トップスの女性らしいボートネックが、大人なスタイリングに見えるポイント。

▼黒トップス×パープルシフォンプリーツスカート

フェミニンなパープルのシフォンプリーツスカートは肩のフリルが目を引くトップスと合わせてレディに。ブラック×パープルの色使いで全体を引き締めるのが、甘くなりすぎないコツ。こんなコーデにはブラウンのチェーンバックがよく映える。

【Tシャツ】×【柄シフォンスカート】で外す

▼白Tシャツ×レオパード柄シフォンスカート

軽さのあるシフォンスカートなら、インパクトの強いレオパード柄も楽々着こなせる。春夏のレオパード柄シフォンスカートは、白T&スポーツアイテムでカジュアルに仕上げるのが正解。

▼グレーリブトップス×ライン入り黒シフォンスカート

サイドに3本ラインが入ったスポーティーな黒のシフォンスカートは、万能なグレーリブトップスでキレイめに仕上げるのが大人流。スカートの黒×白の配色を、サンダルでもリンクさせることで、コーデの完成度が高まります。

【秋冬】シフォンスカートコーデ

秋冬のシフォンスカートは、ウォーム感のあるトップスや小物を合わせることで寒々しさを回避して。

ここでは、秋冬らしさを上手く取り入れた7つのお手本コーデをご紹介。

【ニット】×【白シフォンスカート】でレイヤード

▼ブルータートルニット×白シフォンプリーツスカート

春っぽい白のシフォンスカートも、ロイヤルブルーのタートルニットを合わせれば、たちまち冬コーデへとシフト。足元のネイビータイツ×ブラウンパンプスの重すぎない配色も絶妙。

▼黒ニットワンピース×白シフォンプリーツスカート

秋冬はシフォンスカートを”わき役”として使う方法もアリ。黒のシンプルなIラインニットワンピースは、裾からシフォンスカートをチラ見せして動きを出して。コートを羽織ると、コーデに奥行きが出ておしゃれ度がググっと上がります。

【同色系】でまとめて大人シンプル

▼ベージュリブニット×ベージュシフォンプリーツスカート

トップスとシフォンスカートを同系色でまとめるとこなれた着こなしに。ベージュニット×ベージュシフォンスカートのニュアンス配色コーデは、濃いブラウンのミニショルダーできりりと引き締めて。

▼白ニット×白シフォンスカート

白ニットととろみ生地の白シフォンスカートとのスペシャル感あるオールホワイトコーデ。ニット×とろみ生地と素材でコントラストをつけたのが、のっぺりとみえないコツ。辛口な黒小物をONして、メリハリを効かせて。

▼ベージュニット×ピンクシフォンプリーツスカート

糖度高めのシフォンプリーツスカート。大人女子はカジュアルに寄せると、こなれ感が出てGOOD。ざっくりとしたベージュニットをタックアウトし、足元もスニーカーでラフに着崩して。

【パーカーorスウェット】でカジュアルダウン

▼黒パーカー×白シフォンプリーツスカート

ロマンティックな雰囲気の白シフォンプリーツスカートは、黒パーカーを合わせると、モードとストリートな空気を纏った高感度なコーデへとシフト。旬なクリアバッグの斜め掛けで鮮度を高めて。

▼スウェット×ベージュシフォンプリーツスカート

抜け感たっぷりのこちらのコーデ。スウェット×シフォンプリーツスカートの異素材ミックスと、ベージュのトーンをずらしたニュアンス配色がポイント。柔らかい組み合わせは、レオパード柄パンプスでパンチを効かせて。

足元はどう合わせる?外しアイテムで決めすぎないのが正解!

シフォンスカートを、ワンランク上のこなれたスタイリングにするには、どんな足元にするのが正解?

ここでは、シフォンスカートに合わせたい4つの靴をご紹介。

【スニーカー】なら間違いない!年中使える便利アイテム

▼パープルシフォンプリーツスカート×黒コンバース

スニーカーなら、季節を問わず1年中、シフォンスカートに合わせることが可能。鮮やかで印象的なパープルのシフォンスカートは、スニーカーで外すことで、デイリーな着こなしに。

【ぺたんこサンダルorスポサン】でラフに

▼鮮やかブルーシフォンスカート×ぺたんこサンダル

フェミニンなイメージの強いシフォンスカートは、あえてぺたんこサンダルやスポサンでラフな足元にすると、ちょうどいいこなれバランスに。難易度高めなブルーシフォンスカートも、グレーのノースリーブとぺたんこサンダルでカジュアルに寄せると、気負わずに着ることができます。

【フラットシューズ】あえてのNOヒールで余裕をだす

▼白シフォンプリーツスカート×黒バレエシューズ

パンプスもフラットタイプをチョイスして決めすぎないのが、大人の余裕感が出てGOOD。白の繊細なシフォンプリーツスカートには、バレエシューズのコンパクトさがちょうどいいバランス。

【ブーツ】で秋冬コーデにアップデート

▼キャメルシフォンプリーツスカート×黒ブーツ

シフォンスカートにブーツをあわせれば、秋冬仕様に即アップデート。黒のシャープなヒールブーツならスタイルアップも叶う。黒×キャメルの2トーンに絞ることで、大人っぽいスタイリングに。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW