HOROSCOPE

いて座の7月3日から7月16日の新月占い

2019/07/02

ヴィーナスマイの新月・満月占い。月に2回、新月、満月に寄せて女神のメッセージをお届けします。7月3日にかに座で迎える新月、その時期のいて座の運勢はどうなる?

母性あふれる優しい新月

月が満ちたり欠けたりして刻んでいくリズムは、体のリズムとも大きく関係していると、女性であれば体感したことがあるでしょう。でもそれは、体のことだけではないの。目に見える世界だけじゃなく、見えない世界・運気やエネルギーにも、月は大きく影響しているわ。なかでも、新月・満月はどちらも特別な瞬間。その時、12星座のどこで新月や満月が起きているかによって、続くサイクルのテーマが決まってくるの。もちろんあなたの運命は、あなた自身の選択で作られていくものだけれど。それを後押ししたり軌道修正する月のパワーを、知っていて損することはないわ。偉大な天体が教えてくれるあなたの可能性とともに、自分の人生を切り開いていきましょう。


7月3日に闇夜とともにやってくるのは、かに座の新月よ。かに、という名前からもお察しがつくかしら。火・風・水・地の4元素で分かれる星座のうち、水のジャンルに属するのがかに座。占星術で「水」は愛や癒しのエッセンスを表し、その際たるかに座は、溢れる母性愛の象徴でもあるの。ビジネスでもプライベートでも、海に抱かれているかのように、優しく包み込まれる受容の力が強くなるサイクルね。

その腕に抱きとめて

今回の新月は、太陽と月が重なる真逆の位置に、ストイックな土星が並んでいる配置。相手のことを母のように深く受け入れたい気持ちの一方で、ついつい厳しくもなってしまいそう。「どうしてできないの?」「なぜこうしないの?」なんてジャッジメンタルに、うるさく完璧を求める気持ちが強くなるわ。

でも、実は月はかに座の守護星で、新月も満月も、かに座のところでは他の星座以上にパワーを増すの。だから今回も、うるさい小言よりまっさらな受容が結局は勝利を収めるわ。「北風」と「太陽」の話じゃないけれど、締めつけるばかりでは緊張を増して心も硬くなるだけ。母の腕の中に包まれて安心しないと、子供は本当の力を出すことができないでしょう?

もし、あなたがお相手にもっとグローアップしてもらいたいと願うなら、小言や不満を言う前に、あなたの腕の中でまず休ませてあげて。

降り注ぐ雨は、ベタベタで不快だと感じるのか。
窓を叩く雨音を、優しい愛のBGMだと感じるのか。

あなたの態度ひとつで、見える世界は変わってくるわ。

スローに自分を受け入れる

8日から水星逆行も始まるサイクル。時間軸はとてもスローで、焦ると全てが台無しになる期間でもあるわ。前へ前へと急ぐよりも、ひとつひとつのステップを噛み締めながら進む。それぐらいゆっくりプロセスを楽しんでもいいじゃない? 受容することだって、すぐに完全に、と言うわけにはいかなくて。小言を言いたくなる気持ちと揺れ動きながら、でも時間をかけて、本当に相手を受け入れていくの。本物の信頼を築くのに、とてもいい時期よ。


ただし、ひとつだけ。この深い信頼を最初に築くお相手は、誰よりもまずあなた自身よ。自分に厳しくダメ出しせず、弱いところも強いところも認めて受け入れていく。時に失敗も許しながらね。あなたがあなたを信頼しないと、何も始めることはできないわ。信頼とは、愛の最初の証なのだから。


しっとりと雨に打たれて濡れながら。心をゆっくり潤す季節。

今、あなたには、その休息が必要よ。

7月3日〜7月16日の運勢

愛情深いかに座の恩恵が、すべての人に注がれる新月。楽天家だけれど、どこから鈍感なところも持っているいて座さんにも、その愛の恵みは感じられるはずよ。だから、思い切り甘えて、優しさに溺れてしまいなさい。人の力を借りて抱きしめてもらった方が、あなたが思い描く大きなビジョンは実現が早くなる。特にパートナーとの間の関係で、甘えることはとても大切ね。男性たちのの二つの腕は、あなたを抱きしめるために存在しているのよ。なんでも一人でできる、なんて言っていたら、彼らは役目を失ってしょんぼりとしてしまうわ。わがままに甘えることも、時には必要よ。ラッキーコスメはシルバーのアイシャドウ。単品で潔くつけて、プリンセスみたいに目元を輝かせて。唇にはブラウンレッドが好相性。4日以降は、金星もかに座へやってくるわ。濃厚な愛の時間。ふたりの時間を何より優先して、たっぷり抱きしめられてちょうだい。水星が逆行を開始する8日からも、愛の時間。映画館のような暗くてしっとりムードの場所へのお出かけが吉よ。ラッキーデーは6、14、15日。

【このサイクルの官能ムーンアクション】

あなた自身を優しく包み込む。そんなリラックスタイムをたくさんとっていただきたいのがかに座の新月のサイクル。まだ梅雨は続き、ジメジメと蒸し暑く、気をつけないと熱中症になりがち。体も心もみずみずしく、潤いと癒しを与えてあげなくてはね。まず満たすのは味覚から。みずみずしさいっぱいの“おやつ”をいただいて、のんびりティータイムと参りましょう。水分たっぷりのフルーツ、クリーミーなムースやババロア、話題のチーズティーなんかも素敵。とろけるような質感やジューシーさで、お口の中から緊張を解いていくの。味覚以外でも、文字通り、体を包み込むのも効果的よ。お風呂上がりは、肌触りのいいふかふかのタオルで自分を優しく抱きとめて。とろみのある温泉や穏やかな海もラッキースポット。ウィスパーボイスの音楽、甘くまったりとした香り…五感に優しく働きかけて、深い部分から満たされ、潤っていきましょう。
もちろん、いちばん心を癒すのはメンズからの優しく甘―いハグ。キスもsexもなくて、ただじっと抱き合うときがあってもいい。降りしきる雨が、ロマンティックな時間を連れてきてくれるわ。

Profile: Venus Mai

魔女ユニットmailoveとしても活動する、ヒーラー&ビューティスピリチュアリスト。元ファッションエディター。数千年以上続く魔法学校モダンミステリースクールで学んだ、ヒーリングやホロスコープ、タロット、形而上学などを駆使してクライアントの女性性を開かせ、その人が本来生まれ持った魅力や才能を輝かせることを中心としたセッションは、業界内でも「怖いくらいに当たる」、「人生が変わった」と口コミで話題。モットーは「愛と美と官能の人生」。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW