スニーカーの種類
FASHION

スニーカーの種類って何があるの?選び方からコーデまで徹底解説!

2019/07/11

男性から女性まで、カジュアルからフェミニン まで、その使い道が多種多様なスニーカー。今さら人に聞けないけど、スニーカーってどんな種類の名前があるの? どんなブランドがあるの? そんな疑問を徹底解説! ぜひ自分にあったスニーカーを見つけてコーデの幅をひろげてみて。

素材別

同じデザインのスニーカーでも質感が異なると印象ががらりと変わります。自分の好みに合った素材をチョイスして自分らしさを実現して。

キャンバススニーカー

▼「キャンバススニーカー」って?

キャンバススニーカーのイメージ画像

「キャンバススニーカー」はアッパー部分にテントや帆などに使用されるキャンバス素材を用いて作られたスニーカーを指します。とても丈夫で、使い込むほどに味が出るのが魅力です。シンプルでナチュラルな雰囲気なため、どんなコーデとも相性抜群で、さりげなくあか抜け感と軽やかさをプラスしてくれます。

▼「キャンバススニーカー」コーデ

キャンバススニーカーのコーデ画像

ブラウン系のワンカラーでまとめればレオパード柄も大人の装いに昇華。シンプルなベージュニットはウエストに細めのベルトを巻けば一気にモードなスタイリングに。トップスとスニーカーを同じベージュでまとめてコーデに統一感を。

レザースニーカー

▼「レザースニーカー」って?

レザースニーカーのイメージ画像

「レザースニーカー」は革製品で作られたスニーカーを指します。天然皮革の重量感のあるものや人工皮革の軽やかなもの、合成皮革のスポーティーなものなど、種類によってさまざまです。

▼「レザースニーカー」コーデ

レザースニーカーのコーデ画像

だぼっとしたシルエットの細めラインのボーダーTシャツにリラックス感たっぷりなイエロースカートを合わせたカジュアルコーデ。TシャツをスカートにINしてスタイルUPを狙って。スニーカーに白を投入して清涼感をプラス。

人気スニーカーブランド7選

ここからは人気のスニーカーブランドを7つ紹介していきます。ブランドごとにデザインや機能が違ってくるので自分好みのスニーカーを選んでコーディネートを楽しんで。

CONVERSE(コンバース)

▼「CONVERSE」スニーカー

コンバースのイメージ画像

ローテクスニーカーの定番ブランド「CONVERSE」。シンプルな故にどんなファッションにも合いやすく、また安価でバリエーションが豊富です。バスケットボール専用スニーカーを起源にもつ‟ALL STAR”がとくに人気高く、1917年からほとんど変わらないデザインが今も世界中で愛されています。コラボや限定カラー、ヴィンテージものなどもあり、おしゃれ上級者にも愛用されています。

▼「CONVERSE」スニーカーコーデ

コンバーススニーカーのコーデ画像

大人カラーのパーカーワンピースは、黒のCONVERSEハイカットスニーカーで足元にアクセントをプラス。カジュアルアイテムでもシックな色合いとすとんとしたシルエットで大人見え。小さめバッグをONしてコーデにリズムを作りたい。

VANS(バンズ)

▼「VANS」スニーカー

バンズのスニーカーのイメージ画像

グリップ力と操作性が高く、アクションスポーツプレイヤーから高い人気を誇る「VANS」。ほっこりレトロな雰囲気がヴィンテージ感漂う大人なカジュアルコーデと相性抜群です。OLD SKOOL(オールドスクール)のシリーズがとくに人気。

▼「VANS」スニーカーコーデ

バンズのスニーカーのコーデ画像

白ブラウスの深くあいたVネックが女っぽさを演出。スキンカラーのスニーカーならレディコーデにも合います。白ブラウス×ベージュ×かごバッグにインディゴデニムを投入して着膨れ回避。

New Balance(ニューバランス)

▼「New Balance」スニーカー

ニューバランススニーカーのイメージ画像

履き心地が良くスポーティーなデザインが特徴の「New Balance」。「この世で最も足を知っているスニーカー」と言われるほどの質の高さで、ファッションアイテムとしても人気が高いです。‟996”と‟574”シリーズが機能・デザインの完成度が高いながらも手に入りやすい価格でデイリーコーデにぴったりです。

▼「New Balance」スニーカーコーデ

ニューバランススニーカーのコーデ画像

「N」の文字がインパクトあるNew Balanceのスニーカーは、ベーシックカラーならコーデにうまく馴染みます。シックな花柄ワンピースは黄色の補色で相性の良いパープルをレイヤードすれば大人な配色コーデに昇華。ニットワンピースはショート丈だとロングワンピを好バランスに仕上げてくれます。

NIKE(ナイキ)

▼「NIKE」スニーカー

ナイキスニーカーのイメージ画像

スニーカー技術やデザインレベルの高さが人気な「NIKE」。とくにハイテク技術を搭載した‟Air Max”はハイテクスニーカー人気の火付け役となりました。履き心地が良くシンプルでスタイリッシュなデザインがデイリーコーデのアクセントになります。

▼「NIKE」スニーカーコーデ

ナイキスニーカーのコーデ画像

スタイリッシュなデザインのNIKEスニーカーはスポーティーコーデでまとめたい。スポーティーコーデを大人に仕上げるには、落ち着いた配色をするのが正解。モノトーンでまとめれば子どもっぽくなりません。素材やトーンの違う白・黒でリズムを作って。

adidas(アディダス)

▼「adidas」スニーカー

アディダススニーカーのイメージ画像

定番の“スリーストライプライン”が特徴の「adidas」。もともとはスポーツスニーカーの補強のために編み出された3本のバンテージはブランドのスニーカーの象徴に。さりげなく足元にアクセントをプラスしたいときにぜひチョイスして。

▼「adidas」スニーカーコーデ

アディダススニーカーのコーデ画像

クリアな白パーカー×爽やかなベージュマキシスカートのゆったりとしたシルエットのカジュアルコーデ。パーカーが前後で丈の長さが違い、前は短めでスタイル良く見え、後ろは長めでお尻をカバーしてくれる。白スニーカーでカジュアルながらも爽やかさをプラスして。

Reebok(リーボック)

▼「Reebok」スニーカー

リーボックスニーカーのイメージ画像

機能性の高いスニーカーが多い「Reebok」。常に高い完成度と機能性、優れたデザインで信頼の高さが人気です。ハイテクスニーカーの代表的なブランドです。

▼「Reebok」スニーカーコーデ

リーボックスニーカーのコーデ画像

白ロングTシャツ×マキシ丈スカートはどちらもだぼっとしたシルエットだけど、ベルトをONすればスタイル良くまとまります。コーデ全体でトーンの違うカーキを散りばめてカジュアルながらも大人な装いに。

PUMA(プーマ)

▼「PUMA」スニーカー

プーマスニーカーのイメージ画像

走るための機能が高められた、技術性とファッション性の高い「PUMA」。シンプルで柔らかい質感で履き心地が良くスポーティーなデザインが人気で世界中で愛されています。

▼「PUMA」スニーカーコーデ

プーマスニーカーのコーデ画像

ヌーディーカラーのベージュTシャツとネイビーのレーススカートのレディコーデにスニーカーをONしてカジュアルダウン。Tシャツの袖をまくってスカートにINしてこなれ感を演出。

スニーカー試着時のポイント3つ

最後に、スニーカーを試着するときの気をつけて欲しいポイントを3つ紹介していきます。せっかく気に入ったデザインのスニーカーでもサイズが合わないと履けなくなってしまうので、試着時はこの3つに気をつけて自分にぴったりなスニーカーをチョイスして。

各メーカーによってサイズが違う

各メーカーによって同じサイズでも微妙にサイズ感が異なります。縦の長さ・甲の高さ・横の幅に気を付けて試着してみてください。

「捨て寸」

「捨て寸」とはつま先と靴の間の隙間のことで1cm以上の余裕が必要です。隙間のないスニーカーを選んでしまうと歩いていて足が痛くなってしまいます。靴のつま先は厚みがあり外から見て確認できないので、少し多めに余裕を作った方が安心です。

立って確認する

試着して座ったままだと本当にサイズが合っているか確認できません。スニーカーを両足とも履いて立って脚を後ろに引いてかかとを上げたとき、つま先が靴に当たらなけらばぴったりのサイズです。また、朝より夕方の方が足がむくんでサイズが大きくなることもあるので、夕方が試着のベストな時間帯です。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW