スーツに合うインナー【25選】
FASHION

スーツに合うインナーでもっと素敵な着こなしに!【25選】

2019/06/28

MINE世代だったらスーツを1着は持っているかと思われますが、いつもと変わりばえしないワンパターンなスーツの着こなしに飽きた、なんとかしてもっと素敵になりたい! という貴方へ。スーツに合うインナーにはどんな種類があって、どんなデザインがお洒落にみえるの? 季節ごとのおすすめは? 溢れ出る疑問はここで解決してしまいましょう。プチプライスのインナーからハイセンスなブランドのインナーまでの【25選】を、さっそく参考にしてみて。シーンごとに輝く貴方にきっと出会えるはず。

スーツに合うインナーの種類は?

スーツに合うインナーには種類がいくつかありますが、ブラウス、シャツ、カットソー、薄手ニットの4つに分けてそれぞれ特徴をご説明。コーデのポイントも抑えてあるので、素敵に着こなすための基本的なことはまずはここでチェックしてみて。

ブラウス(ナイロンなどのとろみ素材・女性向けが多い)

▼ストライプ柄のブラウスインナー×ライトグレースーツ

ストライプ柄のブラウスインナー×ライトグレースーツのコーデ画像

ライトグレージャケットに合わせたインナーは、ぼやけがちな印象を引き締めてくれるストライプ柄のボウタイ付きブラウス。パンツスーツのときのボウタイはラフに結ぶことで、女らしさを加減したビジネス向けハンサムウーマンになれちゃう。

▼変形Vネックのブラウスインナー×定番濃紺スーツ

変形Vネックのブラウスインナー×定番濃紺スーツのコーデ画像

平凡になりがちな定番スーツのリクルートスーツ感を無くしたかったら、インナーはひねりのあるデザインのVネックブラウスをコーデ。デコルテラインが綺麗に見え、エレガントさも備えている、演出力が高いインナー。とろみ素材のブラウスは、滑りが良いのでジャケットの脱着もしやすい。

シャツ(襟付き・前開きボタンタイプ)

▼白シャツインナー×白スーツ

白シャツインナー×白スーツのコーデ画像

豊富なデザインのラインナップでブラウスブランドのなかでも知名度が高い『NARACAMICIE(ナラカミーチェ)』のトータル白コーデ。上質で仕立ての良いスーツとインナーシャツのワントーンコーデは、潔い高級な清潔感がまとう。首元のボタンは上まで止めると着こなしの印象もガラッと変わってフレッシュ感がアップ。

▼黒ボタン白シャツ×黒スーツ

黒ボタン白シャツ×黒スーツのコーデ画像

大きすぎない黒のボタンがアクセントとなり、クラシカルでマニッシュな女性へと瞬時にシフトしてくれる白シャツ。その日の気分でレディへと移行したい場合は、開襟して鎖骨をアピールしてみて。TPOに合わせて調節できるのがシャツの有能なところ。

カットソー(伸縮する布素材)

▼コットンレースインナー×フレアースカートスーツ

コットンレースインナー×フレアースカートスーツのコーデ画像

1枚でフェミニンが叶うコットンレースのインナーは、濃い色のスーツと合わせればソフトなトラッド感が演出できるし、淡い色のスーツでは清楚なオフィスカジュアルへと導かれます。フレアースカートスーツのコーデには、フェミニンさを追求すると、女性ならではのスーツコーデが楽しめます。

▼『UNIQLO(ユニクロ)』リブカットソー×『ZARA(ザラ)』&『GU(ジーユー)』スーツ

『UNIQLO(ユニクロ)』リブカットソー×『ZARA(ザラ)』&『GU(ジーユー)』スーツのコーデ画像

ユニクロのリブカットソーに『GU』のハイウエストパンツ、『ZARA』のジャケットで完成されたセットアップ風スーツコーデ。パンツにはハイウエストのフロントリボンでアクセントがあるので、インナーはシンプルなものを合わせたほうが洗練された印象になり、知性漂う素敵な着こなしに。

次ページ> 【春夏】は涼しくて光沢感&明るめのインナーで
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW