LIFE STYLE

好きな人に猛アタックしたい。男性の本音やアプローチ方法を知ろう

2019/06/28

恋愛は直球勝負という人は、好きな人には猛アタックしてしまうのではないでしょうか。相手は嬉しく感じることもあれば、怖い・迷惑だと感じることもあります。猛アタックされたときの男性の本音と女性側のエピソード、効果的なアタックをまとめました。

猛アタックを女性からされた時の男性の本音

好きな人ができた時のアプローチは人それぞれです。なかなか好意を伝えられないという人もいれば、好きになったら直球勝負でガンガンアプローチするという人もいるでしょう。

好きだという気持ちを隠すことなく、どんどん猛アタックした場合、相手はどんな反応をするでしょうか。女性側から猛アタックをされた男性のケースで考えてみましょう。

嬉しい・好きになると好意的な意見も多い

大抵の場合、誰かから好意を示されることは嬉しいと感じるものです。特に猛アタックはアクションが大きい分、愛情が目に見えてわかります。

さらに、好かれているとわかったとたんに相手のことが気になり始め、好きになってしまうというケースも多いです。愛されることで自分も愛情を抱くようになるのです。

相手が喜んでくれる場合、猛アタックは有効です。相手が受け入れてくれれば、そのまま付き合う流れにもなりやすいでしょう。

怖い・迷惑という声も

猛アタックは行動が派手になりがちなので、その勢いに押されて怖く感じる、というケースもあるので注意が必要です。積極的なアプローチも、内容と相手の受け取り方によってはストーカーと紙一重なのです。

また、アプローチを受けても相手のことが全くタイプではなく、今後も好きになる可能性はゼロだという場合は、迷惑がられることすらあるでしょう。気持ちを押し付けられていると感じ、逆に嫌われてしまうかもしれません。

男性から猛アタックされたエピソードも紹介

好きになった時に猛アタックしてくるのは、当然女性だけではありません。恋に落ちた途端ぐいぐいとアプローチしてくる男性もいるのです。

男性から猛アタックを受けた女性のエピソードと、その時の印象についてまとめました。

LINE(ライン)が積極的過ぎて…

恋愛においてLINEは便利な存在ですが、連絡しやすいからこそ猛アタックの際にも活用されるのです。

付き合っていない状態で「今何してる?」というこちらを探るような内容や「デートしない?」「この日あいてる?」といった、強引に距離を詰めようとするLINEが送られてきた女性もいます。積極的過ぎて女性の方が引いてしまうケースが多いです。

恋愛対象外から好きに

強引に迫られることで恋に落ちてしまった、という女性もいます。もともとタイプではなかったとしても、熱意に負けてしまったり、愛情の大きさに嬉しくなってしまったりと、猛アタックに男らしさを見出して好意的に受け取っているのです。

男性の猛アタックから恋愛に発展する場合、基本的に押しに弱い性格の女性が多い傾向があります。

恋愛を成就させる猛アタック方法

猛アタックは人によって、効果的な場合とそうでない場合があることがわかりました。それでも性格的に猛アタックしたい、自分の思いを情熱的に伝えたいという場合は、工夫をしてアプローチする必要があるでしょう。

ポイントを押さえれば、猛アタックが恋愛成就に効果的に働くでしょう。

ストレートな言葉を伝える

猛アタックの基本は、ストレートな言葉を伝えることです。特に相手が男性の場合、素直な女性に魅力を感じます。「好き」「最近すごく気になる」など、わかりやすい言葉を使うとよいでしょう。

とはいえ、あまりに乱用すると言葉が軽くなってしまいます。はっきりとした「好きです」というワードは真剣な告白の時にとっておくようにして、普段のアタックの時は「好きになっちゃったかも」と、ソフトな表現にしてはいかがでしょうか?

相手の好みをリサーチする

ただ気持ちをストレートに表現するだけがアプローチではありません。事前に相手の好みを徹底的に調べ、自分がそれに合わせていくというのもアタック方法の一つです。

相手の好きな髪形やファッションのジャンルなど、見た目を相手の好みに近づけていくのはいかがでしょうか。好みを聞き出して実行に移す、という行動を見て「自分の好みに合わせようとしている、自分のことが好きなんだ」と気が付くでしょう。

嫌がられたら引きさがることも必要

感情をぶつけるアプローチは、気をつけなければ独りよがりになってしまいます。相手が嫌がるタイミングでのアタックは控えるようにしましょう。

拒まれたうえでアタックしていては嫌われてしまい、恋愛は成就しません。明確に嫌がられたらすっぱりやめることで、物わかりがいい人だと思ってもらえます。

また、猛アタックは当人同士以外にもわかりやすいものです。周りの目が気になり、相手が恥ずかしがっている様子を見せたら、人目につく猛アタックは控えた方が良いでしょう。

まとめ

好きだという気持ちが抑えられず、自然と猛アタックしてしまうという人もいるでしょう。情熱的なアプローチを喜んでくれる人もいれば、戸惑ってしまう人もいます。

猛アタックすることで相手はどう感じるかを想像し、効果的なアプローチを心がけましょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW