FASHION

赤に合う色は《明暗》で少し違った!【3つのルール】で赤への苦手意識を克服

2019/07/16

女らしさを引き立てる「赤」は女性なら誰でも1度は着たいカラー。しかしキャッチーな赤は何色が合うのかイマイチわからない……。一歩間違えれば子供っぽい印象になってしまうことも。そこで今回は「赤」をより魅力的に見せるための「赤に似合う色」をご紹介! 上手な着こなしをマスターして魅力が詰まった赤コーデを楽しんで。

どこかきつく見える赤は綿やコットンなどの素材にこだわるとどこかマイルドに。落ち感のある素材からはリラクシーな雰囲気が生まれます。

▼肌触りのいいコットン素材が柔らかな印象に

赤をナチュラルに取り入れられるのは優し気なコットン素材のおかげ。透かし柄はどこか暑苦しい赤に清涼感を与えます。あえてリブパンツと合わせて素材の良さを生かしたゆるっとコーデを楽しんでも◎。

「赤×黒」パンチのある黒がモード感の漂うルックに

パンチのある黒は女性らしい赤をメンズライクなルックにシフト。辛口アイテムやパンツスタイルでエッジを効かせて媚びないルックを楽しんで。

ニットベスト×ワイドパンツ

赤ニットベストが主役のスタイリング。シンプルなアイテムが様になるのはパンチの効いたカラーリングのおかげ。足元や小物は黒で統一して。黒の分量を多めに取り入れると赤が際立ち、存在感のある配色も好バランスがキープされます。

レザージャケット×カットソー×プリーツスカート

赤×黒がきれいめコーデをモード感のある着こなしに一新。クール顔なライダースがモード感を盛り上げつつ、ボルドーが女性らしさをキープ。辛口×きれいめアイテムをバランスよく取り入れてメンズとレディの絶妙な雰囲気を楽しんで。

ロングカーディガン×タンクトップ×スキニーデニム

ラフな上下にさらっとロングカーディガンをオン。リラックス感のある着こなしも赤×黒のパンチを効かせた配色が手抜き感を感じさせません。ハイカットスニーカーからちらっと足首を覗かせてビビットな配色の重さをカットして。

「赤×グレー」グレーの曖昧さがこなれムードをメイク

ベーシックなカラーを合わせるのがルールの赤。なかでもどこか曖昧なグレーからはこなれた雰囲気が生まれます。ゆるさのあるアイテムで曖昧なグレーの良さを引き立てても◎

ニット×ワイドパンツ

顔周りをすっきりと見せるVカット、ボディにフィットするニットは赤を選べばより女度が格上げ。女性らしいフォルムのニットはスカートを合わせるとコンサバになりがち。モード感のあるワイドパンツを合わせて着こなしをクールに振って。

シャツ×ロングワンピース

目を惹く鮮やかなロングワンピースはコットン素材をチョイス。存在感のあるアイテムは柔らかな素材を選んでマイルドに。抜け感たっぷりの襟抜きのシャツを羽織ってコーデのきまり過ぎを回避して。

次ページ> 「赤×白」コントラストな白がメリハリをオン
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW