LIFE STYLE

彼氏と別れの予感。関係を修復するためにするべきこと

2019/06/28

『別れの予感』は歌の歌詞や小説の題材としてもよく使われます。あなたは歴代の彼氏の行動から感じたことがありますか? 今回は別れを予感させる彼氏・彼女の行動や別れの予感を読みとったときの対処法について詳しく解説しました。

別れの予感がするのはどんなとき?

はっきりとした理由はないけれど、何となく彼氏の態度で別れを予感した経験はありますか? 思いすごしの場合もありますが、なんだか心が落ち着かないものです。どういったときに人は別れを予感するのでしょう。

会話が減る

今まで話題が尽きることがなかった彼氏との間に、急に会話が減ると心配になりますよね。二人きりでいるのにスマホばかり見ている、話していても上の空で生返事しか返ってこないようだと別れの予感がすることもあるでしょう。

しかし、心配ごとがあったり仕事が忙しかったりするとき、急に会話が減ったり話すのを面倒くさがったりする男性もいます。会話が減った理由が彼なりにあるはずなのであまり詮索せずにそっとしておきましょう。

また、当然付き合いが長くなれば、会話のネタがマンネリ化してきたり会話が必要ないように感じたりすることもあります。別れの危機というより倦怠期が訪れたのかもしれません。

新鮮な気持ちになれるようないつもと違ったデートや食事を提案してみてはいかがでしょうか。

スキンシップがない

スキンシップ大好きな彼氏がスキンシップをとってこないとき、「飽きたのかな?」なんて不安が胸をよぎります。確かに別れの前段階としてスキンシップが極端に減る彼氏もいるでしょう。

しかし、スキンシップはさびしい気持ちや欲求不満の表れでもあります。もしかしたら彼との付き合いが安定した証拠かもしれません。彼の方からばかりでなく彼女の方からもスキンシップをしてほしいと願っている場合もあります。別れを予感するほどなら、あなたの方からスキンシップをとるのも良いでしょう。

また、年齢が若いと毎回のスキンシップは彼女に「体目的と誤解されるんじゃないか?」と心配する男性もいるようです。「あなたのことは大切にしています」という気持ちの表れかもしれないので、他に別れの予感につながるような態度がなければ気にしないでおきましょう。

デートをドタキャンされる

デートをドタキャンされるのも別れを予感する態度の一つです。しかし、人にはどうしても土壇場で優先しないといけない用事が入ってしまうことがあります。

忙しいときであれば約束を忘れていたり、直前まで連絡できなかったりすることもあるものです。1度や2度なら水に流しましょう。

また、ドタキャンの状況にもよりますよね。ドタキャンされたのがあなたの誕生日や記念日だった、冬の寒空の下や夏の炎天下でさんざん待たされた挙句「ごめんね」の一言もなくドタキャンの連絡がきた場合には「別れの予感」なんて言っている場合ではありません。

どんなに好きな相手だったとしても、関係を考え直した方が良いでしょう。

連絡がこないのは別れの予感?

先にあげた3つより別れの予感として注意すべきなのが連絡が減ることです。もちろん、忙しくて連絡ができないときやもともとマメじゃない性格の男性もいます。

しかし、今までは頻繁に連絡をくれていた彼氏が理由もなく連絡をくれないときはどう捉えたらよいのでしょうか?

もしかしたら自然消滅を狙っているのかも

彼氏から急に返信や自発的な連絡がなくなったときは、もしかしたら彼氏は自然消滅を狙っているのかもしれません。

自然消滅とはだんだんと連絡をとる回数を減らし、存在感を消すことで別れを予感させ、話し合いや別れ話の場を持たないまま別れることです。自然消滅で別れると次の恋に進むタイミングや自信を失ってしまうことがあります。

どうせなら、自然とは名ばかりの不自然な別れ方でなく、きちんとけじめをつけた別れ方をしたいですね。こうした自然消滅を狙う男性とはどういったタイプなのでしょうか?

自然消滅を選ぶ男性の心理とは

自然消滅での別れを選ぶ男性は、面倒くさがりなタイプです。きちんと話合いをしないのは話がこじれたり、彼女に別れるのを拒まれたりするのが面倒くさい心理があるのでしょう。

また、彼女と別れる前に新たな出会いがあったときも自然消滅を選ぶ男性は多いようです。二股をかけたとばれたくない、怒られたり嫌われたりしたくないといった気持があるのかもしれません。

ただし、面倒くさがりな男性ではないのに自然消滅させようとする場合には彼女側に問題があるかもしれません。別れ話をしても彼女が取り合わなかったり、別れ話をするほど信頼できる関係でなかったりする場合、別れの予感となる行動をとりつつ連絡を減らすといった流れで関係を終わらせることが多いようです。

別れたいと思われてしまう彼女とは

彼氏に別れを予感させる行動をとられたり自然消滅を狙われたりするほど、別れたいと思われてしまうのはどのような彼女でしょうか。そうならないためにも人物像をしっかり把握しましょう。

一緒にいても楽しくない

デートやLINEでの会話中も愚痴や人の悪口ばかり、自分の自慢話ばかりの女性は、一緒にいても楽しくありません。こうしたタイプの女性は、どんなに可愛くてほかの魅力があっても彼氏でいるのはつらいものです。

彼氏は「もし自分が彼女の言動をたしなめても、すぐには直らなそう」と思うでしょう。自分の友達に同じようなタイプの人がいたら、連絡や会う頻度を減らして距離を置こうとするのではないでしょうか?

理由もなく彼氏に距離を置かれていると感じるときは、自分にこうした言動がなかったか振り返ってみましょう。

嫉妬心や依存心が強い

彼女になった途端、ヤキモチを異常に焼いたり、何かと彼氏に甘えたりする女性も別れたいと思われがちです。ヤキモチも甘えもかわいいものなら彼氏は嫌な気はしません。むしろ喜ぶ男性が多いでしょう。

しかし、彼氏が信用されていないと感じるほどあらゆる場面で束縛をしたり、彼氏の周囲の女性全てをライバル視したりするヤキモチの焼き方は醜くみえます。

甘えるのも自分ばっかり、何でも彼氏次第といった依存をされると男性でも逃げ出したくなるものです。自分がされたら手に余る嫉妬や依存は彼氏にもしないように心がけましょう。

嫉妬心や依存心からくる怒りや心配も自分でコントロールできるとよいですね。

彼氏が不安になる彼女の行動も紹介

彼氏の行動で別れの予感がしたからといって相手を不安にさせるような行動をとるのも大人げありません。自分にそのような思惑がなくても彼氏が不安になれば別れたい気持ちが加速する可能性もあります。

彼氏を不安にさせる行動を見ていきましょう。

そっけない態度をとる

女性は彼氏とラブラブなときは明るい表情や高いトーンの話し方をするものです。ところがマンネリ化してきたり彼氏と別れたくなったりすると、「察して」と言わんばかりのそっけない態度をとることがあります。

こうした女性のそっけない態度は詮索を拒絶するような雰囲気があるものです。本人は無意識にとっている態度でも彼氏を不安にさせたり、別れたいのかなと誤解させたりする態度といえます。

デートや連絡が減る

人によりますが、一般的に女性の方が恋人といる時間を大切に考えるものです。それが彼女の方からデートや連絡を減らすような行動がみられると大抵の男性は面白くありません。

彼氏より優先すべき用事や彼氏にも連絡できないほど忙しいときがある人もいるでしょう。しかし、実際にデートをドタキャンしたり連絡を極端に減らしたりして、彼氏を試したり主導権を握ろうとしたりする女性が少なくないため、多くの男性が不快に感じます。

また、デートの断り方や連絡の質も重要です。デートを断る理由をはぐらかすようなことが続くと別れの予感を読みとる男性もいます。今まで絵文字やスタンプを多用していた人が文字のみのLINEを送ってきたり、通話をしたがった人が電話に出ずメッセージで返事をしたりすると不安になるものです。

突然の呼び出し

これは男性の考えすぎともいえますが、彼女から突然の呼び出しを受けると別れを覚悟する男性も少なくありません。

特に3~6カ月くらいの倦怠期を迎えたカップルの場合、『大事な話』といわれると多くの男性が別れを予感するそうです。

直接顔を見て話そうとするところに男性は恐怖や不安を感じます。別れを予感させるための呼び出しではない場合は別の言い方に工夫するようにしましょう。

別れの予感がしたらするべきこと

では、恋人の言動から別れの予感がしたらどのような行動に出るべきなのでしょうか。

相手が大好きな場合、大騒ぎをしたりもがいたりしてしまいそうですよね。まずは今から紹介する方法を試してください。

落ち着いて話し合いをする

別れの予感がしても、焦りや心配は一旦横に置き、落ち着いて話をしましょう。彼氏の考えが聞きたい、自分はこう考えていると冷静に正直に伝えることが重要です。

その際には相手の考えがまとまるまで時間がかかっても待ちましょう。逆上したり泣いたりするのは逆効果といえます。

別れの予感がしても思い違いもあるものです。一方的に責め立てて本当の別れにつながることのないようにしましょう。

自分を変える努力も必要

自分が別れたくないと感じるのなら、自分を変える努力も必要です。見た目を磨く、表情や口調を明るくするなど表面的な努力も大切ですが、彼の気持ちに寄り添い受け入れるような強さを身につけましょう。

別れの予感がしたときは、自分でも「このままではいけない」とどこかで感じているときでもあります。より彼氏に大事にされる女性を目指して、まずは初心に帰りましょう。彼が好きになってくれた長所を伸ばせるとよいですね。

相手の状況も確認して

別れの予感だと思ったことも、相手の忙しさや状況によるものかもしれません。相手のことを考えず不安ばかりを訴えても彼にとっては重いだけです。「別れたいのかな?」と悲観的に捉えるばかりでなく、相手の状況を思いやれるようになりましょう。

また、実際に彼の言動が別れを匂わせるものだったとしても、その別れは彼を取り巻く状況があまりよくない時期だからということが考えられます。彼が今後の付き合いに自信をなくすような状況なら、一旦距離を置いて改善するのを待つのも一つの手といえます。

まとめ

別れの予感がする行為は彼氏・彼女の立場に関係なく、そっけない態度・連絡が減る・約束のドタキャンが続くなどです。もし大好きな彼氏からこのような行動や別れたい雰囲気を感じとっても、騒ぎ立ててしまうとただの予感が本当の別れに繋がる可能性があります。

大好きな彼氏の言動から別れの予感を読み取ったときは、まずは冷静になって彼の意見や状況に寄り添うことが大切です。その上で自分の長所を磨きましょう。別れの予感を乗り越えて、ずっと大事にしあえる関係を築けるとよいですね。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW