FASHION

似合わなすぎ…!大人のサロペット、ダサいNG例と正解マナー

2019/07/25

一枚でさらりと着れるサロペットは、選び方や着こなしを間違えると幼く見えてしまいがち。ここでは、避けておきたいNG例と、大人らしいサロペットの選び方&着こなし術をご紹介。今年の夏の参考にしてみて。

避けたいのは…お腹あたりからのゆるシルエット(左)

おしゃれなゆるシルエットのサロペット。でもこのデザインには注意したい!
人によって子供っぽく見える&ダサ見えする可能性が。
とくに身長が低い人は注意して。下半身にボリュームが出るから、身体が綺麗に見えない原因にもなりかねない。

あとは合わせるインナーもかなり重要に。このアイテムだけでかなりインパクトがあるから、柄物やシャツなどを合わせると野暮ったい印象になることも。

大人っぽい女子があえて外して着るのがちょうど良さそう。

避けたいのは…身体のラインまるわかりの、タイトデザイン(右)

身体のラインがまるわかりのタイトデザインだと、ひと昔前のギャル風になりかねない。

今年、このアイテムは避けておいて!

大人見え!今っぽサロペットお手本

親しみやすい黒のサロペットは、引き締まった印象で大人見えが狙える。お利口なノーカラーノースリーブシャツを合わせて、サロペットのカジュアル感を払拭。他のアイテムも黒でまとめて、統一感を意識して。

前当てが胸下にあるサロペットを選んでインナーを見せる面積を増やせば、おのずとメリハリがアップ。リラックスなスタイルだからこそ、モノクロで統一して大人らしく仕上げて。

今年らしいベージュのリネンサロペットを使ったスタイル。スパゲッティストラップは、ノースリーブトップスと合わせて繊細さを強調。優しい色の組み合わせは、黒のVカットシューズをプラスして程よく引き締め。

今年のトレンドカラーであるブラウンサロペットなら、大人らしくしたい時にぴったり。細いストラップには、同系色のキャミソールを重ねて奥行きをON。仕上げにシルバーネックレスを添えて、今っぽさを盛り上げて。

今年らしいワンショルダーサロペットには、肌に馴染むベージュノースリーブトップスと合わせて大人らしい装いをメイク。足元も綺麗めサンダルを選んだら、ギンガムチェックのバッグをポイントとして取り入れて。

こんなサロペットなら、大人見え&今っぽ確実

流行のリネンライクなサロペットなら大人っぽ確約。上半身がスッキリとしていて、下半身につれてワイドになっていくデザインなら体型カバーにもばっちり。

デニム&タイトめのデザインでも、身体のラインを拾わない程度のゆるさがあれば今っぽく体型カバーが叶う。ポインテッドトゥのパンプス合わせも決まる!

流行のワンショルダーデザインを、都会らしく取り入れて。トレンドのブラウンで周りと差がつくサロペットコーデに。
こんなニット素材なら、これからの季節のコーデがさらにこなれる!

他の記事もCheck!

▼おすすめ記事はこちら

▼こちらもおすすめ

\お好きなコーデは見つかりましたか?/

Instagramに【#mineby3mootd】で投稿されたコーデ写真から、ピックアップして紹介します!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW