FASHION

赤に合う色は《明暗》で少し違った!【3つのルール】で赤への苦手意識を克服

2019/07/16

女らしさを引き立てる「赤」は女性なら誰でも1度は着たいカラー。しかしキャッチーな赤は何色が合うのかイマイチわからない……。一歩間違えれば子供っぽい印象になってしまうことも。そこで今回は「赤」をより魅力的に見せるための「赤に似合う色」をご紹介! 上手な着こなしをマスターして魅力が詰まった赤コーデを楽しんで。

女度の高いボルドーの膝丈スカート。キュートなキルティングデザインも落ち着いたカラーを選べば幼く見えないので◎。シックな黒を合わせて上品見せを叶えて。足元はレディライクなミュールでお洒落感度高めに。

▼リラックスムードなニットも手抜き感を感じさせない

どこかリラックスムードなニットは、ホワイトのワイドパンツとあわせるとエフォートレスに。深みのあるカラーニットが手抜き感を感じさせずお洒落見えが叶います。足元はフラットシューズで抜くくらいがちょうどいい。

▼ボルドー×グレーが媚びないクール顔をメイク

黒ほど主張はないけどきちんと感も叶えるグレーはキレのいいストレートパンツにマッチ。足首が見えるクロップド丈なら程よい抜け感もキープ。クール美人なスタイリングにはゴールドアクセを添えて華やぎ感をアップして。

「赤」を着こなすための3大ルール徹底解説

パッと目を惹く「赤」は取り入れ方次第ではトゥーマッチな印象になってしまうことも。上手に「赤」を着こなすために、まずは基本のルールをチェック!

ルール1「赤×ベーシック配色」で赤を主役or引き立て役に

合わせる色を選ばないベーシック配色は、赤を思い切って取り入れても好バランスをキープ。なんだか物足りなさを感じる着こなしには赤がアクセントとして大活躍。

▼控えめな白が赤の引き立て役に

コーデの主役を赤にしたいならどんな色にも馴染む白がベスト。パンツはナチュラルな素材を選べば赤×白のコントラストも柔らかく。小物も白やベージュなどカラーレスな色合いをチョイスして引き立て役に徹して。

▼差し色の赤が洗練されたオールホワイトを引き立てる

アイテム次第ではぼんやりとした印象になってしまうワントーンコーデ。足元にビビットな赤を添えることでメリハリがプラスされます。控えめながらも愛らしさのあるバレエシューズはどこかフレンチルックに。

ルール2 主役級・赤アイテムはデザインを控えめに

赤アイテムはカラーに存在感がある分デザインは控えめなものをチョイスして。控えめなデザインならやりすぎ感が回避されお洒落上級者見せが叶います。

▼アイテムを選ばないリブトップスは着回し力も◎。

1枚でスタイリングの幅が広がる優秀アイテム・リブトップス。合わせるアイテムを選ばないのでカジュアルからきれいめまで広範囲のテイストにマッチ。シンプルなデザインなので赤が悪目立ちせずに取り入れられます。

ルール3 キャッチーな赤は素材にこだわるとマイルドに

次ページ> 「赤×黒」パンチのある黒がモード感の漂うルックに
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW