パーティーの服装
FASHION

パーティーの服装を4段階のフォーマリティで徹底分析!

2019/07/09

あなたはパーティーになにを着ていきますか? 「持ってるワンピでいいかな。」「華やかな服装ならなんでもいいよね。」なんて思っていませんか? いえいいえそれではダメなんです。大人の女性のマナーとして、それぞれのパーティーのフォーマリティ(格式)に合わせたドレスを選ぶことが大切です。
そこでMINEでは、一般的なパーティーを4段階のフォーマリティに分類して徹底分析。さらに年代別の「ブラックドレス」や「カラードレス」の装いもご紹介します。これだけ抑えれば「パーティーの服装」はバッチリというステキな情報をお届けいたします♪

1)フォーマリティ最上級の【結婚式】

フォーマリティ最上級の【結婚式】のイメージ画像

ドレスコードの指標では上から2番目の扱いですが、一般的なパーティーのなかでは 最上級のフォーマリティ といっていいのが「結婚式」です。心からのお祝いの気持ちで服装を選びましょう。

【5つ】 の結婚式の服装マナー

(1)「白」は花嫁の色なので避ける。「生花」も花嫁の特権なので避ける。
主役はあくまでも花嫁。花冠、ティアラなどのへアアクセサリーもNGです。

(2)つま先の見えるサンダルやブーツなどは避ける。
サンダルはかわいいけど、つま先が見えるのはマナー的にNGです。足元はパンプスを選ぶことをおすすめします。

(2)アクセサリー身にをつける(着物の場合はつけない)。
フォーマルではノーアクセサリーはマナー違反です。金属アレルギーの方や、事情がありつけられない場合を除いて身につけましょう。豪華すぎない上品なパールアクセサリーがおすすめです。

(4)過度な露出は避ける。
肩がむき出しのドレスは、ボレロやショールなどを羽織って露出の調整をするのが大人女子のマナーです。

(5)ブラックタイツ、網タイツ、派手なカラータイツは避ける。
足元は薄手の肌色ストッキングがベストです。マナー違反なので、できれば素足も控えましょう。

正装(フォーマル)

正装(フォーマル)なコーデ画像

爽やかなブルーグレーのロングドレスはロマンティックな総レース仕様。しっかりとアクセサリーを身につけて、ベージュのパンプスと同系色のクラッチバッグでエレガントな装いに。

着物(訪問着・振袖)

着物(訪問着・振袖)のコーデ画像

既婚女性なら「訪問着」、未婚女性なら「振袖」が着物の正装としておすすめです。結婚式らしい華やかなカラーを選びましょう。既婚女性の一級礼装である「黒留袖」は親族以外は控えたほうが無難です。着物の場合はあまりアクセサリーを付けないほうがいいということも覚えておいてね。

2)フォーマリティ上級の【祝賀会・式典】

結婚式とほとんど変わらないフォーマリティの「祝賀会」や「式典」ですが、結婚式では遠慮していた白のドレスや、鮮やかななカラーのドレスや、生花のコサージュも大丈夫。
ただし、フォーマリティの高い祝賀会などでは露出はNGです。肩とひざの隠れるタイプのドレスを選んでね。サンダルではなくパンプスを合わせて、しっかりと アクセサリーを身につけましょう。 ただし着物の場合はアクセサリーは身につけないほうが無難です。

正装(フォーマル)もしくは準正装(セミフォーマル)

正装(フォーマル)もしくは準正装(セミフォーマル)のイメージ画像

鮮やかなイエローの総レースドレスに、ロマンティックなパールのネックレスとブレスレットを合わせて。上品なシルバーのパンプスとシルバーのバッグを添えれば、女性らしいエレガントな雰囲気に。

着物(訪問着・振袖)

着物(訪問着・振袖)のコーデ画像

結婚式と同じように既婚女性は「訪問着」、未婚女性は「振袖」が着物の正装としておすすめです。日頃はあまり着るチャンスのない和服だからこそ、パーティーシーンで着てみませんか?

3)フォーマリティ中級の【ホテルパーティー】

少しくだけた服装でも大丈夫なホテルパーティー。サンダルだけでなく、華奢で上品なタイプならブーツもOKです。ヘルシーな露出もOK。NGなカラーやアクセサリーもありません。 自分らしいドレス を着てお出かけしましょう。

準正装(セミフォーマル)

準正装(セミフォーマル)のコーデ画像

袖の透け感がキュートなブラックのワンピースに、ブラックの高めのヒールパンプスを合わせて洗練されたモードなドレススタイルに。

着物(色無地)

着物(色無地)のコーデ画像

ホテルパーティーには「色無地」がおすすめ。華美にならずおしゃれな着物スタイルに仕上がります。ベージュの色無地にモダンなクラッチバッグを合わせた小粋なパーティースタイルは褒められること間違いなし。

次ページ> 4)フォーマリティ低めの【カジュアルパーティー】
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW