LIFE STYLE

誘われない人の特徴とは?誘われやすい好感度高めの女性になろう

2019/07/01

仕事やプライベートで「人からなかなか誘ってもらえない…」と感じたことはありませんか? なぜか周囲から声をかけてもらえない人には、一体どんな特徴があるのでしょうか?今回は、誘われない人の特徴から誘われる人になる方法を紹介します。

誘ってばかりなのが気になる

人に会うときにあなたは誘う、誘われる側のどちらが多いでしょうか? 普段あまり意識をしていない場合、振り返ってみると案外「いつも自分から誘っていた」と気がつくこともあるでしょう。

いつも自分から誘ってばかりいると感じた人は、モヤモヤした気持ちになるケースも多いです。こちらから誘ってばかりで、相手は待つ姿勢だと対等な関係だと感じにくいこともありますね。

どちらが誘うかで上下関係ができる?

誘う側の人が下、誘われる側の人が上という、上下関係があると感じている人もいるようです。誘われる人は魅力的な人が多いからこそ、声がかかると思っているんですよね。

ただしこれは必ずしも正解とは限りません。誘いに乗ってくれる人は、誘ってくれた人のことに対して好意を抱いていますし、楽しいと思っているからこそ誘いに乗っているんですよね。

誘われる人になりたいと思うのなら、ぜひ自分ができることを知っておきましょう。

誘われない男女の特徴とは

自分から誘ってばかりいることが気になっている人も多いと紹介しました。

ではここからは、誘われない男女の特徴を紹介します。「誘われない」と感じている多くの人は、もしかしたら知らず知らずのうちに、「誘いにくい」「誘いたくない」と思われているかもしれません。

「誘いにくい」「誘いたくない」と感じる男女には、一体どんな特徴があるのでしょうか。自分が普段の生活で人と会っているときにどうなのか、ぜひセルフチェックしてみてくださいね。

一緒にいても楽しくない

誘われない男女の特徴としてまず挙げられるのが、一緒にいても楽しくないということです。せっかく会っても常に誰かの悪口を言っていたり、文句を言ってはいませんか?

一緒にいても四六時中愚痴を聞かされると思うと、相手もうんざりをしてしまいますよね。

また、相手の意見に対して否定をする人も嫌われてしまいがちです。せっかく相手が楽しい、うれしいと考えたことも「たいしたことないね」「やめといた方がいいよ」などと言ってしまうと、気分も下がってしまいます。

その場の雰囲気も悪くなりますし、貴重な時間が台無しだと感じてしまいますよ。そのため「もうこれからは誘わなくていいか」と思って、距離があいてしまう結果になります。

遅刻などが多い

遅刻が多いこともNGです。毎回遅刻をしている人は、相手から嫌がられている可能性が高いです。電車の遅延や一回だけの遅刻なら許されるかもしれませんが、毎回必ず遅刻する人は、相手を敬う気持ちが低いと考えられますよ。

遅刻と同じように、ドタキャンが多いことも特徴です。事前に連絡をくれたらいいですが、約束の時間になってからのドタキャンや連絡なしの場合だと、相手の心も離れてしまうでしょう。

相手を大切にせず、自分のことばかり考えている姿勢だと誘われにくいので注意してください。

誘いを頻繁に断る

何度も誘いを断るのも、誘われなくなる特徴の一つです。せっかく友人が誘ってくれても、面倒になり毎回誘いを断ってはいませんか?

連続で断り続けてしまうと、相手は「私と会いたくないのかな」「誘っても来ないからもう誘うのやめよう」と思ってしまうんですよね。そのため、自然と誘われる回数が少なくなると考えられるでしょう。

男性から誘われないのは嫌われているから?

気になる男性ができた場合は、できることならデートに誘ってほしいですよね!しかし、待てども待てどもデートに誘われず、モヤモヤとした経験がある女性もいるのではないでしょうか。

男性からデートや食事に誘われないのは「私が嫌われているからでは」と勘違いしてしまう人もいます。ここからは男性が誘ってこない原因について紹介します。

あなたに興味がない

まずは、単純にあなたに対して興味がないというパターンが考えられます。仮にあなたが興味があって、付き合いたいと考えている人がいるなら、自分から積極的にアプローチをしますよね? しかし、反対に興味がない人には声もかけないはずです。

同じように、男性からするとあなたには興味がないんです。いわゆる『脈なし』という意味なので、待っていても進展することは少ないでしょう。

もし何としてでも距離を縮めたいと考えるのであれば、自分からアプローチすることをおすすめします。

誘いたいけど誘えない場合も

「本当は誘いたいけれど、誘えない…」と思っている人もいます。誘えない男性は、恋に奥手なタイプが多いと考えられるでしょう。恋愛に慣れていないため、一体どんな風に声をかけたらいいかわからないと感じている場合が多いです。

その場合は、明るい雰囲気を出して、声をかけやすい雰囲気を作ってあげることをおすすめします。もしくは女性側から誘ってみるといいでしょう。

また、すでに彼氏がいると思われているパターンもあります。彼氏がいる雰囲気があるのなら、男性はとても誘いにくいです。そのためさりげなく「彼氏いないよ」「彼氏ほしいな」とアピールしてみる方法もおすすめです。

誘われないようにするには

ここまで誘われない男女の特徴や、男性から誘われない理由について紹介しました。しかし、なかには「誘ってほしくない!」と思っている人もいます。

仕事が忙しかったり、一人でゆっくりと過ごしたいと思っていたりなど、今は遊びたくないと感じてしまうこともありますよね。その場合、誘われないようにするには一体どうしたらいいのでしょうか。

忙しいアピール・誘いを断る

誘われないようにするためにまずおすすめなのが、普段から忙しいアピールをすることです。「遊びたくない」と言ってしまうと、雰囲気も悪くなりそうな感じがしますよね。

その場合、仕事やプライベートなどで「忙しいです!」と常に公言しておきましょう。忙しい人だと印象づけると、しつこく誘われないのでおすすめです。

または、相手からの誘いを断る方法もいいでしょう。何度も断っていると「参加したくないのかな」と相手に思ってもらいやすくなり、次第に声もかかりにくくなると考えられます。

彼氏や友人を誘ってばかりで寂しいなら

逆に「自分から誘ってばかりで寂しい…」「私も誘われるようになりたい」と思う人は、一体どんなことに注意したらいいのでしょうか。ここからは誘われる人になるヒントを紹介します。

ドタキャンや遅刻などのマナーに気を付けて

まずはドタキャンや遅刻などに注意してください。「少しならいいか」と思ってドタキャンや遅刻をする人が多いと思いますが、これは相手から信用を無くしてしまう行為です。

相手の時間なんてどうでもいいと思っているように受け取られるので、マナーは必ず守りましょう。もしどうしても無理な場合は早めに連絡をすることを意識しましょう。

楽しいという気持ちを言葉で表現

遊んでいるときに「楽しい」という気持ちを表現しましょう。ネガティブな表現や愚痴ばかりではなく「会えてうれしい!」「楽しい」という気持ちで接すると相手もうれしくなります。

もっと一緒にいたいと感じてもらえるので、誘われやすくなりますよ。

どちらが誘ったかはあまり気にしないで

つい「私ばかりが誘っている」と感じてしまいがちですが、どちらかが誘ったかはあまり気にしないようにしましょう。たまたま相手が忙しい、先約が入っている可能性もありますよ。

モヤモヤとしてしまうのなら、自分の仕事や恋愛、趣味などに打ち込んで発散させましょう。

まとめ

誘われない人の特徴について紹介しました。「誘われない」と感じる人は、もしかしたら相手が嫌な気持ちになる行動をとっている可能性もあるので注意してくださいね。

ただし、相手の事情もあるので、あまり深く考えずに堂々とした心構えで過ごすことも大切ですよ。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW