FASHION

そのコーデ、即やめて!おブス体型に見える“ベージュパンツ”の着こなし

2019/07/23

定番のベージュパンツでおブス体型見えしてるかも……!?
避けておきたいコーデと正解コーデをお届け。

トップスをインしていない

肌の色に近いベージュだからこそ、よりメリハリのないコーデになりやすい。
トップスをインする、ベルトでウエストマークする、もしくはトップスとボトムスで色の濃淡をつけてメリハリをつくるなどして、すっきりと見せて!

ワイドかつ生地が硬い

ワイドシルエットで生地の硬いパンツの場合、ベージュだと膨張して見えがち。
ストレートだけれど少しワイドめくらいのボトムスだと、生地が硬くてもスッキリ。
とくにおすすめなのは、リネンやスラックス系の生地。落ち感が綺麗目コーデに仕上げてくれる。

ベージュパンツ、2019夏のお手本コーデ

ベージュパンツには、旬のブラウンカラーのトップスと合わせて今年らしいオフニュートラルカラースタイルをメイク。ロングシャツできちんと感を添えつつ、クリアバッグを足して夏気分もアップ。

カジュアルなベージュベイカーパンツには、女性らしさ高まるリブキャミソールを添えて大人らしくシフト。肌に馴染むベージュのワンツーには、目に鮮やかな赤スニーカーでコーデをブライトアップ。

旬のリネンベージュパンツは、ライムグリーンとの色相性が実はばっちり! シェルピアスやネットバッグの小物技を光らせて、大人のサマースタイルを完成させて。

綺麗めのストレートベージュパンツには、ロゴTを足してカジュアルミックスに。コンパクトな黒小物を添えて、スタイリッシュなムードを盛り上げて。

ハリ感のあるワイドベージュパンツには、ソフトなリブノースリーブトップス合わせでメリハリのある装いに。季節感高まるラフィアバッグを添えて、大人リラックスなコーデを完成させて。

他の記事もCheck!

▼おすすめ記事はこちら

▼こちらもおすすめ

\お好きなコーデは見つかりましたか?/

Instagramに【#mineby3mootd】で投稿されたコーデ写真から、ピックアップして紹介します!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW