スーツに合うインナー【25選】
FASHION

スーツに合うインナーでもっと素敵な着こなしに!【25選】

2019/06/28

MINE世代だったらスーツを1着は持っているかと思われますが、いつもと変わりばえしないワンパターンなスーツの着こなしに飽きた、なんとかしてもっと素敵になりたい! という貴方へ。スーツに合うインナーにはどんな種類があって、どんなデザインがお洒落にみえるの? 季節ごとのおすすめは? 溢れ出る疑問はここで解決してしまいましょう。プチプライスのインナーからハイセンスなブランドのインナーまでの【25選】を、さっそく参考にしてみて。シーンごとに輝く貴方にきっと出会えるはず。

スーツに合うインナーの種類は?

スーツに合うインナーには種類がいくつかありますが、ブラウス、シャツ、カットソー、薄手ニットの4つに分けてそれぞれ特徴をご説明。コーデのポイントも抑えてあるので、素敵に着こなすための基本的なことはまずはここでチェックしてみて。

ブラウス(ナイロンなどのとろみ素材・女性向けが多い)

▼ストライプ柄のブラウスインナー×ライトグレースーツ

ストライプ柄のブラウスインナー×ライトグレースーツのコーデ画像

ライトグレージャケットに合わせたインナーは、ぼやけがちな印象を引き締めてくれるストライプ柄のボウタイ付きブラウス。パンツスーツのときのボウタイはラフに結ぶことで、女らしさを加減したビジネス向けハンサムウーマンになれちゃう。

▼変形Vネックのブラウスインナー×定番濃紺スーツ

変形Vネックのブラウスインナー×定番濃紺スーツのコーデ画像

平凡になりがちな定番スーツのリクルートスーツ感を無くしたかったら、インナーはひねりのあるデザインのVネックブラウスをコーデ。デコルテラインが綺麗に見え、エレガントさも備えている、演出力が高いインナー。とろみ素材のブラウスは、滑りが良いのでジャケットの脱着もしやすい。

シャツ(襟付き・前開きボタンタイプ)

▼白シャツインナー×白スーツ

白シャツインナー×白スーツのコーデ画像

豊富なデザインのラインナップでブラウスブランドのなかでも知名度が高い『NARACAMICIE(ナラカミーチェ)』のトータル白コーデ。上質で仕立ての良いスーツとインナーシャツのワントーンコーデは、潔い高級な清潔感がまとう。首元のボタンは上まで止めると着こなしの印象もガラッと変わってフレッシュ感がアップ。

▼黒ボタン白シャツ×黒スーツ

黒ボタン白シャツ×黒スーツのコーデ画像

大きすぎない黒のボタンがアクセントとなり、クラシカルでマニッシュな女性へと瞬時にシフトしてくれる白シャツ。その日の気分でレディへと移行したい場合は、開襟して鎖骨をアピールしてみて。TPOに合わせて調節できるのがシャツの有能なところ。

カットソー(伸縮する布素材)

▼コットンレースインナー×フレアースカートスーツ

コットンレースインナー×フレアースカートスーツのコーデ画像

1枚でフェミニンが叶うコットンレースのインナーは、濃い色のスーツと合わせればソフトなトラッド感が演出できるし、淡い色のスーツでは清楚なオフィスカジュアルへと導かれます。フレアースカートスーツのコーデには、フェミニンさを追求すると、女性ならではのスーツコーデが楽しめます。

▼『UNIQLO(ユニクロ)』リブカットソー×『ZARA(ザラ)』&『GU(ジーユー)』スーツ

『UNIQLO(ユニクロ)』リブカットソー×『ZARA(ザラ)』&『GU(ジーユー)』スーツのコーデ画像

ユニクロのリブカットソーに『GU』のハイウエストパンツ、『ZARA』のジャケットで完成されたセットアップ風スーツコーデ。パンツにはハイウエストのフロントリボンでアクセントがあるので、インナーはシンプルなものを合わせたほうが洗練された印象になり、知性漂う素敵な着こなしに。

薄手ニット(クルーネック・ハイネック)

薄手ニット(クルーネック・ハイネック)のコーデ画像

薄手ニットのクルーネックインナーは、秋から冬、冬から春へと寒さの変化にも対応可能。温度調節アイテムとしてスーツのインナーで活躍してくれます。ジャケットのサイズによっては、窮屈になる場合もあるのでインナーは薄手のニットを合わせるのがきれいなシルエットを生み出すコツ。

▼薄手ハイネックニット×グレースーツ

薄手ハイネックニット×グレースーツのコーデ画像

落ち着きのあるワインレッドの薄手ニットのハイネックとグレーのスーツは好相性カラー同士。タートルネックのように首全体を覆うようだとカジュアル感が強く出てしまうので、オフィスシーンでは薄手ニットのハイネックをインナーとしてコーデしたほうがベター。防寒も保ちつつ、オフィスカジュアルを意識した控えめコーデ。

【春夏】は涼しくて光沢感&明るめのインナーで

春は、祝賀ムードも漂う季節なので普段スーツに縁のない人も出番があるかもしれません。春夏は汗ばむ季節なので、着ている人の快適さも大切。通気性がよく汗ジミが目立たない色、素材などの需要が高まっているので、そういったインナーに着眼するのも◎。太陽を感じる光輝く季節、インナーを変えて見た目も爽やかに季節感に添ったスーツのインナーコーデを楽しんでみて。

光沢のあるインナー×ノーカラージャケットスーツ

光沢のあるインナー×ノーカラージャケットスーツのコーデ画像

光沢のあるインナーは、それだけでその人のもつ内面の輝きを倍増してくれるパワーがあります。ノーカラージャケットのシンプルなスーツに1点豪華主義の着こなしが似合う大人女子は、爽やかな季節に華を添える唯一無二の存在に。

総レースの裾フリルインナー×スリムパンツスーツ

総レースの裾フリルインナー×スリムパンツスーツのコーデ画像

目をひく上品な総レースインナーは、裾のフリルがより一層エレガントさを促進してくれます。パンツインせずに着こなす裾フリルの丈は短めなので、だらしなさは全く感じさせず、バランスのよいスタイルアップが実現できます。インナーを変えただけなのに、極上レディ気分になれるなんて、うれしい。

レースドッキングインナー×ピンクベージュスーツ

レースドッキングインナー×ピンクベージュスーツのコーデ画像

『JILLSTUART(ジルスチュアート)』のパンツスーツのインナーには、繊細なレースが布地にドッキングされた、女性らしさを最大限に演出できる1枚をコーデ。『JILLSTUART』のピンクベージュカラーは包み込むような優しい雰囲気を醸し出すので、桜の季節にもぴったり。バッグ、パンプスは黒でコーデを引き締めて。

スタンドフリルブラウスインナー×ネイビースーツ

スタンドフリルブラウスインナー×ネイビースーツのコーデ画像

スーツとインナーが『NARACAMICIE(ナラカミーチェ)』のトータルネイビーコーデ。ネイビーのワントーンコーデによって、立体感があるフリルブラウスのインナーだけが主張しすぎず、挑戦しやすいカラーコーデ。『NARACAMICIE』のブラウスはウエストがシェイプされたデザインが多いので、スーツのインナーにもおすすめ。

Vネック花柄インナー×ワイドパンツスーツ

Vネック花柄インナー×ワイドパンツスーツのコーデ画像

首元のVラインと清涼感があるブルー系の花柄インナーは、甘くなりすぎないようにワイドパンツスーツのコーデで今っぽさを表現してみて。たくさんの人が集まることのあるパーティーなどで、インナーに花柄を取り入れて華を添えることができるのも、女性ならではの特権。

【秋冬】は季節感のあるシックな色のインナーがポイント

「上品さ」と「洗練された落ち着き」の意味をもつシックな着こなしが、秋冬にはおすすめ。MINE世代の女性には、違和感なく取り入れやすいです。シックな雰囲気作りを意識してインナーを選んでみましょう。着こなしのポイントを抑えて、もっと素敵に気品と知性を備えた女性へとアップデート。

フリルネックインナー×ペプラムワイドパンツスーツ

フリルネックインナー×ペプラムワイドパンツスーツのコーデ画像

ウエストから裾広がりになったトレンド感満載のペプラムジャケットとワイドパンツスーツのコーデ。ノーカラージャケットから覗かせたフリルネックが愛らしい。幼さを回避できているのは、シックな代表カラーであるグレーのスーツのコーデだから。ワイドパンツにシャープな足先のパンプスを採用して、足元までバランスよく。

黒リボンタイ付きインナー×スリムシルエットの黒パンツスーツ

黒リボンタイ付きインナー×スリムシルエットの黒パンツスーツのコーデ画像

細い黒リボン付きのブラウスインナーで、クラシカルな雰囲気の秋冬モードへとシフト。少女っぽくなりそうなリボンを大人っぽく仕上げるのに、シックな黒パンツスーツが一役買ってくれます。地味なモノトーンコーデだけにはならない、センス溢れる洒落見えコーデに。

ボウタイ付き水玉ブラウスインナー×テーパードパンツスーツ

ボウタイ付き水玉ブラウスインナー×テーパードパンツスーツのコーデ画像

ほんの少し短めの9分丈テーパードパンツが、軽快な印象をあたえてくれるので色の分量の多い黒地に水玉模様のインナーブラウスも重苦しくならないコーデ。ボウタイは、結び方ひとつで雰囲気を変えられるので、いろいろとアレンジしてシックな季節に遊び心をひとさじ投入。

リボン付きブラウスインナー×黒タイトスカートスーツ

リボン付きブラウスインナー×黒タイトスカートスーツのコーデ画像

華やかさだけではない、きちんと感も兼ね備えているので、人と差がつくシックな上品コーデ。 タイトスカートとリボンブラウスを組み合わせることで、大人女子のなかにも可憐さを感じさせる理想の女性へと昇華してくれます。

ボウタイ付きカシュクールブラウスインナー×グレータイトスカートスーツ

ボウタイ付きカシュクールブラウスインナー×グレータイトスカートスーツのコーデ画像

『NARACAMICIE(ナラカミーチェ)』の斬新なデザインのカシュクールブラウスは、ボウタイの位置がアシンメトリーなので、個性と気品を物語ってくれる、褒められる1枚になりそう。ほかのアイテムすべてをシックな色合いにするように意識すれば、派手になりすぎない秋冬コーデに。

次ページ> カラースーツに合うおすすめインナーは?
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW