FASHION

観劇・ミュージカルの服装【5つのポイント】と正解コーデ18選

2019/06/28

観劇やミュージカル・歌舞伎には、決まったドレスコードがないので何を着ていけばいいのか困る人も多いはず。一体どんな服装で行けば正解なのか分からない! という初心者さんにおすすめのコーデをご紹介。

抑えておきたいマナーと服装のポイント、あると便利な持ち物まで、観劇・ミュージカルを100%楽しむための完全ガイド!

【初心者向け】観劇する日の服装選びの5つのポイント

いくらドレスコードがないといっても「他の人の迷惑にならないように」というのがマナー。初めての人でも5つのポイントを抑えて観劇を満喫しましょう。

1.【音】がする・【キラキラ】しすぎる素材はNG

▼衣擦れ音がする服は避けて、綿素材などが◎

動くとシャカシャカと音がしてしまう、ウインドブレーカーのような素材は避けるのがベター。また、ビジューがつたくさんついているキラキラする服も照明が反射してしまうので、身に着けないようにしましょう。出かける前に一度確認して。おすすめは綿やポリエステルが織り込まれた服!

2.【体温調整】ができる服

▼ストールやさっと羽織れるものがあると便利

空調が効いていて、肌寒く感じることも。楽に脱ぎ着できる上着やカーディガン、ストールで対策して。

3.【シワ】が気にならない素材の服がベター

▼ポリエステル素材が◎

席を立ったときに意外と目立つのが服のシワ……。長い時間座っていてもシワになりにくい柔らかい素材の服や、シワが目立ちにくい柄物が安心。

4.長時間座っていても【疲れない】服装

▼普段から着なれた服で

長時間座っていることが多い観劇は、着なれている服装がベスト。締め付け感のあるような服は、苦しくなる可能性があるので避けて。パンツで行くなら、太ももを締め付けないワイド感のあるものが◎。

5.迷ったら【ジャケット】が正解

▼Tシャツ+スニーカーでもきちんと見える

さらっと羽織るだけできちんと感がでるジャケット。迷ったら、いつものコーデにオンするだけでOKの優秀アイテム。空調対策としても使えるのでおすすめ◎。

【パンツスタイル】はきれいめに仕上げて観劇を

次ページ> 【スカートスタイル】は上品な服装で
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW